クリスマスキャロルが家で聴けるラジオ

ますますクリスマスの休暇ムードで盛り上がるロンドンです。

そろそろ学校が終わった子ども達もいるので、昼間からお母さんと一緒にお買い物に来ていたり、クリスマスカードがどんどん送られてきたり、「クリスマス前に会いましょう」の忘年会もどきの集まりも盛ん。
街にはサンタの帽子やトナカイが大きく描かれたセーターを身につけた人が歩いていて、それぞれプレゼントらしきものを持っているのも微笑ましいし、買い物帰りに通りかかるご近所の家の窓から個性あるデコレーションがちらっと見えるのも気持ちがぽっとあったかくなります。

もちろん、お店の飾り付けも楽しいですよね。

e0114020_18402799.jpg

どうも私はクリスマスツリーに赤いリボンというのが好きみたい。笑
来年は自分でもやってみよう♪

ただ、私はこの時期も仕事で家にいることが多いので、家の中でももっとクリスマスっぽく盛り上がりたいのです。笑
今年はクリスマス当日にインディーの娘ちゃんのところに行くことになり、わが家にはクリスマスツリーを置かずに簡単な飾りだけにしたので、なおさら他の方法が必要。

そこで思いついたのが音楽です。
クリスマスっぽい音楽を流せばいいんだ♪

クリスマスの曲はいろいろありますが、今年はクリスマスキャロルの気分だったので探してみたら、クリスマスキャロルをインターネットで聴けるというイギリス発信のラジオがありました。

Christmas Carol Radio

これ、とっても便利。
スイッチを入れればすぐにいろいろなクリスマスキャロルが流れてくるんです。
歌っている人やアルバムに関係なく、いろいろな曲が聴けるのがラジオの良いところですよね。

クリスマスキャロルは、キリストの誕生に関連した宗教的な歌のこと。
クリスマス前のこの時期には教会でも歌われるし、キャロルを集めたコンサートもたくさん開かれているし、アマチュア合唱団が街頭で歌っていることもあります。
そういうと、クリスチャンでない日本人の方にはとっつきにくいような気がするかもしれませんが、日本でもよく知られている『きよしこの夜』とか『もろびとこぞりて』なんかもそうなんですよ。

キリストの誕生を祝うという歌詞が喜びに満ちていることもあって、きれいなメロディーが多いし、子供の美しい歌声で歌われることも多いので、クリスチャンではない私も聴いているだけで癒されます。
(たまにあるちょっと暗目な曲も私は好きです・笑)
西洋文化に深く根付いているメロディーが多いし、ラジオではとにかくいろいろな曲が流れるので、「おっ、あの映画でかかってた歌のメロディーもキャロルだったのか!」と気がつくのも楽しいのです。
ちなみに画面上に今流れている曲の名前も出るので、それもすごく便利。

このラジオ、歌の合間には宗教的なクリスマスのお話も入って、勉強にもなります(ちなみにイギリス英語)。
しかも教会のお話ほど込み入ってなくて、言葉遣いも簡単でわかりやすいので、とても初心者向き。笑
イギリスではこういう教育を子供の頃から受けてきたんだなあと知ることで、彼らの考え方や文化を知るきっかけにもなりそうだなと思うのです。

キャロルに興味が出て来た方、ぜひこのラジオ、聴いてみてくださいね。
クリスマス気分が盛り上がること、請け合いです。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23973505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひつじ at 2015-12-20 09:07 x
早速ラジオ局をお気に入りに入れました(^^♪
私は1年中で一番好きな季節なので、嬉しいお知らせでした。
子供の頃の日曜学校を思い出します。
後でゆっくり聞きたいと思います。イギリス英語は多少わかります。アメリカ英語は、もう早くちでマシンガンのようで聞き取りにくい時がほとんどです。
Commented by londonsmile at 2015-12-21 04:33
*ひつじさん*
ラジオ、気に入っていただけて良かったです。
クリスマス気分に浸るのって楽しいですよね。
ひつじさんのように日曜学校にいらしてた方ならなおさらでしょうね。
このラジオのお話、ゆっくりで簡単な言葉を使っていてわかりやすいと思うので、ぜひ試してみてくださいね。
by londonsmile | 2015-12-18 22:55 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile