駅弁の話いろいろ

前回、日本の駅弁気分でお寿司を持って電車に乗り込んだという話をしましたが、ブログやFacebookにいただいたコメントにお返事しているうち、日本以外の国で経験した駅弁(と車内弁)のことをいろいろ思い出したので、話題が変わらないうちに今日はそのお話を。

私は本当に前から乗り物に乗って飲食するのが好きだったようで、2007年にインドに行った時の記事にも同じようなことを書いていました(笑)。
その記事はこちら

ニューデリーからガンジス川のほとりのハリドワールという町に行く4時間半の列車の旅。
人で大混雑するデリー駅で何が何やらわからないまま乗り込んだ列車は、外国人やインドのビジネスマン風の人でいっぱいでした。
一等車だったようで、何も注文しなくてもいろいろ出て来て楽しかったのです。
e0114020_21225733.jpg

まずは朝刊と紅茶とビスケット。
たしか紅茶はティーバッグではなく、紅茶として水筒のようなポットで出て来た気がします。
遠足気分がさらに盛り上がってよろしい♪
個人的には、ニコニコ顔の付いたお砂糖の袋がとても気に入り、中身を出して、今も手元にとってあります。

e0114020_21231866.jpg


次に出て来たのはインド版のお弁当。
駅弁ではないけれど、給食のようにきっちり収まった感じがお弁当っぽいでしょ。

この時の記事によると朝ご飯のような時間だったようです(細かいことは忘れてしまった・・・汗)。
向こう側の紙袋に入った食パンに、手前のアツアツのカレー味コロッケをはさんで食べた思い出が蘇ってきました。
コロッケサンドって日本人にも懐かしいですよね。
そしてもちろん車内はカレーの香りでいっぱいでしたよ。

この列車の旅、デリー駅まではガイドさんが連れて行ってくれたものの、実際に移動したのはインディーと2人だけでした。
とにかくどこを向いても大混雑で、車内アナウンスもあるんだかないんだかよくわからず、いくつめの駅で降りるのかもわからず、駅名の表示もよくわからず、列車が停まる度に真剣にキョロキョロと周りを見回していたことを思い出しました。
あの時の不安な気持ちも、この楽しい車内食経験と一緒になって、今では良い思い出です。

e0114020_18052445.jpg
(今回ヨークに向けて出発したロンドンのキングスクロス駅。
最近改装されて、すっかりモダンに生まれ変わりました)

そしてヨーロッパ全体で駅弁という感覚がないのでは?という話になった時にふと思い出したのが、イタリアでのこと。
もう20年以上前のことですが、イタリア国内を列車で移動した時、たしか紙袋に入ったパンとチーズとワイン(小瓶)のランチセットのようなものをターミナル駅で買った覚えがあるのです。
駅はミラノだったかなあ。
そしてパンじゃなくて、ハムか何かがバゲットに挟まったサンドイッチだったかなあ。

例によって車内での飲み食い好きな私は、「おお、これぞイタリア版駅弁!」と思ったので、忘れっぽい私にしては珍しく、そういうものがあったことだけはしっかり記憶に残っています。
そして今思えばその経験があったから、私はイギリスでも駅弁的にご飯を食べるような気がなんとなくしていたのかもしれません。

このイタリア版駅弁、どこかに書いていないかなとググってみたところ、ウィキペディアの「駅弁」の項目

「イタリア北部・中部の各地では肉料理に野菜、パスタ、パンかサンドイッチ、小瓶のワインを合わせた食事セットが販売される鉄道駅がある・・・」

とありました。
ということは、逆にイタリア版駅弁自体がヨーロッパでも珍しかったんですね!

同じ記事によれば、そうはいってもイタリア版駅弁は日本ほど各地の特徴はないとのこと。
ヨーロッパの列車は乗車時間がそれほど長くなくて、食堂車が発達していたので、駅弁ができなかったのだろうとしています。
はるほどー!

食堂車っていうのも旅のロマンでいいですよねー。
子供の頃、食堂車に行きたいのに、「家から持ってきたお弁当があります!」と母に言い渡されてちょっと寂しかった思い出が(笑)。
母のお弁当がイヤだったのではなくて、子供心に新しいものを経験して旅行気分を味わってみたかったんだと思います。

同じウィキの記事に戻ると、東北アジアでは駅弁がいろいろあるものの、やはり日本ほど特色があるものではなく、「駅弁の文化・意識はほとんど日本固有である」とも言い切っています。
そうなんだ。日本の駅弁文化、バンザイ!

e0114020_21553818.jpg


そうはいっても、ウィキに載っていたこの台湾の駅弁、おいしそう♡
台東駅で販売されているそうです。

たかが駅弁ですが、食べることだけに人の生活に深く関わっていて、その国の旅行事情、食文化も現れていて、比べてみるとおもしろいですね。

これからはイギリスのみならず、旅行先のどこででも、駅弁、車内弁、車内食の観察に力を入れたいと思います。
またご報告しますね♬


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23342631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-06-29 18:13 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile