枯れ木についたランのつぼみ、ささやかな幸せ

今回、日本から帰ってきて、とてもうれしかったこと。
それは、もうすっかり枯れたかなーと思っていた鉢植えのランにつぼみがついていたことでした!
e0114020_06524172.jpg

ランというと、お祝いとして政治家の事務所やお店に置いてある立派な胡蝶蘭を思い浮かべて、ちょっと高級なお花と思う方もいらっしゃるかもしれません。
イギリスではもっと小さなサイズの物がスーパーのお花売り場にもよく置いてあり、ちょっとお呼ばれした時にお土産に持って行ったり、家での気分を変えるのに買ったりしやすく、意外に人気のお花です。
お花が長持ちするので、切り花よりいい、という人も。

ただ、お花が落ちてしまった後は、ただ葉と茎だけが残って寂しくなるのが困りもの。
特に小さな鉢は葉っぱも少ないので、あまり観賞用にもならず、とっておくのが良いのか、処分した方が良いのか、これまでずいぶん迷っていました。

最近になって、隣りに住む90歳のスーパーおばあちゃんに「根を痛ませない程度に時々お水をやって、よく日に当てていると、ちゃんとお花が咲くわよ」とアドバイスをもらい、地味に窓辺に置いていたのですが、この夏も花は開かず。
2本ある茎のうち、1本は完全に枯れた色になり、もう1本も上半分は枯れ枯れでした。

それでもほんのすこしの望みを残しつつ、家を空けること1ヶ月。
帰ってきたら、こんなにかわいらしいつぼみが付いていたんです。
e0114020_06512060.jpg

わーい! なんて嬉しいんでしょう!
早速お隣りのおばあさんにも報告して、2人で喜び合いました。

もし私がずっと家にいたら、最初に芽が出た時から毎日の成長を観察できて、さらに愛情が湧いた気もしますが、こんなに立派なつぼみを突然見つけた時の喜びも、言葉には表せないほど大きなものでした。

これまで、お花は好きだけれど、植物を育てることは特に得意じゃないと思っていました。
でも今回のことで、よく観察して、根気よく時間をかければ、植物はちゃんとこたえてくれるんだなーと大感激。
自分ができることはしてあげなくちゃ。
早速、そのままになっていた枯れ枯れの部分もカットして、過ごしやすくしてあげ、それから毎日ランに挨拶しています。

(ちなみにインディーが家を空けたのは2週間だったので、彼が家にいる間は水やりをお願いしていました。
「もう枯れてるのに!」とかなり疑問に思っていたにもかかわらず、水やりをしてくれた彼にも感謝)

こういうささやかな幸せが、とても嬉しいんですよね。
小さな喜びをかみしめながら、穏やかに毎日過ごせますように。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24872904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 赤毛のアン at 2016-11-13 12:49 x
最後の言葉がとても心に沁みました。
ロンスマさんのおっしゃるように、小さなことに喜びを見つけながら、日々穏やかに生きて行きたいものです。


Commented by londonsmile at 2016-11-14 05:50
*赤毛のアンさん*
ありがとうございます。
毎日のように世界中で色々なことが起きて、ついつい身構えてしまいますよね。
世界情勢も大切ではあるけれど、心配しすぎてしまいそうで心配。笑
だから、まずは自分の周りを充実させたいなと思っているところなんです。
赤毛のアンさんの毎日も穏やかでありますように。
by londonsmile | 2016-11-09 21:57 | お花のこと | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile