外はカリカリ中はもちもち、家庭のぬくもり、クランペット♪

以前にティールームのことを書いた時、私が食べたのは「どんな味のクッキーですか?」といコメントをいただきました。
何味だっけ?と写真を見てみたら、それは「クランペット」というものでした。
表面がぶつぶつしていて、確かに大きなクッキーにも見えるんです。

日本ではあまり馴染みがない食べ物じゃないかと思うので、今日はそれをご紹介しますね。

e0114020_17384907.jpg

これがクランペット。
パンの一種ですが、味や食感は、パンとパンケーキの中間、という感じ。
見た目はイングリッシュマフィンに少し似ているものの、こちらはほんのりした甘みがあるんです。

ウィキペディアでちゃちゃっと見てみたら、「塩味の、または甘い軽食パン」と書かれていました。
アングロサクソンが発明した食べ物のようですね!
例の特徴的なプツプツした穴はベーキングパウダーの効果のようです。

見た目も同じような感じで袋に入って売っているのですが、売られているのは半生の状態なので、トーストしてから食べましょう♪
インディーによれば、パンをトーストする時よりもすこし長めに、オーブングリルを使うなら、プツプツ穴の開いている方を2分、裏返して2分、そしてまた表にして1分ぐらい、と、彼にしては慎重なアドバイスをくれました。
クランペット愛を感じます(笑)。

古い時代の映画を見ていると、暖炉のそばに座ったお父さんと子供が、長い鉄の串やフォークなどにクランペットを刺して、直火であぶって食べているシーンが出てきます(なぜかたいていお父さんなのです。お母さんは他の家事で忙しいのかもしれません)。
子供が沈んでいると、お父さんは「ほら、クランペット食べなよ」とか言って子供を慰め、あるいは1日の終わりに親子でしみじみと話をしながら2人でクランペットを食べる。
たいていはほのぼのしたシーンなんです。

古い時代だけでなく、インディーが子供の頃も、お昼にごちそうを食べた日曜日などは、晩ご飯はクランペットで軽く済ませるということもあったようです。
クランペットはトーストよりもお腹にずっしりくるので、無理矢理あてはめると、おにぎりを食べたような感じになるのでしょうか?笑

クランペットにはなんとなく懐かしい香りがする気がして、味もさることながら、その家庭的な温かさに魅かれるのかもしれません。

そして、時間をかけて焼き上げてみると、外はカリカリ、中はもっちりという幸せな食感になるんですよ♪

e0114020_16292993.jpg

クランペットの断面図。
プチプチの穴は下まで通っていて、ここにバターがたっぷり浸みわたるので、さらに美味しい♪
これくらいじゃバターが足りない!とイギリス人からはツッコミが入りそうですが、私の胃袋は日本人なので、このくらいで十分(笑)。

ちなみにクランペットを出しているお店は少なくて、たいていはイギリス風のティールーム。
朝ご飯に食べる人は少なそうなのでホテルの朝ご飯のビュッフェにも出て来ないし、アフタヌーンティーのメニューに入れるとお腹がいっぱいになっちゃいそうだし、やはり家庭的なお茶や軽食に向いているようです。

ちなみにクランペットの裏側はぺったんこ。
これがまたカリカリの食感を引き立ててくれるんです。

e0114020_16594266.jpg

私はバターだけを付けて、ほんのり甘いクランペットそのものの味を味わうのが好きですが、ママレードやジャムを付けるのも美味しい♪

暖かくなってきたとはいえ時々肌寒い今頃の季節、アツアツのクランペットで心も体もあたたまってみるのもいいですね。うふふ。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
クランペットって初めて聞いたよ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22885492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by heartart39 at 2015-03-18 12:17
今日は仕事用のブログからお邪魔します。

うわ〜なつかしい。
イギリスに一ヶ月語学留学していたときよく買っていました。
マフィンではなかったんですね。
この、微妙な感じ?が好きでした。
トースト必須だったのは初めて知りました。
ハムとか挟んで学校に持って行っていました。
食べたもの色々、懐かしいな♪

レイコ
Commented by londonsmile at 2015-03-18 18:28
*レイコさん*
わー、ご存じでしたか!
1ヶ月のご滞在で、クランペットを試してみたとはお目が高い!笑
イングリッシュマフィンって真中から割ってトーストしますよね。これはそのまま焼くんです。食感が独特ですよね。
あ、でも焼かずに召し上がってましたか。それも大丈夫なら半生ではないのかな。イギリス人は温めて食べるのが好きみたいです。
ハムなんかを挟んだら、しっかりしたお弁当になりそうですね。今度やってみようかな♪
by londonsmile | 2015-03-17 17:01 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile