スイス式、家庭のチーズフォンデュ

土曜の夜は、スイス人のご近所さんにおよばれでした。
チーズフォンデュをするから来てね、と言ってくれたので、少し前からワクワク。

最後にフォンデュを食べたのはいつだろう?
もう十年以上は前のはずです。
しかもお家でチーズフォンデュってすごいなあ、さすがスイス人。
「マイお鍋」があるのかなあ、と、期待が高まっていました。

e0114020_09503705.jpg
じゃーん!これがホーム・チーズフォンデュ。笑
スイスの家庭では、やはり主に冬によく食べるそうです。
勝手な妄想ですが、家でチーズフォンデュをしているスイス人というのは、東京出身の私の中では「家でたこ焼きを焼いている関西人」というイメージ。
妄想ではあるのだけど、どんなチーズをどういう配分で合わせるか、など、それぞれの家庭にこだわりがあるようで、勝手な妄想はますます広がっています!笑

この日使ったのは、彼女がスイスに帰省した時にわざわざお店で調合してもらったというチーズで、これに白ワインとキルシュを少し混ぜたそう。
金属の長いフォークのようなものにパンを刺して、時計回りにパンを回してチーズをからませます。
時計回りが幸運なんですって。
そしてパンをチーズの中に落としちゃうのは不吉なんだそうで、たまに誰かが落とす度に彼女は「あー!罰ゲームだよ!」と大騒ぎでした。笑
もちろん罰なんかなかったのですが、そういう騒ぎもお楽しみのうちのようです。

以前に日本の2時間ドラマかなにかで、「チーズフォンデュを食べながら夫に冷たいビールを飲ませ、食後にお腹の中のチーズが固まって夫は自然に死ぬ」という殺人計画の話があって、それ以来、私の中ではチーズフォンデュはちょっとした怖い食べ物(まさに「テレビの見過ぎ」!笑)。

でも本場スイスの人達も、「食事中に飲むならワインかなにかにしてね。もしアルコールの入ってないものを飲みたかったら温かいお茶煎れるからね」と真顔で言っていました。
チーズフォンデュを食べたぐらいでそう簡単に死んだりしないでしょうけれど、一緒に冷たいもの飲むと消化不良になることはよくあるそうです。

ちなみにフォンデュにはやっぱり白ワインがとても良く合うそうで、次はキルシュ。
パンをチーズに付ける前に、ちょっとキルシュを浸してから、という大人な食べ方も教わりました。
でもこれはアルコール摂取量がますます増えます!笑

e0114020_10015570.jpg
食後もスイスチョコで。
私が食べたのは大好きなプラリネ味で美味しかった♪
パッケージもかわいいですよね。

フランス系スイス人の彼女は、手づくりガレット・デ・ロワの会をしてくれたりして、いつもワイワイ楽しい集まりに呼んでくれるので、今回もワイワイかと思いきや、ちゃんと着席のディナーの大人の会でした。
他の人達は、彼女の親しいお友達。
ご近所さんの彼女が、インディーと私のことを単なるご近所さんというだけでなく、普通の友達と思ってくれているんだなあとちょっと感動した夜でした。
もちろん私たちも同じように感じているので。

今夜お会いした他のお友達も、あちこち旅行していて見識が深く、国境を越えて大活躍中の人達で、面白い話がたくさん聞けました。
白ワインとキルシュと楽しいお話でゴキゲンなワタクシ。
明日の日本行きの飛行機に間に合うように、今から荷造りがんばります!


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
家でもチーズフォンデュするんだね、さすがスイス人と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22896956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uuu at 2015-03-22 16:24 x
ふぅ〜ん、時計回りは幸運を呼ぶとか落とすと不吉とか。
初めて知りました!
何だか真剣勝負って感じになってきますね^_^
でも、縁起を担いだりして 万国共通ですね。
それが生活の営みというものでしょうか。
ご近所さんにお呼ばれのインディーさん、ロンスマさんならではの心温まるお話、ありがとうございました??
Commented by tortilla at 2015-03-22 18:21 x
こんにちは。初めてコメント書かせていただきます^^コメントは誰でも書けるのかな?と疑問に思いつつ^^;いつも楽しくブログを拝見しております。とても文章がお上手でいつも引き込まれるように読んでいます。チーズフォンデュ美味しそうですね!私は現在マレーシアに住んでいて、何年か前に友人のスイス人ファミリーにチーズフォンデュパーティーにおよばれしました。やはりロンスマさんが書かれているように、何種類かのチーズと白ワインたっぷりの大人なお味で写真のようなポットで出てきました。私は関西人ですが、確かにたこ焼き器とダブるような感じも(笑)私はアルコールにそんなに強くないため、少々酔っぱらいそうだったのを思い出します^^;彼女もスイスに帰った時にフォンデュ用のチーズをミックスで入手したと言っていました。パンや、ポテトなどもあった記憶が・・。南国マレーシアですが、エアコンの中で頂きました・・^^やはりフォンデュは冬のイメージですよね♪ポットが可愛いですね^^
Commented by londonsmile at 2015-03-22 20:27
*uuuさん*
ねー、時計回りなんていう決まり、面白いですよね。
本当に世界中どこに行っても、きっとこういう決まりってあるんでしょうね。
新しいことを知ったり、新しい人に会ったり、刺激的な夜でした。
こちらこそ読んでくださってありがとうございます♪
Commented by londonsmile at 2015-03-22 20:31
*tortillaさん*
こんにちは!はじめまして。
いつもブログを見てくださってありがとうございます。もちろん、どなたでもコメントできるんですよ♪お気軽に書き込んでくださいね。
tortillaさんはマレーシアにお住まいなんですねー。やはりずっと熱いでしょうか。エアコンの中でチーズフォンデュっていうのも、スイス人のお友達の心意気を感じてすてき!笑
そしておお!関西ご出身の方に同意していただいて、すんごく嬉しいです!スイス人同士で「どんなチーズを入れるべきか」と話している雰囲気にフォンデュ愛とこだわりを感じて、なんとなくたこ焼きが浮かんだんです。そしてそうですね!もちろん、たこ焼き器とポット、似てますね〜!これは私たち、大発見かもしれませんよ♪笑
海外にお住まいだと外国人の方とおつきあいしたり、日本を外から見たりする機会も多いことだと思います。そういう話をどんどんしていきたいので、よかったらまた遊びにいらして、tortillaさんのご経験、教えてくださいね!
by londonsmile | 2015-03-22 10:13 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile