スーパーWaitroseのクリスマスコマーシャル、クリスマスだけじゃない大切なこと

少し前に、毎年クリスマス前に発表されているJohn Lewisというデパートのコマーシャルをご紹介しました。
今年はちょっとテイストが変わっていたけれども、やっぱり心温まる内容でしたよね。

そして今朝、ふと目に入ったのが、このスーパーのクリスマス用コマーシャル。



このWaitroseというスーパーは、John Lewisと同じ系列の会社なので、動物を主役にしている感じといい、どことなくJohn Lewisのものと雰囲気が似ていますね。

ここで主役になっている胸から顔にかけてきれいなオレンジ色のかわいらしい鳥はロビン。
日本ではヨーロッパコマドリと呼ばれるそうです。

赤に近い鮮やかなオレンジ色の胸もと、ちょっとふっくらした愛らしい体つき、澄んだ美しい鳴き声のこのロビンは、非公式とはいえ、イギリスの国鳥と言われるほど広く愛されている鳥なんです。
胸もとの色が特徴的で子供でも覚えやすいというのもあるかもしれませんし、テリトリー意識が強くて同じ場所にいることが多いので、親しみを持ちやすいのかもしれません。

クリスマスのシンボルにもなっていて、クリスマスカードや包装紙にもよくロビンの絵や写真が使われるんですよ。

そのロビンの冒険と、家で待っている女の子のなにげない、でも温かい物語。
このコマーシャルを見ると気持ちが一気にクリスマスに飛んでしまいます。

こういうクリスマスの広告が流れ始めると、「こういうあったかい気持ちはクリスマスだけじゃないですよね」というちょっと厳しい声も聞こえてきます。
それはまったくその通りだと思うし、クリスマスの時だけ浮かれて楽しんで、あとは忘れちゃうっていうのは私もイヤです。

でも、あったかい気持ちを思い出して、たっぷり味わうためにも、こういうコマーシャルはあってもいいんじゃないかな。
その気持ちを持ち続けて、人に示していくのは、それからでもいいと思うのです。
幸せな気持ちを知らなかったら、それを人に与えることもできないもの。

そんなことをたまたま考える機会があったので、今年はクリスマスのあったかい雰囲気を特にたっぷり味わって、これからできることを考えたいと思っています。
楽しむこと自体は悪いことじゃないですもんね!


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24924482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンヌ at 2016-11-16 13:17 x
こんにちは。
ご無沙汰しています。
いつも見ているんだけど、コメントしないでごめんなさいねー。

クリスマスのコマーシャル、先日のも、これも、胸にぐっときますね。
ラストはちょっと涙ぐんでしまいます。
今年もアップしてくれてありがとう!

Commented by londonsmile at 2016-11-16 18:36
*アンヌさん*
こんにちは! いえいえ、とんでもない、いつも見てくださってて、ありがとうございます♪ お気軽に遊びにいらしてくださいね。

こちらの人にとってのクリスマスは、日本人にとってのお歳暮&お正月のようなものなので、家族とか思いやりがテーマになるんでしょうね。毎年あったかいものに触れて、やっぱり嬉しくなります。今年も見てくださってありがとう!
Commented by irino at 2016-11-16 23:06 x
すてきなCMですね。ロビンって、「秘密の花園」で鍵のありかを教えてくれる鳥ですよね。どんな鳥なのかな〜と思っていましたが、なんとなくメッセージを伝えているみたいな仕草が愛らしいですね。
Commented by londonsmile at 2016-11-17 03:29
*irinoさん*
毎年クリスマスが近づくと、こういう心温まるコマーシャルが増えるんですが、これ、なかなかいいですよね。
ロビン、そうです、「秘密の花園」に出てくる鳥ですよね。とてもかわいらしいでしょ。他とすぐに区別がつくし(笑)私も大好きな鳥です。
言われてみれば、そうですね、どことなく何か言いたげかも! 表情もかわいいですね♪
by londonsmile | 2016-11-14 22:31 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile