秋の霧の日曜日 in リッチモンドパーク

日曜日は朝から霧。
その後も少し晴れ間が見えたと思ったら、また霧が戻ってきたりして、アンニュイな11月の始まりでした。

それでなくても11月は、クリスマスをものすごく楽しみにしているイギリス人にとっては、まだおおっぴらにクリスマス気分を楽しめるほどではないのに日照時間はどんどん短くなっていく冴えない月、と思われている節のあるかわいそうな月。笑

相変わらず運動不足の私はインディーさんに連れられてカメラを持って近くのリッチモンドパークに散歩に行ってきました。
今回は初めて家からずっと徒歩で行ってみました。

実のところ、行く前は、今日もやることいろいろあるのになーと思っていたのですが(汗)、自然の中で見る霧はとても幻想的で、紅葉の時期ということもあって、大感激な朝になりました。


e0114020_02234108.jpg

まずは近所の森を通っていきます。
いつも見慣れた景色も霧の中ではまるで知らない場所のよう。

e0114020_02213134.jpg

赤ずきんちゃんにでもなった気分です。
オオカミが出て来ちゃうかも!

e0114020_02213814.jpg

少しくぼんでいる一角は特に霧が濃くなっていて真っ白。
でも妙にはずんだ歌声が聞こえてきたので、よーく目を凝らしてみたら、向こうの方にお兄さんがベンチに腰かけていて、楽しそうに歌っていました。

あちらからは何も見えないので、きっと誰もいないと思って気持ち良く歌ってたんでしょうね!笑
幻想的な霧の世界とはずんだ歌声がミスマッチでおもしろかった!

e0114020_02214677.jpg

霧とは関係ないのですが、前の日がハロウィンだったからか、妙にクモの巣が目につきました。
普段はクモの巣を美しいと思う方ではないのですが、これ、とっても細かくて美しかった!
クモ好きなインディーさんは夢中になって写真を撮っていましたが、「肝心のクモがいない!」とガッカリしていたご様子。笑

e0114020_02234908.jpg

途中、こんな建物があるんです。
もともとは何か目的のある建物だったと思うんですが、今は中を改装してアパートメントになっています。
門構えが、まるでお城みたいですよね。
晴れていても美しいけど、霧の中で見るとますます雰囲気たっぷり!
信号がなかったら、本当に19世紀ぐらいに戻った気分に浸れそう。

e0114020_02240050.jpg

さて公園に着きました。
わー、やっぱりすごい霧。

e0114020_02240794.jpg


少し離れると、何も見えなくなります。笑
カメラも、焦点を合わせるのはこれが限界ぐらい。
ぼわ〜んと広がる白い世界の雰囲気が伝わったら嬉しいです。

ちなみに気温はそれほど低くありませんでした。
こんなに深い霧の日は珍しいし、日曜日ということもあって、公園は人がたくさん出ていましたよ。
この日はジョギング系のイベントがあったようで、私たちが歩いた辺りは車を入れないようにしていたので、普段は車と自転車で大賑わいの公園も全体にしーんとしていて、ますます雰囲気たっぷり。

そして広い公園に入ったとたん、土の湿った匂いがして、とても細かい水蒸気のようなものが鼻から入ってくる気がして、体全体で霧を感じることができました。
こんな経験は初めてで、体の中もしっとりする気分が味わえて、感激。
ここにただいる、という感覚になって、なにやら厳かな気分。
自然ってすごいなあ。

e0114020_18430854.jpg


少し歩くと池がありました。
水辺も美しい〜!

e0114020_02282320.jpg

お、白鳥がいましたよ。
イギリスでは白鳥はすべて女王様の所有物なんだそうです。
(追記:この後、すべての白鳥が女王様のものというわけではないと教えていただきました。
なにか一定の決まりがあるようです。今度、調べてみますね!)

e0114020_02270754.jpg

水鳥にパンをあげていた若いファミリー。
このわんちゃん、猟犬らしき大型犬でしたが、周りにハトや水鳥が動き回っていてもじっと伏せていて、本当におりこうさんでした。
お父さんから「いい子だ!」と何度も褒めてもらっていて、微笑ましかった♪
すてきなご家族でした。

e0114020_02264615.jpg

写生をする人も。
絵が描けたら楽しいだろうなあ。
私もやってみたい!

e0114020_02262417.jpg

郊外にあるリッチモンドパークは大きな森のような公園で、動物もいろいろいいます。
この日は出会いませんでしたが、野生の鹿もいるんですよ。

e0114020_02323876.jpg

この日は霧もきれいでしたが、今は紅葉の季節でもあります。
主に黄色いので「黄葉」ですが。

先週あたり、わが家の周りでは落ち葉のピークだったのですが、木がたくさんある園内は、もうすっかり葉が落ちた木やまだまだこれからという木など、いろいろでした。

e0114020_02302160.jpg


秋ですね〜♪
ロンドンに引っ越してきてしばらくは日本の鮮やかな紅葉が恋しかったのですが、今ではすっかりこれが私の秋の色になりました。
地面に落ちた落ち葉が風に吹かれると、まるで踊るように縦になってころころと動いていくのも大好き。
きっと日本でも落ち葉は同じなのでしょうが、都心で慌ただしい生活をしていた時には気づかなかったのです。

e0114020_02341978.jpg

こんな季節になにげなく咲いているお花も愛しい。
しかも、こんなに何もないところなのにね。
自然ってやっぱりすごいです。

霧と紅葉をたっぷり楽しんだリッチモンドパークの朝でした。

e0114020_02333175.jpg

ちなみにリッチモンドパークをひとたび出ると、周りは普通に住宅街なのです。
この後、すてきな古い建物を鑑賞しながらバス通りまで出ました。

e0114020_18261524.jpg

前夜のハロウィンの夢の跡。笑
やっぱり公園に近いほど大邸宅が多いのです。
昔から人は緑の多い所が好きだったんですね。

e0114020_18275757.jpg

楽しい日曜のお散歩でした。
自然の中でリフレッシュしたところで、また今週もがんばりまーす!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23832246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 赤毛のアン at 2015-11-02 23:45 x
霧のリッチモンドパーク、とっても素敵でした。
私は散歩は苦手ですが、こんな素敵な景色の公園なら歩いてみたいと思いました。
ロンスマさんの、いつも小さなことに楽しみや喜びを見つけられるところ、すごいなと思います。私も見習わなければ。
Commented by londonsmile at 2015-11-03 01:47
*赤毛のアンさん*
見てくださってありがとうございます。とてもきれいな霧の朝でした。
赤毛のアンさんはお散歩、苦手なんですね〜。私はフラフラ歩き回るのが好きなんです。笑
そして地味な生活をしているからなのか、小さなことも好きみたいです。笑 それぞれに好みがあると思うので、赤毛のアンさんなりに楽しんでくださいね。
よかったら、どんなことがお好きか、今度聞かせてくださいな!
Commented by はまちゃん at 2015-11-03 06:42 x
こんにちは、初めまして。
Cooking at SW Londonというブログを運営しております、浜野と申します。
アクセス解析をみてて、こちらのブログから良く見て頂いている方がいらっしゃるので、お礼を申し上げたく、今回こうしてコメントを残させていただきました。
こちらのブログのお蔭で、見に来てくださる方がいることに感謝します。ありがとうございます。

昨日はホント霧がすごかったですね。
こんな日はリッチモンドパークがさぞかし絵になったと思います。写真みんな素敵です。

更新をマメにされていて、とてもうらやましいです(笑)。

ロンドンは冷えるようになってきました。今日は寒い!!
お体に気を付けて、お互いクリスマスまで乗り切りましょう。
Commented by londonsmile at 2015-11-03 07:11
*はまちゃん*
こんにちは!ご丁寧なメッセージありがとうございます。
ところではまちゃん、ロンスマはワタシ、ワタシ、私ですよ!ほら、写真教室をうちでやってた私です。笑
とにかく、こちらからはまちゃんのブログを見に行ってくれる人がたくさんいらっしゃるなんて嬉しいことです!きれいで美味しそうな写真がいっぱいのすてきなブログですもんね。

昨日の霧は本当にすごかったですよね。うちの辺りは今日もかなり霞んでいました。
リッチモンドパークは息を飲むように美しかったです。

11月になって日照時間も短くなってきたし、これからクリスマスまできっとあっという間なんでしょうね。
充実した時間になるようにがんばりましょうね!
Commented by ひつじ at 2015-11-03 10:03 x
霧のロンドンって言いますから、霧の日が多いのでしょね。
私は霧はもう何十年も見ていないと思います。
東京は霧も雪も滅多に見ない所ですものね。
で、私も散歩好きですし、妄想癖もありますし、人さまの家の窓辺を見たり庭を見たりが趣味なので、ロンドンは見所がいっぱいな所だろうなぁ・・・と写真見せていただいて又妄想してしまいます。
こちらは、もう何年前かから、紅葉とクリスマスデコが仲良しと言った冬です。
やっぱり憧れは、死ぬまでに1度はホワイトクリスマスにと毎年思っているので菅、温暖化で夢はかないそうにありません。
そこで、ドールハウスを作って、バーチャルな世界では、ハロィンが終わったら小雪舞う季節を設定して遊んでいます・笑
Commented by londonsmile at 2015-11-05 06:42
*ひつじさん*
そうですね、すごく多いというほどでもないのですが、少なくとも東京よりは多い気がします。
特に私が住んでいる近辺は川も近いので、そういう地形も関係しているようです。おもしろいですよね。
きょろきょろしながらのお散歩、楽しいですよね。

ロンドンの冬は寒いですが、雪は意外と降らなくて、たまに降ると東京と同様にちょっとしたパニックになります。
電車が止まったとか、道が渋滞したとか、雪だるまがたくさん作られたなんて聞くとどこの街も同じなんだなあと感じます。
ドールハウスをお持ちなんですね!私は集め始めたら、とことん凝ってしまいそうな気がして持っていないんです、まだ!
Commented by Tamago at 2015-11-08 16:57 x
白鳥の脚に何色か忘れたけどタグがついているのが女王だったか、一般の(フリー)の白鳥だそうです。全てがすべて女王のものではないです〜。
Commented by londonsmile at 2015-11-10 18:59
*Tamagoさん*
そうでしたか!これを書いた後、白鳥がシベリアから英国内に飛んでくるという話を聞いて、そしたらその白鳥は誰のもの?と疑問に思っていたところだったのです!
そういう決まりがあるんですね、調べてみます。
教えてくださってありがとうございました!
by londonsmile | 2015-11-02 17:54 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(8)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile