やっと見てきました、ロンドン塔の赤いポピーのインスタレーション(追記あり)

今、ロンドン塔のお堀が赤いポピーで埋め尽くされています!
これは第一次世界大戦勃発から100年の今年、特別に行われたアートの展示。

かなり話題でめちゃくちゃ混んでいると聞いたのですが、ご近所の奥さんが「やっぱり近くで見ると感動する!」と言っていたのを聞き、やっぱり遅まきながら私も見に行ってみました。
そしてやっぱり感動しましたよ!

e0114020_22513094.jpg
近づくと、陶器で作られたポピーの鮮やかな赤が目に飛び込んできます。
でも、ここまで近づくには、人をかきわけたり、辛抱づよくフェンス際の場所が空くのを待ったりして、大騒ぎ(笑)。
女王様が見学されたりしたこともあって大評判になり、今週のこの日も本当に混んでいました。

e0114020_22254924.jpg

もともと観光客で大賑わいしているロンドン塔周辺ではありますが、それににしてもこんなに混んでいるのは初めて見ました。
私の最寄り駅に既に「ポピーの見学で大変混雑しているので、(ロンドン塔の最寄り駅の)タワーヒル駅は使わないでください!」というポスターがあり、そんなオオゲサな、と思いましたが、この日は午前中にもかかわらず、本当に周辺駅(私はモニュメント駅を利用)から既に混み始めていましたよ。
最寄り駅は、あまりの混雑のために何度か閉鎖されたそうです。
e0114020_22310455.jpg
(右側は戦没者に関する詩のようです:For The Fallen by Laurence Binyon)

さて、なぜ赤いポピーが飾られているのか?
ちょっと長くなりますが、まずは背景を少し説明させてくださいね。

毎年この時期になると、イギリスでは11月11日の戦没者追悼記念日(リメンバランス・デー、Rememberance Day)に向けて、赤いポピーのバッジを胸に付けます。
こんな風に。
e0114020_08455763.jpg
こちらはキャメロン首相(The Guardian紙から拝借した写真です)。
その他、ニュースキャスターも、政治家も、一般の人も、タクシーの車にも、いろいろなところでこの赤いポピーのバッジを見かけます。
(ちなみにスコットランドの赤いポピーには葉っぱがないとか。
こんなところにもスコットランドの独自性が出ているんですねぇ!)

もともと赤いポピーは、第一次世界大戦の激戦地だったフランダース地方にポピーがたくさん咲いていて、赤い色が血を思わせることから、戦没者追悼のシンボルとして使われるようになったそうです。
カナダ軍医のジョン・マックレア(John McCrae)がその地について書いたIn Flanders fieldsという詩の影響もあるのだそう。

そして大戦後の1920年代、The Royal British Legion(英国退役軍人会)という団体がこの赤いポピーをバッジにして販売し、第一次世界大戦の戦没者や遺族のための寄付を集めるチャリティーを始めました。
日本の赤い羽根に似ていますが、赤いポピーが戦没者のシンボルとして定着している背景があってのバッジ販売なので、赤い羽根よりももっと規模が大きいというか、もっと人々の心に深く浸透しているようです。
寄付だけでなく、戦没者を思ってポピーを身につけること自体に誇りを感じている人も多いみたいだし。
日本だと赤い羽根に寄付してもそれを身につけない人(特に男性)も多そうですよね。
ちなみにバッジはプラスチック製、金属製などがあり、1つ2ポンド(約360円)から5ポンド(約900円)ほどのようです。
(スーパーなどで独自のものを作っているところもアリ)

赤いポピー自体が戦没者のシンボルなので、戦没者追悼記念日が近づくこの時期、バッジの他にも、あちこちにこのポピーが使われます。
市内で無料で配布されているEvening Standard紙が名前の部分に大々的に赤いポピーを表示したり(下の写真)、毎年行われる戦没者追悼の式典でも赤いポピーを供えたり。
上の写真の地下鉄のポスターも、右側の詩の引用の周りには赤いポピーが描かれていますよね。

e0114020_08490698.jpg

と、長くなりましたが、そんな背景の中、今年は第一次世界大戦勃発から100年ということで、このBood Swept Lands and Seas of Red(「血に染まった土地と赤い海」)と呼ばれるインスタレーションがロンドン塔に設置されたというわけです。
(はー、長かった!全部読んでくださった方、お疲れさまでした)

このインスタレーションのポピーは陶器で手づくりされていて、8月からロンドン塔のお堀の部分にひとつひとつ設置されてきました。
ポピーの数は第一次世界大戦で命を落とした英国軍人の数と同じ88万8,246本というものすごい数。
(英国軍人にはカナダ、オーストラリアなど大英帝国時代の植民地からの兵士を含むようです)
一気に完成させず、ひとつずつ丁寧に設置し続けて、追悼記念日の11月11日に最後の1本を植えて完成するというのもポイントのようです。

88万本以上のポピーは、ロンドン塔の周りを三方ぐるっと囲んで、圧巻です。
空中から撮影したと思われる写真でご覧下さい。

e0114020_22204065.jpg
(写真はサイトから拝借しました)

ね、向こう側に見えるタワー・ブリッジやテムズ川の大きさと比べても、すごい規模でしょ。

この赤いポピーがシンボルとなった戦没者追悼、もともとは第一次世界大戦の犠牲者を対象にしていたものの、最近では第二次世界大戦の犠牲者も含む、とか、英国だけでなく他の国、敵国さえも含む、という解釈も出ているようで、世界平和を祈る動きにも通じるものがあるようです(←あくまで私が周囲の人から得た印象です)。

実を言うと、引っ越して間もない頃には、この戦没者追悼をあまり素直に見ることができませんでした。
日本が戦地になっていないせいか、第一次世界大戦と言われても私にはあまりピンと来なかったし、さらには第二次世界大戦では日本は英国の「敵」だったので、なんだか罪悪感があって。
(こちらでは今でも第二次世界大戦の戦勝記念日を祝う地域もあって、そういう場面に遭遇すると、ちょっと居心地が悪いのです)
でも最近になって、戦争で犠牲になった人全般を追悼するという大きな解釈も一部にあると知り、そういうことなら参加したいなあと少しずつ思えてきたところです。
まだバッジを買ってみたことはありませんが、来年はやってみようかなあ。

このインスタレーション、先ほども言ったように本当に大混雑で、お堀の周りをさらに人がぐるりと取り囲んでいます。
普段のロンドン塔には外国人観光客が多く、英語が聞こえることの方が少ないくらいですが、この日はずいぶん英語が聞こえ、そしてやはり年配の方が多かったと思います。

e0114020_22291860.jpg
上の写真端に写っているのが陶器のポピーの見本。
これを1本25ポンドで買うと、展示が終了した後にポピーが手元に送られてくるそうです(現在ではポピーの販売は終了している模様)。
知り合いの方は自分用、息子さん用、娘さん用と1人で3つ買ったそうで、身近に犠牲者がいる方はこうして戦争の悲惨さを忘れないようにするのかもしれません。

この大きなインスタレーション、近くで見ると、お堀を埋め尽くす赤い色はやはり圧巻。
これだけたくさんの数の命から、こんな風に血が流れたんだと思うと、本当にとても切ない気持ちになります。
写真で見た時もすごいと思いましたが、そばで見ると胸に迫ってくるものがありました。

e0114020_22481863.jpg
ところどころに塀にもポピーが設置されていて、血が流れている様子を思い起こさせます。
ここの部分、正面から写真を撮ってみたかったのですが、それをするには別の列に並び直しになるので断念。
代わりにBBCで見つけたこの写真をご紹介しますね。

e0114020_23042691.jpg
(BBCの写真です)

この展示は夜もライトアップされています。

あまりに評判になったので、展示を延長してほしいという声が高く上がり、一部は11月末まで展示を延長することが決まったようです。
その後はやはり一部がImperial War Museum(戦争記念博物館)に設置されるようですよ。
(追記:当初、展示期間が延長されると書いていましたが、延長は一部だけだとわかったので訂正しました。
最初に読んでくださってた方、ごめんなさい!)

インスタレーション自体はロンドン塔の中に入場せずに無料で見ることができます。
延長されたとはいえ、本当に混雑しているので、ご興味のある方、できれば早めのお出かけを。
英語のみですが、このインスタレーションの詳細が掲載されたサイトはこちらをどうぞ。

これほど大規模なインスタレーションはなかなかないし、実際に見ると心の揺さぶられ方が違います。
ロンドンにお住まいの方、あるいは観光でいらっしゃる方、ご覧になってみてはいかがでしょう?
英国人でなくても、きっと何か感じるものがあるんじゃないかなと思います。

明日、日曜日は戦没者追悼の日曜日(Rememberance Sunday:11月11日に一番近い日曜日)で、記念式典や午前11時からの2分間の黙祷が行われます。

世界が平和でありますように。

e0114020_22465132.jpg



****************
ブログランキングに参加しています。
今日は長くなっちゃいましたが、最後まで見てくださってありがとうございました。
いろいろ考えさせられるねと思ってくださったら、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22552475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まや at 2014-11-09 20:36 x
こんにちは。ちょうど昨日地下鉄でTower Hillの駅を通過したとき、ホームが超混雑で何事かと思ったのですが、きっとこの展示があったからですね。
私はこの展示、8月の末頃に見に行ったのですがそれほどの混雑もなく、ポピーもお堀の半分ほどが埋まった状態でした。日本人には、太平洋戦争や日露戦争などに比べると印象の薄い第一次世界大戦ですけど、イギリス人の中では参戦した家族がいるとか、今でもいろいろな思いがあるようですよね。
元々は私も第一次大戦にはあまりピンと来なかったし、毎年11月の追悼記念日にも思い入れはなかったけれど。
戦没者の数も数字で見るより実際に花にして植えてみると、その数の膨大さを実感。
こうした展示をする事でより多くの人に戦争の悲惨さや平和への関心を持ってもらって、少しでも多くの人が平和を願うようになると良いな、と思いました。
Commented by londonsmile at 2014-11-10 04:11
*まやさん*
こんにちは。おお、あの駅を通ったんですねー。やっぱり混んでましたか!学校のハーフタームのお休みとか女王様の訪問で、見に行く人がどんどん増えて大混雑のようです。8月はまだ半分くらいだったんですねー。今はほぼ完成に近くて圧巻でしたよ!
日本も第一次世界大戦は参戦していますが、戦地になっていないし、その後の戦争がとにかく影響が大きかったので、あまりピンときませんよね。でも今回これを見て、これだけの数の人が亡くなったんだと呆然としました。
この展示自体は戦没者の追悼ですが、これが平和への願いにつながっていくと信じたいです!
by londonsmile | 2014-11-08 23:29 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile