わが町に世界最大の自転車レースがやってきた!

日曜日、家の近くの幹線道路が閉鎖されるとはしばらく前から聞いていました。
理由は自転車レースが行われるから、とも。

その道路は普段はバスもずいぶん通っている交通量の多い通りなので、それを全部閉鎖するなんてすごいなあと思っていたら、そのレースは世界最大の自転車レースだと当日に知りました。

お天気に恵まれ、最近にしては気温も上がった夏の日曜日。
せっかくなので、お昼ご飯を食べがてら沿道に繰り出してみました。

e0114020_02475838.jpg


このレース、正確にはPrudential RideLondonというイベントでした。
メインは、ロンドン市内を出発してから郊外サリー州のボックスヒルという自転車レースの名所に行き、わが町のあたりを通ってバッキンガム宮殿付近でゴールするというプロによる本格的なレース。

でもその他にも一般の人が参加できるレースが何種類かあったようで、この日の参加者はなんと5万人に上ったとか。
特にオリンピック以来、自転車ブームと言われていますが、それにしてもそんなに参加者がいるなんてすごいですよね。
やっぱりこれは見てみないと!

実はワタクシ、自転車に乗るのが好きで、学生の時はなぜか自転車のサークルに入っていたのです。
今は全然乗りませんが、見るのは好き。

私たちがゆっくりと道路に出たのは1時半過ぎでした。
その時は既に、わが町からロンドン市内に戻る自転車が次から次へと走っていました。

e0114020_02473499.jpg

でもこれはプロの集団じゃなさそうで、真剣な目つきの人もいましたが、のんびり楽しそうにしている人が多かったです。

マラソンでも道路を走る車でもそうですが、ある場所ではたくさん固まっていて、ある場所ではあんまりいないものですね。
なんて思っていたら、突然たくさん来ましたよ!

e0114020_02422858.jpg

この辺りはゆるい下り坂なので、自転車を漕がずに少し休んでいる人が多かったのですが、それでも自転車がたてるシャーっという音がたくさん集まって、すごい迫力になっていました。

こんなにたくさんのサイクリストを見ていると、いろいろな人がいておもしろいのです。
お揃いのスポーツシャツで参加しているカップルやグループ、
おしゃべりしながら走っている人達、
レース用自転車に混じってマウンテンバイクで参加している人、
気の毒なことに道端でパンクを直している人、
中には携帯で話している人もいてびっくり!

そうそう、こんな自転車にも出会いました(右下にご注目)。

e0114020_02432521.jpg

わ!転んじゃったのかと思ったら、車体の低い自転車でした。
これ、街でもたまに見るのですが、すごく危なそう。
乗っている人も、こんなに目線が低くて怖くないのかなあ。

おもしろい人といえば、偶然こんな写真が撮れました。

e0114020_02474646.jpg

うおー!笑

なにを叫んでいるんだろう?
それとも酸欠でアクビしちゃったのかな。
それとも「写真撮るなー!」って怒ってたのかなあ。汗

家からの道は特に柵もなかったので、わりと簡単に道を横断することができましたが、さすがに駅の方まで来ると、人の数も増えるせいか、柵が準備されていました。

e0114020_02425920.jpg
あ、柵が写ってない。汗
右の方に紅白の幕が張られている部分が柵です。

大きな交差点のこの辺りでは、定期的に人が横断できるように、自転車の人を道路の右側や左側に寄せて走らせていました。
その時に係員の人達が「右に寄れ〜!」とか「少しだけ間があるから今のうちに渡らせろ〜!」とか、お互いに、あるいは自転車に乗っている人に向かって、ものすごく、地響きがしそうなほど本当にものすごく大きな声で叫んでいて、事情のわからない最初のうちは怖かったです。
火事の現場かなにかのような鬼気迫る迫力でした。
でも行為としては、歩行者の安全を考えられていて良いこと良いことですよね。
と、今は思えます。笑

沿道には、普通に歩いている人や、立ってレースを見ている人、写真を撮っている人がいたのですが、こんな女性にも出会いました。

e0114020_02423642.jpg

バナナ持ってる!笑
もちろんこれは空気を入れたおもちゃのバナナですが、きっとレースに出ているお友達か家族への目印なんでしょうね。
「バナナ持って立ってるから、バナナが見えたらポーズしてね」みたいな約束をしたのかな。
微笑ましいですね♪

家を出てからぶらぶら駅まで歩き、近くで軽くお昼を食べてまたぶらぶら。
午後3時半になっても、まだまだ自転車は次々とやってきます。

e0114020_02431304.jpg
今度はちょっと後ろから写してみました。笑
本当に全く途切れません。

ずっと見ていたかったのですが、一体何時になれば終わるのか見当がつかなかったので、この辺で家に帰ることにしました。

すると道路からちょっと入ったところにあるパブで、こんな看板発見。

e0114020_02424664.jpg

「自分の自転車のことは忘れて、こっちの自転車にどうぞ。
2分間2ポンドで、ウッドスプーンのチャリティーに参加してください。
さらに抽選で酒代100ポンド分獲得のチャンス!」
(ウッドスプーンというのは、おそらくこのラグビー関係のチャリティー団体だと思います)

このすぐ裏にジムにあるような固定バイクが置いてあって、この写真では涼しい顔をしているお兄さんが必死に漕いでいました。
自転車イベントを利用したパブでのちょっとしたお楽しみですね♪

そして家に帰ってくると、テレビでプロのレースの中継をしているのを発見。

e0114020_01514036.jpg

わー、まだこんなにいるんだ!
これはまだかなり郊外の町で、この後、少しずつわが町に近づいてくるのをアイロン掛けながらテレビ観戦。

隣町あたりに来た時にはヘリコプターの音も大きくなってきてちょっと興奮し、家の近くや町の商店街の辺りを自転車が走り抜ける時にはしっかり目をこらしてテレビを見つめました。笑
いつも見慣れている風景をテレビで見るのって、ちょっと嬉しいですよね♪

近くにいると一瞬で走り抜けていくと思われるこのプロ集団。
わが町からゴールのバッキンガム宮殿まではたったの15分で到着していました。
信号がないとしても、さすがに速い!

このイベント、何も予備知識がなかったわりにはかなり楽しめました。
普段ロンドン市内を走っているサイクリストの人達は、どこでも全速力で飛ばしたり、ちょっと攻撃的だったりする人が多くて危ないので、歩行者や車を運転するロンドナーには一般に不評なのです。
でもこの日はプロじゃない人達も閉鎖された道路を思い切り走れて気分が良かったのではないでしょうか。

自転車は楽しく乗りましょう♪
元サイクリストからのお願いでした!笑
e0114020_00571459.jpg

*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23518473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワールドベンチャーズ at 2015-08-10 22:51 x
楽しく拝見しています。ロードレースとはいえ、ビミョーにゆるい感じがいいですね♪
Commented by londonsmile at 2015-08-10 23:14
*ワールドベンチャーズさん*
ありがとうございます。私が見たのは本格的なレースじゃないと思うのでゆるかったんだと思います。ほんとのレースはすごく速そうでしたよ!
by londonsmile | 2015-08-04 03:59 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile