北イングランドの英国ガーデンをめぐる旅その7 チェシャーのガストロパブ、The Fishpool Inn

北イングランドの英国ガーデンをめぐる旅、初日の午後はチェシャー州のライムパーク(Lyme Park)で大雨の中、お庭お屋敷を見学させてもらいました。

その後、前夜と同じホテルに戻って、夕食はあらかじめ予約してもらっていた地元のガストロパブ、The Fishpool Innへ。

ガストロパブというのは、お酒だけでなく、食事にも力を入れているパブのこと。
立ってお酒を飲むイメージの強いパブですが、このところのグルメブームで、こうした美味しいご飯を出すパブがとても増えています。
ガストロパブは食事にこだわりがあるだけでなく、内装も凝ったりしていることが多いので、どんなパブなのか、楽しみに出かけました。
e0114020_22582581.jpg

最初に名前を聞いた時、「フィッシュ」と入っているからには、お魚料理が専門なのかと思ったのです。
でも話を聞いてみると、フィッシュプールというのは、このパブがある通りの名前からきているとのこと。笑
特にお魚が専門と言うわけではなくて、英国料理、ヨーロッパ料理全般を出しているガストロパブでした。

私たちが行った日は土曜日で、店内はかなり混んでいたのですが、事前に予約しておいてくれたので、すぐに席に通してもらえました。

このパブ、19世紀から続く歴史あるパブだそうですが、1年にわたる大改装をして2013年に営業を再開したばかりだそう。
オープンで木がたっぷり使われている内装がとてもカジュアルな印象で、なんとなく西部劇に出てくる酒場を思い浮かべました。笑
e0114020_23045272.jpg
e0114020_23050823.jpg

2階もあって、とても広いお店です。
写真にうまく写りませんでしたが、フロアにも段差がついているので、少し高いところにも席があったりして、楽しい雰囲気なんですよ。

食事に重点を置いているパブだからなのか、バーで飲んでいるだけという人は少なく、やはり食事を楽しんでいる人が多かったようです。

かくいう私たちも、ここでディナーを楽しみつつ、ツアー初日を終えたお疲れさまモードで親しく交流。
庭に近い良い席で、まだ明るかった夏の夜の景色を楽しみながら、参加者の方たちと初めて打ち解けて話をしたのがこの夜でした。
前の晩は、まだまだみんな緊張していたしね(あれ? 私だけかな・笑)。

参加者の皆さんは、本当に優秀かつ個性の光る魅力的な方ばかり。

北京から参加していた中国人のトムは、世界的な旅行雑誌の中国支店勤務。
旅行が大好きで、まだ30歳前後なのに、もう40カ国も旅しているそう。
森の中でも自分用のWifiを持ち歩いているのが、さすがこの時代の若者! なのですが、自然も大好きで、お庭の片隅でよく蝶々や虫をカメラで追いかけていました。

ベテランのフリー旅行ジャーナリストのアンは、さすがに旅慣れていました。
いつも違う洋服を着ている(ように見える)のに、しかもアメリカから来ているのに、1泊旅行ぐらいの小さなスーツケースしか持っていないのです。
彼女には旅行の荷物を小さくするコツや、ライターとしての仕事のことを移動バスの中でいろいろ教えてもらいました。

本当の専門はインテリアだけど、旅行にも詳しいフリージャーナリストのオーストラリア人男性ボリス。
少し辛口の彼ですが、逆に言うとはっきりものを言ってくれるので本音がわかり、プロの人たちがどんな風にものを考えるのか、学ばせてもらいました。
さすがに美的感覚が鋭く、知識も豊富で、お庭のデザインやお屋敷内の内装について彼がもらす感想は、とても勉強になりました。

そしてこのツアーをまとめてくれるVisit Britainのスティーブは愛国心溢れるウェールズ人。
見事な早業で最新情報をスマホでゲットしながら、いつも穏やかに私たちを引率してくれました。
いろいろな地方の英語の方言のマネをするのがとても上手で、ツアーで出会った人たちの話し方を移動バスの中でモノマネしてくれたので、発音フェチな私は大いに楽しませてもらいました。

そんな愉快な方々と打ち解けて楽しく話したディナー(皆さんのお名前は仮名です)。
肝心の食事はというと、私は昼間にかなりボリュームのあるものを食べてしまったので、全然お腹が空いておらず、スターターをみんなでシェアした後は、メインに軽めのエビとアボカドのサラダのみをオーダー。
e0114020_23040468.jpg
見た目はフツーに見えるのですが、これ、なかなか美味しかったのです。
こういうサラダってクリーミーなソースで重くなってしまうことが多いものですが、このお店のものは重すぎず、添えられたアボカドの熟れ具合もちょうどよく、私がこの日求めていたものにピッタリ。
楽しいおしゃべりとワインとともに、見学初日の夜は更けていきました。

余談ですが、フレンドリーなお店の方が日本語で話しかけてきてくれたのも良い思い出になりました。
日本にしばらく住んでいたことがあるんですって。
簡単な会話ではありましたが、発音がすごく自然で、日本で実際に人と話して学んだ様子がよくわかりました。
初めて行った場所で、こういうおもてなしを受けると、ちょっと嬉しくなるものですよね。

さて、たっぷりと楽しい時間を過ごした後、翌日はまた2か所のお庭を見学したのです。
続きもどうぞお楽しみに♪
e0114020_22592382.jpg

******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24845246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irino at 2016-11-08 08:39 x
こんにちは。充実した日本滞在でしたね。
外国の方を相手に日本のことを説明しようとすると、案外自分が知らなかったり、曖昧だったりすることに改めて気付かされますよね。 え、そこですか? と、驚きポイントが新鮮だったり。

ライムパークのお屋敷内、豪華ですね。本当に一度行ってみたい。
このお屋敷で、ダーシーが馬車にのったエリザベス一行を見送る時の立ち姿、すてきでしたよね!
ところで、わたしも「ブリジット・ジョーンズの日記」最新作、見ました。
コリン、スーツとかコートとか、きちんとした格好が本当に似合いますね。肩のラインにうっとり。そして、ダーシーは堅物だけれど、肝心な時に言ってほしいことを言ってくれて、いざという時にはためらわず大胆な行動にでるところ、ぐっときます。
原作とはまったく違うけれど、(だって、ダーシーは!? 邦訳で読みました)わたしは映画の脚本、とてもよかったと思いました。
映画の第2作は駄作だったけれど、1作目もかなり好き。いじわるなカップルパーティの途中でブリジットが帰ろうとする階段下でのダーシーとの会話とか♥
3作目でまたコリン=ダーシー熱が高まってしまいました。

ガーデンめぐりレポート、続きが楽しみです!
Commented by londonsmile at 2016-11-08 18:02
*irinoさん*
こんにちは。日本滞在記も見てくださってありがとうございます。
本当にに恩人としては目からウロコなことが多かったです。
話には聞いていましたが、よくできたプラスティックでできた食べ物(レストランのサンプル・笑)、パチンコ、ウシュレットなどにはやはり驚いて、大喜びしていました。笑

ライムパークも本当にステキでしたよー。お庭を長く見られなかったのは残念でしたが、代わりにお屋敷を見られて大満足でした。
そうそう、ペンバリーで二人が出くわすシーン、良かったですよね。初めてエリザベスが「あら♡」という感じになって。

映画もご覧になりましたか! 面白いですよね。無口だけど最後は頼りになる男、やっぱりぐっときますよね〜。笑 私も、ますますコリン&ダーシーのトリコになりました。
最初の2作が愉快というのは理解できるのですが、個人的にはダントツで3作目が一番好きです。多分ドタバタ度が低いからだと思うのですが、好みですよね。

ガーデンめぐり、ちょっと間が空きすぎなので、頑張って続けたいと思います。よかったらお付き合いくださいマセ。
Commented by hisayo at 2016-11-08 23:11 x
イギリスのガーデン巡りの旅。
各ガーデンの素晴らしさにも驚きですが、蒼々たるメンバーに囲まれていい刺激になったのではないでしょうか?普段お目にかかれないような方々との旅、ガーデン、そして歴史あるパブ、とイギリス好きにはたまらないツアーですよね。毎回いいな〜と思いながら読ませていただいてます。続きも楽しみにしてますね。
Commented by londonsmile at 2016-11-09 18:22
*hisayoさん*
ありがとうございます♪
本当に素晴らしい方々とご一緒できて、ブロガー枠の私はドキドキでしたが、皆さんに教えていただこうと思って体当たりしましたです。笑 貴重な良い経験をさせていただきました。
そして、おっしゃる通り、イギリス好きにはたまらないツアーでした!笑 最近はイギリス人の家族と旅行するので、イマイチ感激が薄れていましたが、カントリーサイドにどっぷり浸かって観光気分を楽しませてもらいました。
by londonsmile | 2016-11-07 22:58 | Visit Britainプレスツアー | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile