のどかな春の馬の足音

最近お天気の良いロンドン、部屋で仕事をしていたら、外からポクポク、ポクポク、という音が聞こえてきました。

あ、あの音だ♪
e0114020_18464213.jpg

家の周りの緑地は保護地区になっているので、森林保護官のレンジャー(ranger)と呼ばれる人たちが馬に乗ってよくパトロールしています。
なぜ馬かというと、車が通れない森の中もパトロールするから。
このポクポクという音は、レンジャーさんの馬のひずめが道路に当たる音なんです。

レンジャーと聞くとつい「ゴレンジャー」を連想してしまってクスクス笑っちゃうのですが、彼らは森林や緑地を取り締まる大切な人たち。
保護地区内の不法投棄や違法駐車にも厳しく対応していて、住所が特定できるゴミを見つけると、その人の家に行って説明を求めるくらいなんですよ。
でも普通の住民にはとても感じがよくて、すれ違う時にはにっこりしてくれるし、地域のことなら話も聞いてくれます。

ちなみにイギリスでは、レンジャーさんに限らず、馬に乗っている警官もいます、しかも街の中で!
馬に乗ると背が高くなるので、暴動を鎮圧したりするのに効果があるんですって。
初めて繁華街で馬に乗ったおまわりさんを見た時は、何時代? とびっくりしましたが、いろいろ考えられているんですね。
それだけ馬に乗ることが定着しているということでもあるのかな。

イギリス暮らしに慣れてきた今となっては、馬にまたがったレンジャーさんに守られていると思うと心強いし、馬のひずめののどかな音も心地よい。
それに日本人としては、なんだか時代を遡ったように感じられてワクワクする。笑

折しも春ののどかな陽射しがいっぱいで、幸せを感じたひと時でした。

e0114020_18445140.jpg

新芽もどんどん大きくなってるよ〜♪


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24300328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2016-04-13 19:10 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile