クリスマスツリーを運ぶ人達を眺めながらサンデーロースト♪

大人数のクリスマスパーティーで楽しんだ翌日の日曜日は、のんびり過ごしました。
日本から戻ってからバタバタしてしまったので、この日は思い切って何もしないモード!
お料理もしないと決めたので、お昼に伝統的なサンデーローストを食べに行くことにしました。

イギリスののんびり日曜日と言えば、やっぱりお散歩。
街の中でも緑のある場所が多いせいか、東京に比べてロンドンの人達はよくお散歩をするようです。
特に日曜日は家族で歩いている人達が本当に多いんですよ。
お肉のロースト料理をたくさん食べて、その前や後にたくさん歩いて消化させるのかなあ、と思っているのですが!笑

というわけで、私たちもお昼を食べるため、隣り町のパブに歩いて出かけました。

e0114020_22450469.jpg

パブではこんな感じにクリスマスの雰囲気たっぷりになっていましたが、まずは散歩道のご紹介から!

隣り町まで歩くのは初めてでしたが、のんびり歩いても45分ぐらいで着くことがわかりました。
ここは町のはじまりの鉄道の駅。

e0114020_22461530.jpg

鉄道が敷かれたビクトリア時代の建物だと思うんですが、とてもかわいくて、駅舎には見えないですよね。
この周りは木や草が繁っていて、緑の中ぽつんとこの駅舎が建っているのが、これまた不思議で面白いのです。

この日は、この辺りを歩いている時に、木や草で何も見えないのに電車が通る音だけが聞こえて、なんだかアガサ・クリスティーのミステリーみたいだなあとワクワクしてしまいました。

ここは「ロンドン最後の村」とも言われているBarnsという町。
ロンドン市内に近いとは思えないカントリーな雰囲気たっぷりのイギリスらしい落ち着いたところです。

e0114020_22522510.jpg

こんなのんびりした良いところですが、お家の値段もすばらしく良いのです。笑
前に不動産屋さんの貼り紙をのぞいてびっくりしました。

高級住宅地ではあっても、気取らないカントリー風の暮らしを好む人達が住んでいるからなのか、町全体が温かい雰囲気に包まれているのが良いのです。

12月最初の日曜日のこの日、町の中はこんな車がたくさん走っていました。

e0114020_22453348.jpg


車で運んでいるのはクリスマスツリー。
歩いて運ぶ人もいますが、本物のもみの木ってけっこう重いので、これくらいの大きさだったら歩いて運ぶのは難しいのかも。
私は一度インディーと一緒に小さなツリーを歩いて運んで、すっかり懲りました。笑

e0114020_22454402.jpg

あ、でもこのお父さんはがんばってますね♪
お嬢ちゃんも力持ちのパパが嬉しいでしょう。

こういう家族的な眺めに最近グッときてしまうのです。
それぞれの家庭での子ども達のワクワクまで伝わってくるようで、とても幸せな気持ちになるんです。

と同時に、こうして見るとなんだか死体を運んでいるみたいにも見えて、一人でニヤニヤしちゃうのも事実。
いずれにしてもクリスマスツリーは私を幸せな気持ちにしてくれることは確かです。笑

近くのガーデンセンターに大きな売り場があるようでしたが、町の中でもツリーを売っていましたよ。

e0114020_22455424.jpg

家に持って帰るまでは、こうしてネットに包んで運びやすくしてくれてあるのです。
でも買う前はたいてい枝振りをよーく見せてくれます。
当たり前ですが、木によって形が全然違うので、このツリー選びもなかなか大きな仕事なんですよ。

パブに到着すると、ここにも既にいくつかツリーが飾ってありました。

e0114020_22525497.jpg

おお〜、気分が盛り上がる!
わが家では、「クリスマスの12日前にデコレーションを始めるのが伝統的なやり方だ!」というポリシーを厳格に守っているので、まだ何もしていないんです。

実はクリスマスの12日前というのはインディーさんの誕生日の翌日。
もしかしてだけど、「誕生日とクリスマスを別にしてね!」というアピールなのかしらんと思ったりして。ふふふ。

e0114020_22462530.jpg

そしてたくさん歩いた後のロースト。
この日は2人ともチキンにしたのですが、大きくてびっくり!
食べ応えもたっぷりでしたが、お味も期待以上でした♪

お腹がいっぱいになった後は、のんびり町のお店をひやかしたり、クリスマスプレゼントのラッピングペーパーを買ったりして、バスに乗って家に帰りました。

日本から帰ってきたばかりで、なんとなく頭の中は半分日本モードだったのですが、この1日で一気に気分がイギリスのクリスマスシーズンになりました。
日照時間がかなり短くなっているので、ワクワクする楽しみがあるのはとても嬉しいのです。

仕事もちゃんとするけど、年に一度のクリスマスの雰囲気も楽しまなくちゃね。
こういうかわいいものも町にはたくさん出回っていることだし♪

e0114020_22463717.jpg


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23942333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひつじ at 2015-12-09 08:26 x
「ロンドン最後の村」と言うだけで、ミスマープルの住む村を思い浮かべてしまい、ウキウキしてしまいます。
12月大好きな月ですので、最近は散歩や家事の時には、もうクリスマスソングの鼻歌です。

何時も楽しく読ませていただき、妄想に浸っています。
これからもお体など気を付けて、ブログが順調に更新されますように(^^♪
Commented by londonsmile at 2015-12-13 09:38
*ひつじさん*
「ロンドン最後の村」って魅力的な響きですよね♪
ほんとにすてきなかわいらしい町なんですよ。

いつもご覧頂いてありがとうございます。
これからも気長におつきあいただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!
by londonsmile | 2015-12-09 04:39 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile