クリスマスツリーをアミアミで巻く装置

少し前にクリスマスツリーを売っている写真を載せたら、クリスマスツリーが網のようなもので巻かれているのが新鮮!とコメントしてくれた日本のお友達がいました。

その時の写真がこちらです。

e0114020_18391067.jpg

この売り場、ツリーが寝かされていて、死体っぽく見えるのも笑っちゃうのですが!
(ツリーは立てて置いてあるところが多いと思います)

もちろん右手前のツリーが本来の形ですが、大きいものをそのままの形で運ぶと枝が広がってしまって大騒ぎ。笑
なので、持ち運びやすいように、周りをネットで包んでくれるんです。

売り場によってそれぞれのようですが、私の経験では最初に枝振りを見せてくれて、買うことが決まった木をその場でネットで巻いてくれるというイメージ。
すでにネットが巻かれて売り場においてあるツリーは売約済みのものなのか、「枝振り見せてよ」と言われたら広げて見せてくれるのか、ちょっと不明です。
これも来年の課題ですね。

コメントくれたお友達に、その場でシュルシュルっとネットを巻いてくれるの、と言ったら、その場を見てみたいーとのこと。
機会があったらその瞬間を動画に撮ろうと思っていたのですが、今年はその現場に遭遇するチャンスがありませんでした。

でも週末に買い物に行った時、ツリーと一緒にシュルシュルっと巻く装置があったので、どんな形の装置なのかだけでもご紹介したいと思います。
それはこれ!

e0114020_09215469.jpg

あ、ちょっと写真が遠過ぎましたね。笑
この写真のように、クリスマスツリー売り場は臨時にあちこちに登場します。
大きな売り場はガーデンセンターなどの広い場所にあるし、ここのようにちょこっとパブの前で売っていることも。

では、この写真を拡大してみましょう。

e0114020_09243208.jpg

これで少し分かりやすいでしょうか?
黄色いパイプの台に乗っているのが例の装置。
左側は横から見たところ、右側は正面から見たところです。

クリスマスツリーをてっぺんからこの穴にしゅっと入れると、一瞬にしてシュルシュルシュルっとネットが巻かれるのです。
初めて見た時はあまりの早業が衝撃的でした!

こうして改めて見てみると、おそらく筒のところにネットが仕込まれていて、そこから出てくるんですよね。
この装置の仕組みといい、動画撮影といい、来年のクリスマスは課題がいろいろ。笑
忘れないように今から手帳に書いておきます!

e0114020_18504331.jpg

これは先日行ったお友達のお家のツリー。
いつも家庭的であったかいツリーなんです。
プレゼントはこうしてツリーの下に置いて、クリスマスの朝に開けるんですよ。

今年はわが家ではツリーは省略なのです。
クリスマス当日はお呼ばれで出かけることになっているので、ツリー以外の飾りだけにしたのですが、やっぱりちょっと寂しいかな。笑
来年はツリーを飾ります♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23984633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-12-22 18:55 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile