ついでに木の実も育ってます

前回、木になる種のお話をしたのですが、ついでに今日は木の実のお話を。

この前、道を歩いていた時、こんなものが落ちていることに気づきました。

e0114020_23582800.jpg

金平糖みたいで可愛いのですが、よく考えてみると、これは西洋トチノキの実の赤ちゃん。
西洋トチノキは、マロニエと言った方が日本人にはわかりやすいかもしれませんね。
その実も、実りの季節に向けて着々と育っていたんです。

e0114020_00080136.jpg
見ーつけた!
本当に赤ちゃんサイズで可愛いですね。

この時期から育っているんだなと気付いたのは今年が初めてでした。
でもどうして赤ちゃんサイズのうちに落ちてしまうんでしょう?

それは木にも生存競争があって、全部は成長できないので、まだ実が小さいうちに弱いものは落ちてしまい、生き残った強いものが最後まで成長するからなんだそう。
うーん、どこの世の中も厳しいなあ。

でも、だからこそ成長した実をつけた時には、なんだか誇らしげに見えるかもしれません。
マロニエの実のことは以前にも書いたのですが、この赤ちゃんが硬い殻に育って、車の上にゴーン!と大きな音を立てて落ちてくる様子は、わが家の近所では秋の風物詩。笑

ちなみに成長したマロニエの実はこんな感じです。

e0114020_00371427.jpg
こんなふわふわした感じの赤ちゃんからは想像できないくらい硬い殻でしょう?
立派な実になるように、秋に向けて、みんながんばれー!

そしてついでにご報告させていただくと、前回、「ご存じの方、教えてくださーい!」とお願いした木ですが、コメント欄でirinoさんに教えていただいて、わかりました!

まず最初にこの木。
e0114020_21002265.jpg

これはシナノキの仲間らしいことがわかりました。
菩提樹の仲間の木です。
言われてみれば葉っぱの形が似ているのですが、言われてるまで全然気づかなかったなあ。

そしてもう一つの方のこちら。

e0114020_20425139.jpg
これはシデの木の仲間のようです。
この木の種には翼がなく、葉っぱに種が付いている形なので、翼果ではなく、果苞(かほう)という呼び方になるそう。

おおー、木の種にもいろいろ種類があるんですね。
勉強になるなあ。
irinoさん、本当にどうもありがとうございました。

木の事は何も知らない私ですが、せっかく興味を持ったことなので、これからも地味に学んでいこうと思います。
家の周りにいっぱい木があるしね!笑


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24517006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2016-07-10 00:42 | お花のこと | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile