ペイジのお別れ会はペイジパイで♪

これまで何度も泊りにきてくれたり一緒に旅行したりもしていた親戚の女の子、ペイジが今秋から大学に行くことになりました。
出会った時は8歳だったのに、もう18歳とは!早いなあ。

来週には大学の寮に引っ越すことになったので、この週末は親戚が集まってペイジのお別れ会をしました。

ペイジのママが風邪をこじらせていたので、この日はみんなで適当に持ち寄りをすることに。
インディーが張り切って作ったのは、ペイジの大好物のチョコレートブラウニーと、チキンティカ・マサラ・パイ。
チキンカレーをパイで包んだインディーさんのオリジナルです(笑)。

当日まで私にも見せてくれなくて、ペイジの目の前で包みを開けてみると、まさにペイジのためのパイになっていました。

e0114020_23235885.jpg

ペイジって書いてある♪笑

こういうところ、インディーさんは上手だなあと思うのです。
もちろんペイジは大喜びで写真を撮っていました。

この日は少し風が強かったものの思いがけなくお天気も良くなったので、庭のテーブルに食べ物を並べ、ビュッフェスタイルでのご飯になりました。
風邪を引いているママも、ポテトチップスやオリーブのおつまみ、出来合いのキッシュを大量に用意してくれた上、サンドイッチも大量に作ってくれていたし、他にもパスタサラダ、ロックケーキ(スコーンとビスケットの間のようなもの)などなどささやかな家庭料理が並んで、微笑ましい食卓でした。

ちなみに私が作ったのは、やはりペイジが大好きなチーズストロー。

e0114020_00000451.jpg

かなり久しぶりだったのでちょっと焦げかけましたが、なんとか形になってホッ。

ご飯の後でお茶を飲みながら、ペイジは誰々の結婚式の時に蛍光スティックのチューブを破いちゃって、液体が目に入ってあわてて病院に行ったよねとか、旅行に行った時、部屋を片付けてなくてひどかったよねとか、日本に行った時、原宿でスカウトされたよねとか、彼女の子供の頃のおもしろエピソードを話したり、大学での生活をみんなで予想したりして楽しく過ごしました。
ペイジはちょっと恥ずかしがっていたけれど、私は彼女のいろいろな思い出を共有していることが改めてわかって嬉しかったのです。
こんな遠いところまで来て、思い出を共有できる家族ができたんですから。
ペイジも子供の頃のことを思い出して懐かしかっただろうし、新しく友達ができるかなあなんていうかわいらしい不安も話してくれたし、他の話は友達ともいろいろするでしょうから、この日は家族だからこその温かい集まりになったんじゃないかと思います。

e0114020_23241468.jpg

小さな男の子達は従兄弟の大きなお兄ちゃんにサッカーで遊んでもらって大喜び。
こういうのも家族っぽくていいなあ、と和みました。
小さな子達も私の名前を言えるようになってきたのが嬉しい。笑

18歳になったペイジは背伸びしたいティーンエイジャーの時期も卒業して、歯の矯正器具がとれたのと同時に見た目も一気に大人になり、もう女の子というより「女性」という風格。
話をしていてもすっかり対等、というか、ペイジに会話をリードしてもらっているくらいです。笑
ペイジのご両親もとても誇らしいでしょうが、勝手にプチママ気分を楽しませてもらっていた私も、本当に感無量でした。
久しぶりに大人数で記念写真を撮ったりして本当に和やかな良い1日になり、このところ慌ただしかった気分が一気に吹き飛びました。

子供の頃からとても社交的で聡明だったペイジは、きっと大学でもたくさん友達ができて、勉強も遊びも楽しむんじゃないかと思います。

大学生活、たっぷり楽しんでね!
そしてまた遊びに来てね。
これからもずっと大好きだよ〜!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23672140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-09-14 02:41 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

翻訳をしているラッシャー貴子です。元気な英国人夫とのロンドン生活もはや12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、とりあえず非公開コメントでいただけると嬉しいです。


by londonsmile