北イングランドの英国ガーデンをめぐる旅その4 アーリーホール&ガーデンズ(チェシャー州)後編

前回の前編に引き続き、今日もチェシャー州にあるアーリーホール&ガーデンズ(Arley Hall & Gardens)のお話です。

前回は雨が強くなってきたので、温室に避難するところで終わりましたよね。
では、温室に入ってみましょう。 さあ、どうぞ♪
e0114020_20294041.jpg
温室の中はやはり少し温かくて、もちろん濡れないので、ホッとしました。
そして雨の音も聞こえないから、お話が良く聞こえる♪笑

だって外はほら、雨がこんなに降っているんです。
e0114020_20232026.jpg


温室の中は蒸す感じがまったくなくて、清々しくて気持ちのよい空間でした。
e0114020_01131700.jpg
e0114020_20303379.jpg
e0114020_23400148.jpg
植物はやはり暖かい場所で育つようなものや、実のなるものが多かったです。
ドアと一緒に写っているのはイチジクで、その下の写真はウメ。
ちょっとオリエンタルな仏像風な装飾と合っていますね。
どれも生き生きしていました。お手入れがいいんだろうなあ。

温室を見ている間にだんだん雨も上がってきたので、外に出てみました。

すぐ脇にバラのお庭が。
e0114020_05492444.jpg

なんてロマンチック♪

ここにはバラだけでなく、アイリスやシャクヤク、ボタンなど、やはりちょっとアジアの香りのするお花が多く植えられていました。
ツアーは6月で、ちょうどお花も見ごろ。

そして、ふと横を見ると・・・
e0114020_02220503.jpg
あれ? この右側の背の高いもさっとした緑はなんだろう?笑

もっとわかりやすいものを写真に撮ってみると・・・
e0114020_02240344.jpg

バラを支柱にからませているのでした。なんかすごい!
私はこういう方法は初めて見たので、思わず質問してしまったら、すごく一般的でもないそうですが、とても珍しいものでもなく、大きなバラ園にはあるものだそうです。
今度探してみようっと。

イギリスでは枝ものを塀などにつたわせて育てる方法(トレーニング(training)といいます)があり、その考えに近いのかもしれません。
枝を人間が思うように育てていくのって、盆栽にも通じるものがあるのかもしれないですね。
e0114020_19353025.jpg
e0114020_19363744.jpg
たまにこんなユーモラスな飾りがあって、つい頬がゆるみます。

もうお気づきだと思いますが、今回の旅で初めて訪れた庭ということもあり、とにかく感激した私は大興奮で写真をやたらに撮ってしまいました。笑
厳選に厳選を重ね、涙を飲んでかなりの数を削りましたが、アーリーホール&ガーデンズの魅力が皆さんに伝わっていますように♪

私たちが訪ねた時は6月で、初夏から夏のお花が見頃だったので、お庭だけでなく、お花のひとつひとつにも目が行ってしまって、またまたカメラ小僧に。笑
e0114020_02022680.jpg
この庭で出会った美しいお花たち。
一番左上の黄色いユリ、変わっていますよね。カールが可愛い♪

その右の黄色いお花も初めて見ましたが、ラテン名がPhlomis russeliana、和名もカタカナでフロミス・ルッセリアーナと言うようで、セージの仲間のようです。

その右隣りはボタン、その下がシャクナゲですが、どちらもオリエンタル風なので、イギリスでは日本の感覚よりも貴重なお花です。
アーリーホール&ガーデンズは見事なシャクナゲが有名だそうですが、私たちが行った時にはそろそろお花が終わりかけだったので、枝ぶりではなく、お花自体を楽しみました。

真ん中写真ののコップを洗うブラシのような形をしたきれいなオレンジ色の花は、トリトマ(ニフォフィア)。
その左のピンクの可憐なお花は、名前はわからないのですが高山植物の一種、その下はバラの一種。
下段の真ん中は睡蓮、一番右は、これまたかわいいアストランティア。

アーリーホール&ガーデンズのお庭はお花の種類も豊富で変化に富み、見ごたえがありました。

今回訪れたお庭はどこもお手入れが行き届いていたのですが、個人のお宅であるこのお庭は、例えば全国的な団体であるナショナルトラストに管理されているものに比べて、やはり家庭的な雰囲気というか、ひっそり静かな印象。
(ナショナルトラストの管理は本当によく行き届いているので、その点、誤解のありませんように♪)

今回のツアーで訪れたお庭の中で、アーリーホール&ガーデンズは(私たち日本人が想像する)「イングリッシュガーデンらしい」に一番近いお庭だったと思います。

この日は、ここでお庭の見学を終えましたが、他にもピクニックエリアや、もっと自然に近い広大な緑地もあり、ご家族でお弁当を持って1日たっぷり過ごせる場所です。
e0114020_19485238.jpg

(お庭の様式とは直接関係ないのですが、なんとなく私の印象にとても残った風景。
ちょうどこの時、お庭を公開した先代の奥様のお話を聞いていたからかもしれません。
アーリーホール&ガーデンズの私の印象は、それほど「家族の温もり」が大きかったようです)

さて、雨の中、お庭をたっぷり歩いた後は、ちょっと温かいものをお腹に入れましょう。笑
ここは、カフェもかわいらしかったのです。
e0114020_20331158.jpg

大きな納屋を改装したカフェ。
思いきり田舎風かと思いきや、設備もお料理の見せ方も、実はちょっと驚いてしまったくらいスタイリッシュ。
カントリーな雰囲気とモダンな要素が上手にマッチしていて、とても居心地の良い場所でした。
e0114020_01445232.jpg

高い天井にお屋敷の歴史を感じます。
木の梁って、温もりがあって嬉しくなりませんか? 私だけ?笑

お店の方もとてもフレンドリーで感じが良かったです。
イギリスの地方の人って、とても親切で人当たりがいいんです。
e0114020_21435553.jpg

そろそろお昼になる時間だったので、次の移動に備えて、引き続き庭師さんにお話をうかがいながら、ここでランチになりました。
サンドイッチやお肉もありましたが、見た目がとてもきれいなこのベジタリアン料理をチョイス。
パプリカの中にお米を詰めてオーブンで焼いたものでしたが、おいしかった上、見た目よりずっとボリュームたっぷりで、大満足でした。
e0114020_22262964.jpg
その後はちょっとお土産のお店も見たりして、お楽しみ。
カントリーサイドには、イギリスらしい花柄や動物柄のお土産が多くて、とても楽しいのです。

アーリーホール&ガーデンズでは、美しいお花やお庭に感激したばかりでなく、ご家族や地元の方のガーデン愛を感じることができ、とても楽しくて、立ち去るのが名残惜しくなったほどでした。笑

でもまだまだ先があるので、次の場所に移動しますよ。
おいしいランチまでいただいて、大満足の幸先よいスタートを切ったので、この先も楽しみです。

どんなお天気でもお庭の素晴らしさは変わりませんが、今度はパッと晴れあがった空の下で、このお庭を歩いてみたいです。

ちなみにこのアーリーホール&ガーデンズ、現在の当主の方が案内してくださるYouTube映像があるので、ご興味のある方、ぜひご覧ください。
お天気の良い日のお庭がたっぷり見られますよ♪
こちらをクリックしてくださいね。
e0114020_01565376.jpg

******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24652150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irino at 2016-09-13 23:06 x
しっとりした緑がきれいなお庭ですね。
確かに晴れの日はお庭を回るのも快適で、花もきれいに咲きますが、緑が多いお庭は、雨は雨で、風情がありますね。お写真から雰囲気、伝わってきます。
一つ前のレポートにあった、葉っぱに水滴がついた、黄緑色の小花が咲いている、アルケミラモリス。
まだ日本では珍しかった頃、憧れて、通販で取り寄せて鉢植えにしたのですが、見事に枯らしてしまいました。
イギリスのお庭では、こういう明るい黄緑と濃い色、赤褐色や紫の葉をあわせたり、白っぽく煙ったような緑の葉っぱやギボウシなど葉に斑の入った植物を配したり、色々な葉っぱをうまく生かした植栽にいつも感心させられます。
次に紹介してくださるお庭も、楽しみです!

カフェごはん、美味しそう! 30年近く前にはじめてイギリスに行った時は食事のまずさに閉口しましたが、ジェイミー・オリバーさんとか、スターシェフの活躍もあってか、最近は盛り付けもよくなったし、味もおいしくなったと思います。私は、ナイジェル・スレイターさんの料理番組のファンなのですが、今もイギリスでは新しいシリーズを放映しているのでしょうか? 新たなスターシェフが現れたりしているのかな?
Commented by londonsmile at 2016-09-14 02:48
*irinoさん*
本当にきれいなお庭でしたよ。いわゆるイングリッシュガーデンという感じですよね。
イギリスは晴れる日が少なめなので、慣れたということもあると思いますが、曇りや雨の日も、おっしゃる通り風情があるなあと思い始めたのは、少し大人になったからかな、なんて思っています。笑

アルケミラモリス、大好きなお花です。irinoさんはガーデニングもされてるんですね。私は今は集合住宅暮らしになったので、切り花を楽しむだけになりました。ヨーロッパは気候のせいなのか、色も淡くて、葉も薄い植物が日本より多い印象があるのですが、合っていますか? もともとの生息地でない植物を育てるのはご苦労も多いでしょうね。でも、うまく育った時は嬉しさもひとしおですね。

カフェごはん、ここは本当においしかったです。田舎なのに、とちょっとびっくり(ゴメンナサイ!)。30年前、確かにおいしくなかったですねー。ひと口食べて、信じられなくてお皿を二度見した記憶が。笑 最近のグルメブームには隔世の感があります。わが家はあまりテレビを見ないのでよくわかりませんが、最近流行っているのはGreat British Bake Offというお菓子作りの番組でしょうか。その場で言われたお菓子を作ったり、自分の得意なものを作ったりして、毎週一人ずつ抜けていき、最後に優勝者を決めるリアリティー番組。有名人バージョンでは、キャメロン前首相の奥さんも出たりしたんですよー。つい昨日、BBCからChannel 4に移ると発表があったばかりで、違う意味でも今話題になっています。笑
Commented by irinoi at 2016-09-14 07:14 x
Great British Bake Off は未見ですが、お菓子でなくて、料理の対決番組はみたことがあります。辛口コメントやハプニングにドキドキしちゃいます。
ナイジェルさんの料理番組は、自宅のキッチン(ハーブや野菜を育てているすてきなお庭もある)で料理するだけでなく、共同の野菜畑とか家庭菜園など野外や水上ボートで生活している人のお宅に行って料理したり、イギリスの普通の人たちの生活も垣間見れて、楽しいです。
ジェイミーさんは元気いっぱいすぎて、時々日本人の感覚からするとちょっと心配になる大胆さなんですが、いろんなシリーズがあって、YouTubeにもあがっていますが、「グレート・イタリアン・エスケープ」で修道院で神父さんたちのために料理をするエピソードに感激しました。おいしいものは、人を笑顔にさせるんだな〜と幸せな気持ちになります。学校給食の改革に奮闘したJamie’s School Dinnersは彼のひたむきな姿が涙モノです。

私も集合住宅住まいなので、水やりを忘れられたりする(汗)過酷な環境に耐えた鉢物ばかりです。
いつかロンスマさんのレポートにあるお庭に行って、カフェごはん、食べたいです。続きを楽しみにしております。
また、長々とすみません。
Commented by londonsmile at 2016-09-14 18:51
*irinoさん*
最近はお料理番組、増えてますから、いろいろありますよね。ジェイミー・オリバーはいろいろな企画をしてますね。キッチン用品の販売も手広くて、国民的シェフになりつつあるのではないかしら。笑

私もナイジェル・スレーター好きです。映画『トースト』ご覧になりましたか? 彼の子ども時代の話がベースになった映画です。切なくて良いお話でした。

irinoさんも集合住宅なのに、鉢物で楽しんでいらっしゃるんですね。私はお友達に頂いた鉢植え3つを世話するので、手一杯です。。。
by londonsmile | 2016-09-12 00:02 | Visit Britainプレスツアー | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももう直ぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile