遅まきながら、ウワサの昇龍ラーメン初体験

ロンドンはラーメン専門店がずいぶん増えて、ちょっとしたラーメンブームになっています。
日本でも有名店の一風堂はじめ、日本から進出している金田家一点張から、日本人経営による麺屋佐助、日本人経営ではないのに自家製麺も作っているらしいTonkotsu、さらにはこれがラーメン屋の名前か?と思うBone Daddiesなどなど、ここ1、2年でお店が一気に増えました。
お腹にずっしりくるとんこつ系が人気のようで、食事の時間にはお店に入る行列ができることもあるほど人気のようです。

友達があちこちのお店に行ったという話は聞きつつ行きそびれていた私にも、つい先日、とうとうラーメン屋さんに行く機会が訪れました。
いえ、そんなにすごいことではないんだけど。笑

この日行ったのはShoryu Ramen(昇龍ラーメン)
ロンドン市内5店舗の他に、屋台のようなラーメンワゴンなるもので国内あちこちにも出張しているロンドンでは大手のお店のようです。

e0114020_18041985.jpg

今回私が行ったのはSoho店。
お店に入ると、いきなりおしゃれなバーがありました。

ここは在英日本人にはおなじみの和食材調達場所、Japan Centreの経営者でもある日本人の方(福岡出身)が経営されているそうですが、少なくとのこの日は日本人の店員さんは一人もおらず、外国人(というか日本人ではない人)の店員さんが頑張っていました。
ちなみに店員さん達は日本人でなくても全般に礼儀正しくて元気!という感じで、どこか懐かしい雰囲気だなと思ったのですが、後で日本の居酒屋さんの店員さん風かも!と思いつきました。
日本人の方が研修しているのかもしれませんね。

上の写真右側に写っている太鼓、お客さんを通す時とお客さんが帰る時に、店員さんが
「イラッシャイマッセ〜!」
「アリガトゴザイマ〜ス!」
と外国語訛りの日本語で叫んで、ニコニコしながらポンポン!と叩くのです。
中国のドラと混同してるのでは?と思いつつも、店員さんたちがなんだか嬉しそうに太鼓を叩くので、微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。

席につくと黒人のお兄さんがメニューを持ってきてくれて、(英語で)「当店は初めてですか?では簡単に説明をしますね」と言って、ラーメンの説明をしてくれました。
もちろんラーメンは知っていますが、英語で説明を聞くと新鮮♪笑

残念ながら、この日はラーメンのみで他のメニューはできないということでしたが、メニューにはラーメンの他にも餃子や肉まん、焼き物、お寿司まで載っていました。
ラーメンには辛いものやニンニク味の強いものがいろいろ並んでいて、刺激が強めのものも人気のようです。

e0114020_18043890.jpg

テーブルにはラー油やお酢、コショウ、すりごままで置いてあって懐かしい!

結局、インディーはカレーラーメン、私はShoryu Ganso Tonkotsuというこのお店の基本メニューをオーダー。
オーダーを取った後、お兄さんが「アリガトゴザイマ〜ス!」と去ろうとしたら、インディーが「ドモアリガトゴザァイマ〜ス!」と返して、その妙な間合いにお兄さんと私は大笑い。
ボクだってちょっとは日本語わかるよ!と言いたかったのかもしれません。小学生か!笑

ラーメンしかオーダーできなかったので、軽くお酒を飲みながら待っていると(ちなみに日本のビールや日本酒、梅酒、ウイスキーなど、いろいろありました)、じゃーん、登場しました。
Shoryu Ganso Tonkotsuラーメン。

e0114020_18040815.jpg

本当は煮卵は半分だけだったのですが、卵を食べないインディーの分も入って2つ写っています。

その名のとおりとんこつスープで、麺は細め。
あ、そういえば麺の茹で具合を選べるとメニューに書いてあったのに、聞きそびれた!笑
ロンドンのラーメン屋さんは麺が柔らかい傾向にあると聞いていたのですが、私は特に感じず、美味しくいただきました。
麺の茹で具合は、「粉をはたいただけ」というのも選べるようになっていて、初めて聞いた私は、本場福岡のツウはそうやって食べるの?と興味津々。

友達のウワサ通り、スープは少しぬるめだったかもしれません。
こちらの人は麺をすすらないので、熱々のスープは受けが悪いのかな。

実は私はとんこつより塩味が好きなタイプなので、あまり頼りにならないかもしれませんが、私としては美味しかったです。
最初に見た時には器が小さめで、この量で足りるかなあと思ったくらいでしたが、さすがとんこつ、最後にはお腹いっぱいになって驚きました。

インディーのカレーラーメンはというと、スープはカレーうどんほど濃くなく、本当にカレー味のラーメン、という感じでした。
決して美味しくないわけではないのですが、ついカレーうどんを想像してしまっていたので、思っていたものと違って驚いたことの方が印象深くて。笑
インディーさんはカレーうどんが大好物なんです。

そんなこんなで初体験のラーメン屋さん、なかなかの好感触でした。

ただ小ぶりのラーメン1杯で11ポンド(約2,000円)+サービス料と思うと、日本で気軽に入る時とは少し事情が違って来るかも。
ラーメンがロンドンで食べられるようになっただけでも嬉しいことですけれどね!
全体に高価な和食に比べてカジュアルな雰囲気が良いのか、現地の特に若者にはラーメンは大ウケのようです。

ラーメン好きな日本人の友達は、スープならここで、麺はここが一番いい!なんて詳しく話しているので、また別のお店に行って食べ比べてみたいと思います。


*今日のおまけ*

昇龍ラーメンのテーブルに置いてあった懐かしいもののひとつ、おてふき!

e0114020_18043040.jpg

イギリス人は日本人に比べるとあまり手を洗わないし、手を拭いたりもしません。
だからおてふき自体が珍しいのですが、袋に書いてある言葉がまた笑えたんです。

「お母さんがいつも言ってたように、ご飯の前には手を洗いましょう」

なーんだ、イギリス人のお母さんも手を洗いなさいって言ってたんだ!笑
でもそれが定着しないのではどうしてなんだろう???

ちなみにおてふきも昇龍オリジナルの英国製。
このあたりがやっぱり日本人経営の心配りですね!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23621270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-09-01 18:24 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile