栗の木の雄花と雌花を知りました♪

フラット(集合住宅)の庭を歩いていて、芝生の上を覆っているこんなものを見つけました。
e0114020_06351079.jpg

わ! これ、何だ!?
毎年、これが木になるのはわかっていたのですが、こんな風に見事にたくさん落ちているとすごく目を引きますよね。

ブログを書くのに改めて調べてみると、これ、栗の木の花なんだそうです。
もちろん、落ちちゃったところですが!

まだ木に咲いているところは、こんな感じ。
e0114020_06474954.jpg

このほわほわの部分が「雄花」で、一般に栗の花と言われいるものなんだそう。
そしてイガイガした小さなものは「雌花」で、これがいわゆる栗の実になるとのこと。
栗に雄花と雌花があることも知りませんでした!

ちょうど滞在している妹は栗が大好きなので、ほらほらと見せたところ、(花が地面に落ちている様子が)「コワイ」と言われてしまいました。笑
まあ、落ちたところは確かになにか宇宙的なものがあるけれども。
街っ子で植物のことをあまり知らなかった私は、栗の花を発見しただけでワクワクしてしまい、興奮しすぎなのかも。

秋になるとこの栗の木にも実がなるのですが、とても小さくて、お店で売っているようなものではありません。
イギリスで見る野生の甘栗の木は、ほとんどそうじゃないのかな。
それでもお友達の中には、拾って丁寧に調理する人もいるのですが、私はいつも「栗が落ちてる♪」で終わっています。
今年は何かしてみようかしらん。

秋になって実がついたら、またご紹介しますね!


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24545008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irino at 2016-07-25 07:30 x
お家の周囲に緑がいっぱいあっていいですね!
草好きですが、私も木のことはあまり知らなくて、栗の雄花、雌花、はじめて認識しました。昨日、実家の草むしりをしていたら、夕方になってひぐらしが盛んに鳴いていました。カナカナカナ……って少し寂しいような、独特の情緒がありますよね。西欧の方は一般的には、虫の鳴き声にあまり興味がないそうですが、イギリスでは、どうですか? この時期はセミが鳴いていますか?
Commented by londonsmile at 2016-07-25 07:47
*ironoさん*
ありがとうございます。緑がいっぱいというより「緑しかない」感じですが(笑)、都会っ子だった私には珍しく楽しく、引っ越して4年半経ってもまだ飽きません。
栗の花ってそんなによく知られていませんよね? 来年は咲いている盛りを見るのが今から楽しみです。
虫の声は確かにあまり話題にならないかもしれません。セミは南仏では風物詩のようですが、少なくともロンドン周辺にはいないと思います。湿度が低くて、気温もそれほど上がらないので、セミに向かないのかもしれませんね。
by londonsmile | 2016-07-22 16:01 | お花のこと | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile