まるでインドに来たみたい!?なインド風フレンチレストラン、La Porte des Indes

わが家は相変わらずカレー好きで、お気に入りのお店もいくつかあるのですが、同時に新しいお店も開拓しています。
なーんて言うとカッコいいけど、結局はカレーが食べたいだけです。笑

ある日インディーが「そういえば前にフレンチ風なカレーのお店があったけど、今もやってるのかなあ?」と言い出しました。
フレンチ風なカレーってどんなの?と聞いても、「内装がゴージャス」とか、「前に女の人と行ったら、辛い身の上話をし始めて泣かれて困った」(そんなこと聞いとらん!笑)とか、味と関係ない話ばかりをして一向にラチがあかないので、一度行ってみることに。
ちょうどインディーの娘ちゃんが週末に来ることになっていたので、土曜日のランチに3人で出かけてみました。

e0114020_08242898.jpg

お店の名前は、マーブルアーチの近くにあるLa Porte des Indes
そもそもインドというとイギリスの植民地だった印象が強いので、フランスにもカレーがあるの?と思ってしまいますが、歴史上、フランスの植民地だった地域もあるんだそう。
上のメニューの表紙の地図の黄色い部分がそうなんですって。
インド全体からするとほんのちょっとに見えますが、広大なインドのことなので、行ってみると実際には広い土地なのかもしれませんね。

行く前にわかったのですが、このお店、ゴージャスな内装でも有名なタイ料理、Blue Elephantの系列店。
Blue Elephantにはパリ店しか行ったことがないのですが、店内に小川が流れていたりして、すごいインパクトがあったんです。
その系列店ということは、きっとインディーが言うとおり、かなり凝っているんだろうなと楽しみでした。

お店に到着して中に入ると、早速インド風な門がお出迎え。
期待が高まります。

e0114020_08245158.jpg


ランチは下の階ということだったので、下に降りて行くと、まずはトロピカルな良い雰囲気のバー&ラウンジが迎えてくれました。

e0114020_01492122.jpg

e0114020_08243919.jpg

わー、トラがいる!笑
といっても、これはよくできたカーペットでした。
でも雰囲気も出るし、茶目っ気があってかわいいですよね。

テーブルはあっちのようです。
自然光が入っていて気持ち良さそう♪

e0114020_01413742.jpg

コロニアルな雰囲気たっぷりですてきでしょ。

ゴージャスな内装はどこかバブルの頃の日本を思わせますが(笑)、インディーが覚えている限りでは、30年ぐらい前から内装はあまり変わっていないそう。
30年前にこの内装って、かなり斬新ですよね!


e0114020_04235307.jpg

e0114020_04274070.jpg


e0114020_08241540.jpg

このテーブルの近くに座りました。
階段の向こうに見えている白黒のシマシマの部分には水が流れていて涼やか。

店内を探検したい気持ちを一生懸命抑えて(笑)まずはオーダーを。
そして娘ちゃんと私はそそくさを席を立って、お店の中を見せてもらいました。

e0114020_08233662.jpg

さっきの階段を少し上がって下を見てみると、こんな感じです。

そして上の階に着いてみると。
(一度下に降りているので、ここが本来は1階なんですが)


e0114020_08235114.jpg

ますます明るい♪
この天窓から自然光が入っていたんですね。

ものすごく広い敷地ではないものの、鏡をとても効果的に使っているので空間が広々していて、豊かな気持ちになれました。
ちょっとしたリゾート気分♪

ここは飲み物もリゾート気分で、ピーチ風味のサングリアにしてみました。

e0114020_04240312.jpg

あらら、ちょっと飲んじゃっていますけど。

そして、いよいよ前菜が運ばれてきました。

e0114020_08262611.jpg

気になるものがあり過ぎて、盛り合わせを2種類オーダーして3人で分けてみました。
カレー風味のホタテやカニなど、普通のインド料理のお店ではあまり見ないようなものがズラリ。
やはりここは「インド料理」ではなくて、「インド風のフランス料理」なんでしょうね。

飾り付けもきれいでしょ。
両方の盛り合わせの左上にある赤茶っぽいものと白いものの組み合わせは、赤茶色のレタスを葉に、大根を花に見立てた飾りなのです。
どちらも食べようと思えば食べられると思います。
インドに行った時に、ずいぶん大根を食べたので、大根はインドではよく使われる食材なんでしょうね。
この国では大根が貴重品なので、インドに妙に親しみを感じちゃいました。

前菜はどれも美味しくて残さずしっかりいただいちゃったので、実はすでにお腹がいっぱいになっていたんですが、それでももちろんメインは行きますよ!笑

e0114020_01412827.jpg

左上から時計回りに、
チキンティカマサラ(私は初めて行くお店ではこれをオーダーして様子を見るのです♪)、
付け合わせ野菜(丸いのがポテト、その右がオクラなど、上にあるのはホウレンソウ)、
ラムのカレー(見よ、この大きな骨を!笑)、
レッドライス(ワイルドライスに似ていて美味しかった♪)。

ほかに変わったところでは、こんなものもオーダー。
e0114020_01430645.jpg

マンゴーとココナツ入りのナン!
ココナツ入りは食べたことがありましたが、マンゴーまで入っているとは!
自然な感じに甘くて、これだけ食べても美味しいのですが、カレーに付けても美味しい♪
クセになりそうです。
でも他のお店で見たことないなあ。

あ、その他にサフランライスもとっていたのでした。
ひゃー、ものすごい量!
e0114020_01473285.jpg


インディーが山羊のカレーをオーダーしたので私もひと口だけ食べてみましたが、私はついかわいい山羊を想像しちゃってあまり味わえませんでした。汗
子羊や子牛は大丈夫なのにな。慣れの問題なんですよね、きっと。

その他はどれも美味しかったです♪
バターかギーをたっぷり使っているようで、全体に濃厚でコクがある感じ。

でも、やっぱりちょっと欲張り過ぎました。
3人とも本気でお腹がはちきれそうになるまで頑張ったのですが、完食ならず。

カレーって思っている以上にお腹がいっぱいになりますよね。
初めて行くお店では、1皿の量がわかりにくいので、調整が難しいものです。

e0114020_01483879.jpg

ふう、食べた、食べた。
私はチャイを飲むのもひと苦労でしたが、娘ちゃんはスターフルーツの乗ったクリームブリュレをオーダー。
クリームブリュレがスターフルーツのおかげでさっぱり感じられて美味しかったそうです。

こんな風に、普通のインド料理のお店とはちょっと変わったメニューもいろいろあるこのLa Porte des Indes。
お値段は他より少し高め設定ですが、たまには変わった味を、と思う方に本当にオススメです。

お店の雰囲気がいいので、デートやお誕生日パーティーなんかにも良いかもしれません。
私たちが行った時も、インド人の大家族が子供のお誕生日パーティーをしていて、子供達も大人も店内を探検したりして楽しそうでしたよ。

自然光が入るランチ時も良かったですが、夜もまた雰囲気ありそう。
今度は私も夜に行ってみたいと思います♪

e0114020_01493236.jpg

(入り口においてあるスパイス。
このままスプーンですくって、食後の口直しに食べるんです。
私は大好きではないけれど、確かにさっぱりする気はします)


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23738608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyatsu at 2015-10-04 05:38 x
ここはビリヤ二がおすすめ!
Commented by londonsmile at 2015-10-04 18:11
*oyatsuさん*
ありがとうございます。
私もベリア二大好きなので、今度はぜひ試してみます!
by londonsmile | 2015-10-04 03:29 | すてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile