Le Relais de Venise "L'Entrecote"、Soho店のプレオープニングに行ってきました!

以前にも書いたことがあるパリのステーキレストラン、Le Relais de Venise "L'Entrecote"
ロンドンにすでに3店舗ありますが、今週ソーホー地区に新店舗が開店になりました。

開店は12月7日(月曜日)だったのですが、それに先立って、スタッフの研修とプロモーションを兼ねたプレオープニングの食事会に呼んでいただいたので、先週、日本から帰国した翌日にランチに行ってきました!
時差ボケも吹き飛ぶインパクトあるステーキでしたよ♪


e0114020_06093133.jpg

新しいお店は劇場街のシャフツベリーアベニューから入ってすぐの場所にあり、周りは様々なレストランやバーやパブが立ち並ぶレストラン激戦区。
ここにこのユニークなポリシーを持つパリのステーキレストランが参戦しました。

このレストランのユニークなポリシーのひとつは、メニューは1種類のみ、つまり前菜のサラダとバゲット、メインのステーキとフレンチフライだけ、ということ。
だからテーブルで聞かれるのは飲み物とお肉の焼き加減、それから食後のデザートや飲み物だけなんです。

それから予約は取らないので、お店が混んでいたら、どんな人でも行列に並ばなければなりません。
オーナーの家族も並んでいるそうだし、以前に「写真撮られちゃうから入れて」と言ってきたセレブを容赦なく行列に戻したという話もあるほど。笑

プレオープニングとはいえ、この日は店内に一般の人がたくさん入ってきていたので、店内の写真はあまり撮れませんでした。
食事会といってもパーティーのようにいっせいにご飯を食べるのではなくて、スタッフの研修も兼ねて、個別のテーブルに座って、普段と同じように食事するのです。

近くのテーブルに座っていた人がちょっと席を立った時にすかさずパチリと写したのがこの写真。笑

e0114020_09082350.jpg

全体にベニスをテーマにした内装になっていて、ランプにはゴンドラの絵が描いてあったりして、とてもかわいらしい内装です。

e0114020_09050972.jpg


これは実はお手洗いの入り口のドアなんですが、丸の中にある女性用を表す表示、ぽっちゃりしていてかわいくないですか?
私としては、インパクトある仮面をかぶった人の絵よりも、そっちに目が行ってしまいました。笑

などと行っているうちに前菜のサラダが来ましたよ♪

e0114020_06095381.jpg

このレタスとクルミのサラダ、マスタードが効いているドレッシングも美味しくて、もりもり食べてしまいます。
バゲットも少し付いてきますが、バターは出たことがない気がします。
でも日本人としてはドレッシングの勢いでパンも十分いけるので、問題なし。笑

さて、いよいよメインのステーキです。
どんなステーキでしょう?

e0114020_06104053.jpg
ステーキといっても、鉄板の上でじゅうじゅういっている肉の塊ではないのです。
さすがパリからきたレストラン、最初から適当な大きさに切り分けられていて上品です。
フレンチフライもあっつあつ。

お肉の焼き加減ですが、最初に「ミディアムレア」と言ってみたところ、このお店では中間はなくて、ウェルダンかミディアムかレア、なんだそう。
なにごとにもハッキリしているお店なのね。笑

何秒焼いているかなど、ウェイトレスのお姉さんが詳しく焼き加減を教えてくれて、レアでも血が滴っているようなことはないと言うので、生まれて初めてレアをオーダーしてみましたが、これが大正解。
この日食べたかった気分にぴったりの柔らかいお肉で、中のピンク色がきれいでした♪

そしてこのソースがまた独特。
しっかりリッチなのにお肉に付けると美味しさが倍増して、するすると口の中に入っていっちゃうんです。
ほのかなカレー風味のこのソース、味付けはは極秘だそうで、以前はできたものがパリの本店から運ばれてきていたそうですが、今はどうでしょう?

このステーキを食べ終わる頃に、またもうひとつびっくりがやってきます。
つまり、これとほぼ同量の「おかわり」が来るのです!

e0114020_07035373.jpg

(ウェイトレスさんがメイドの制服を着ているのもカワイイのです。
変な意味じゃなくて純粋なメイドさんですよ!笑)

「おかわり」は最初から含まれている量なので、「おかわり!」と言わなくても、タイミングを見計らってお店の人が足しに来てくれます。
全部を一気にお皿におくとステーキが冷めてしまうので、最初の分を食べている間は、この左下のキャンドルの上で温められているんです。
心憎い演出ですよね。

この日は時差ボケもあってか、フレンチフライを少し残してしまいましたが、柔らかいお肉、堪能しました♪

ふ〜、お腹はいっぱいですが、やっぱり食べちゃうよねー、デザート。

e0114020_06094474.jpg

私たちのテーブルのお世話をしてくれていたお姉さんオススメのアイスクリーム。
シナモンとキャラメルと、えっと、後もうひとつはなんだっけな。汗
良い香りがして甘過ぎず、とっても美味しかったです。
ステーキを食べた後にぴったりでした。

実はこのレストラン、プロフィットロールが有名なのです。
インディーさんが食べたプロフィットロールはこちら。

e0114020_06105570.jpg

プロフィットロールは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、小さなシュークリームをいくつか重ねて、上からチョコレートをかけた、というようなもの。
もちろんひと口奪いましたが、この上にかかっていたチョコレートがまた美味しかったなあ。

この日はインディーの友達も誘って3人で行ったので、話もますます弾んで楽しいランチになりました。
私は日本から帰ったばかりでホリデーモードは昼間から赤ワインも飲んじゃったし♪

お店の人達もとてもフレンドリーで、感じがよかったですよ。
ちょっとフランス語なまりがあるスタッフが多くて、それがまたパリ気分を盛り上げてくれます。

こんなすてきな会にどうして私が呼んでいただけたかというと、実は親しい友人がオーナーの一人なのです。
でも、それだけで宣伝しているわけではないのです。
このお店、彼が子供の頃からパリに行く度に家族で通っていて大好きだったので、ロンドンにもぜひ来てほしいと時間をかけてパリのオーナーさん口説いたのだそうで、この裏話を聞いてから、夢を実現した彼を応援したいと思っているんです。
お店の人達がニコニコしている様子も、なんだか彼の明るくて寛大な様子を映し出しているような気さえしてしまいます。
彼の純粋な思いを形にしたこのレストラン、多くの方に経験していただけたら嬉しいなと思っています。

さてここで宣伝。笑
現在、このソーホーの新店舗では、オープニング記念で25%引き(ステーキのみが対象で、飲み物などは対象外)をしているそうです。
割引は今週いっぱいのみです。
劇場街やソーホーに近くて便利な場所なので、すぐに人気が出て行列ができることは必至。

ロンドンにお住まいのみなさん、大混雑になって行列で長時間待つことになる前に、25%を利用して出かけてみてはいかがでしょう?
予約は受けないので、早めにいらしてみてくださいね♪

住所:50 Dean Street, London W1D 5BQ
電話:020 3475 4202
Eメール:soho@relaisdevenise.com

*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23942760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-12-09 17:48 | ロンドンすてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile