イギリスで駅弁はどう食べる?

イングランド北部のヨークへは、ロンドンから電車で行きが2時間半、帰りが2時間でした(列車によって停まる駅数が違うので、所要時間も変わります)。

ロンドン出発が午前11時過ぎだったので、一人旅だし、電車の中でご飯を食べるとちょうどいいかなと思い、せっかくなら駅弁気分で♪と思い立ち、出発のキングスクロス駅で見つけた和食風のチェーン店でお寿司を買いました。

私はもともと駅弁が大好きで、日本で旅行する時はできるだけ名物の駅弁を買うし、どうしても時間帯や腹時計が合わない時はコーヒーを飲んだりして、電車の中で寛いだ気分になるのが大好きなのです。
ただインディーと一緒の時は車で移動することが多いので、これまでイギリスで駅弁を経験する機会はありませんでした。

e0114020_18341676.jpg
和食ブームのイギリス、特にロンドンでは、和食のチェーン店でこういうものはわりと簡単に手に入ります。
ちなみにこれはWasabiというお店。大きな駅によく出ていて便利です。

さて、駅弁を手に入れて、すっかり旅行気分で電車に乗り込むと、予約した席はたまたま4人掛けのテーブル席でした。
2人用の普通の席よりもゆったりしているので、それは有り難いのだけど、問題は電車の混み具合。

ロンドン郊外に行くような空いている車両をなんとなく想像した私は、何の気なしに一等車ではなく普通車を予約したのです。
でも、さすがに長距離電車は混んでいた!

私の前には中年のイギリス人のご夫婦らしき2人が、隣りにも東欧系の若い女の子が座っていて、そんなに広々という感じではありませんでした。
周りを見渡しても、ほぼ予約席で満席状態。
金曜日からみんなよく旅行するなあ。

e0114020_17234981.jpg

(これは終点近くなって撮った写真なので空席がずいぶんありますが、普通席の並びはこんな感じです)


さて、お昼の時間も近くなって、私の駅弁問題が深刻化しました。
4人掛けのテーブル席といってもそんなに大きなものではないので、ここでお寿司を広げた場合、どうなるか。

まず3人とも、お寿司のお弁当が珍しくてじっと見るだろう
→私が目の前でお箸を使ってお寿司を食べるのもじっと見るだろう
→もしかしたら海苔やご飯やお刺身の匂いがイヤかもしれない
→ここでお寿司を広げるのは迷惑かも。
(日本人は慣れていますが、外国の人には海苔やご飯もかなり独特の匂いがするようです)

うーむ。

こんな風に気にせずに堂々とお寿司を広げ、周りの人に説明したりして親しく話す、ということもできたのですが、この日はちょっとシャイモードだったのですね、私。笑

しかも周りの人達を見ると、お昼の時間なのに、全然それらしきものを食べていないのです。
前に座ったご夫婦はポテトチップスの小さな袋をいくつも取り出して大量に食べ、隣りの女の子はキットカットのチョコレートとコーヒーだけ。
近くにいた人達は家から持ってきたらしいサンドイッチをほんの少しささっと食べていましたが、それだけ。
どうやら全体に、長距離電車の中でゆっくりものを食べようと思わないようです。

などと観察するも、だからといって私の状況は変わりません。
でもこのままお寿司を平らな状態でヨークのホテルに持ち込むのはメンドウだし、周りは満席に近い状態で他の席に動けないし。

うーむ、困りました。

e0114020_17514526.jpg

(列車の中では本を読もうと思っていたのに、ついつい景色を見てしまいました。田舎の景色はいいですね!)


幸いなことに、列車が北に進むにつれて少しずつ人が降りていったので、1時半過ぎになって空いた2人席に移り、飲むようにさささっとお寿司をお腹に詰め込みました。
なんちゃって寿司とはいえ、お寿司久しぶりだったのにな。もったいない!笑

どうやらイギリスでは「駅弁」という感覚はあまりない、と知った列車の旅でした。

今回はイギリスのお昼の時間はなぜか午後1時頃であるということも関係していたかもしれません。
私の腹時計は未だに日本時間で、12時にはお腹が空いてしまうのですが、この日列車に乗っていた人は、電車の中では小腹を満たして、2時半に終点のヨークに着いてからゆっくり何か食べようと思っていたのかも。

というわけで、これからの私のイギリス観察のポイントとして、イギリス人が列車の中でどういう風に食べるのか、という点が加わりました。

ちなみに一等車は全部がゆったりした4人掛けの席で、無料でコーヒーや紅茶、軽食やお菓子、果物を車掌さんがどんどんすすめてくれて、ちょっとしたお姫様気分になれます(笑)。
また一等車に乗った時には、そのご報告もしますね!


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/23332038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SWの元住民 at 2015-06-28 11:24 x
ロンスマさん、はじめまして。
3年前までロンドンSWに住んでいた者です
お寿司のパッケージに「これはItsuのお寿司?WHOLE FOODSではないな…」なんて記憶を掘りおこしていました。
Wasabiだったのですね。すっかり店名が忘却の彼方でした。
日本はおいしいお寿司はあるけど、私の大好きなサーモンづくしや、カリフォルニアロールがロンドンお寿司のように普通に存在しないのが残念です。

さてさて、”長距離列車でちゃんとゴハンを食べる”ということですが
フランスの長距離列車でも同じ感じを受けました。
朝食タイムに張り切って飲み物+パン持参で乗り込んだのですが、おいしそうに頬張る私と連れをオジイさんが「よーたべるな!」と見ておられました。
中国の長距離列車ではラーメン持参のお客の為にアツアツのお湯サービスがあるそうで…
お国違えば、いろいろですね^^
Commented by londonsmile at 2015-06-28 18:43
*SWの元住民さん*
はじめまして。コメントありがとうございます。
SWにお住まいでしたか!わが家もSWです。
Itsuのお寿司もいいですよね。実は私はあちらの方が好きかも。
こちらにいらした後に日本に戻ると、ロンドン風なお寿司が恋しくなるものなんですね。この国のサーモン、美味しいですもんね!

フランスの長距離列車でも同じでしたか!
大昔にヨーロッパを旅行した時、パンとチーズとワインが入ったランチセットが紙袋に入って駅で売られていて、「おお、イタリア版駅弁!」と思ったのですが、そういうのはもうないのかな。
本当にお国が違えばいろいろですね。これからも観察していこうと思います!
by londonsmile | 2015-06-27 18:09 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)

翻訳をしているラッシャー貴子です。元気な英国人夫とのロンドン生活もはや12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、とりあえず非公開コメントでいただけると嬉しいです。


by londonsmile