ロンドンで一番古いレストランでクリスマス気分♪Rules

日曜日は、お友達とその息子さんと一緒にクリスマスランチに行ってきました。
このお友達とインディーはお誕生日が同じなので、2人のお祝いも兼ねてもいたんです。

待ち合わせたのは、ロンドンで一番古いと言われている英国料理のRules
創業200年以上という歴史あるレストランで、チャールズ・ディケンスも、数々のロイヤルファミリーもご飯を食べたそうですよ!

e0114020_07581623.jpg
ランチの前に、クリスマスを前に賑わう街をちょこっとお散歩してみました。
まずはコベントガーデン。
デコレーションは去年とあまり変わらないようですが、観光客もひときわ多くて、午前中から人も多くて賑やかでした
お土産や、クリスマスプレゼントを選んでいるのか、みんな楽しそうだったなあ。
e0114020_08033234.jpg
右下のパエリアの大きさにご注目!
観光地ではたまにこういう大きい鍋を見かけますが、久しぶりに見たら、改めて大きいなあと感心しちゃいました。

などと言っているうちに時間が近づいたので、コベントガーデンからすぐそばのレストランへ。
e0114020_08064974.jpg

ホテルのようなゴージャス感ではないのですが、重厚で落ち着いていて、なんだかごちゃごちゃと飾り付けられている感じが英国風で大好きです。

Rulesはゲーム(狩りをして獲る肉で、フランス語でいうジビエですね)も有名で、専用の土地も持っているそう。
ローストビーフも美味しいので迷ったのですが、クリスマスらしいメニューと勧められた「刻んだ栗や野菜が添えられたハム(照焼風に周りに甘めのたれを付けて焼いたようです)」にしました。
e0114020_08111942.jpg

デザートは洋梨のスパイス煮とチョコレートシャーベットでしたが、全体に見た目が地味でしたね!笑

右上の飲み物は、ブラックベルベットというシャンパンとギネスを混ぜたカクテル。
それぞれの味が混ざって、より深い味わいになっていました♪
こういう飲み物を金属の入れ物で出してくれるのも、昔の人になれた気分で嬉しくなっちゃいます。
(ワインはちゃんとワイングラスで出てきます!笑)

前にも書いた気がしますが、このお店はある皇太子がお忍びで女性と会っていたことでも知られているそう。
その時は裏階段を使って、二階でひっそり食事をしたそうですが、こんな感じだったかなー。
e0114020_08123126.jpg
今でも2階で食事をすることができますが、メニューは軽めのものに限られるよう。
皇太子と会っている気分で、いつか2階でご飯を食べてみたいなあと思っています♪

雰囲気も良いのですが、Rulesはホントに美味しいのです。
ここのローストビーフは私の人生の中でダントツ一番の美味しさだし、蒸したパイも美味しいし、お魚も。
イギリスはご飯が美味しくないと思っている方、ぜひぜひいらしてみてください!
パブとは違う美味しい英国料理を食べられると思いますよ♪

お腹いっぱいでお店を出た後は、やはりお散歩が必要だったので、チャイナタウンからレスタースクエアの方を通ってみました。

レスタースクエアでは、ちょっとしたクリスマスの遊園地を発見。
これは東京でたとえると、渋谷や新宿のど真ん中に遊園地があるのと同じようなことなので、突然現れた遊園地にびっくりでした。
e0114020_08194519.jpg
なかなか本格的ですよね。
この後、人混みの中をピカデリーサーカスまで歩いてみましたが、本当に人が多かったー!
わが家は2人ともあまり人混みが得意じゃないので、その意味では大変でしたが、でも街の様子や人が何をしているかを見ることができて嬉しく、クリスマス気分が盛り上がりました♪

ちなみに昨日はパニックサタデー(パニックする土曜日)と呼ばれて、クリスマス前の買い物をする人で売上げがかなり伸びたそう。

クリスマスまであと4日。
わが家はまだ飾り付けもちゃんと終わっていません・・・!


****************
ブログランキングに参加しています。
歴史のあるすてきなレストランだね♪と思ってくださったら、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22667951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2014-12-22 09:12 | すてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile