広くて心地よい空間、Holborn Dining Room

年明け早々、韓国人のお友達キム姉さんご夫妻と私たちで、のんびりランチをしました。
この日は「韓国に単身赴任中」のご主人が「帰国中」だったのです。ややこしい(笑)。

大英博物館周辺に詳しいキム姉さんが選んでくれたお店は、Holborn Dining Room
入ってみると、なんだかすてきな佇まいでした。

e0114020_06183853.jpg
見た目はパリ風なイメージですが、サイトにはブリティッシュ・ブラッセリーと書いてあります。
英国の食べ物を出すフランスのお店ってこと?なんか複雑(笑)。
フランス風のセッティングで英国料理を食べようということかな。

このお店、どことなく見覚えがあると思ったら、少し前までセレブシェフのジュン・タナカさんがいたPearlというレストランがあった場所でした。
もちろん内装は全部変わっているのですが、天井の高さなど建物の構造は変えられませんもんね。
Rosewood Hotelという落ち着いた感じのホテルの中にあって、重厚ですてきな建物なんです。

このレストラン、ホテルの中にあって朝から夜まで営業していることもあり、宿泊客の人も気軽に利用しているようです。
新年早々だったこともあって混んではいませんでしたが、もし賑わっていても広い空間に席がたっぷりあるので、座れないということはなさそう。
話が盛り上がってつい長居してしまったのですが、全く問題なしという感じで、放っておいてくれました。

ちなみにウェイターさんはカッコよくておしゃれな人が多く、ホテルなので感じもいいんです♪
女性も感じはいいのですが、男性は特にすてきな人が多かったなあ。

肝心のご飯ですが、週末だったのでブランチメニューになっており、パンケーキやポリッジ(オーツ麦のミルクおかゆ風)のような朝ご飯らしいものもありました。
全体に、イギリスとかアメリカっぽいお料理のメニューだったように思います。

私たちはしっかり前菜とメインを選びました。
e0114020_06241386.jpg
前菜はたぶんブランチメニューにあったアボカドとトマトのサラダ。
これがトーストに乗ってくるとは知らず、メインもフィッシュバーガーにしてしまい、妙にパンが多いことに(笑)。
でも、きめが細かくて美味しいパンだったので良かった!

私はこんなカジュアルなものでしたが、ステーキやサンデーロースト(これは日曜日のみ)やもちゃんとあって、インディーのローストチキンは、添えてあるヨークシャープディングもふっくらしていて美味しそうでした♪

週末は、デザートは既に並んでいるところから自分でチョイスするのだそうです。
といっても食べ放題というわけではないので、ご注意を(笑)。
でも、きれいに並んでいる甘いものを見比べて選ぶのって楽しいですよね♪
ちなみにこの日デザートが並んでいたスペースは、週日はデリになっていて、コーヒーやパンなどの持ち帰りができるようです。

大英博物館に行くと、周りに観光客相手のお店が多い上、とても混んでいがちですが、そこから比較的近いこのお店は席もたっぷり、しかも感じが良くて長居も大丈夫なので、観光の休憩を兼ねた食事にいいかもしれません。
ホテルの中にあるといっても、このお店自体は道路に面しているので入りやすいし、知っておくと便利なお店だなと思いました。

かなり久しぶりにお会いしたキム姉さんのだんな様は、冗談のセンスにさらに磨きがかかっていて、大笑いしっぱなしの楽しい時間でした。
おしゃべりが弾む友達と新しいレストランを試してみるのって楽しいですね!


****************
ブログランキングに参加しています。
大英博物館のそばで広いレストランっていいね♪と思ってくださったら、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22734464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-01-17 09:17 | すてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile