パサッ、ポン、ゴーーン!

このタイトル、これが最近、毎日のようにわが家で聞こえる音なんです。
その正体はこの方々。
e0114020_7251416.jpg
栗の実の一種なんですが、日本で見るのとイガイガが違いますよね。

これはhorse chestnut(ホースチェスナッツ)になる実。
この木、日本語ではセイヨウトチノキというそうですが、マロニエと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

イギリスではよくconker(コンカー)と呼ばれるこの実、栗によく似ているのに、残念ながら食べることはできません。
この実に糸を通して相手の実と戦わせ、実が割れた方が負けという子供の遊びがイギリスにはあって、インディーも子供の頃やったそうですが、ゲームやタブレットもある最近は子供達もますます忙しいのか、私自身はこうして遊んでいる子供達を見たことがありません。

このしっかりしたイガイガ、なんとも宇宙的な感じがして、初めて見た時は本当に驚きましたが、今では秋の風物詩として、見ないと落ち着かないくらいです(笑)。
トゲの部分は、もちろん、触るとかなり痛いんですよ。

マロニエの木は背が高いものが多くて、このイガイガを近くで見られるのは、主に実が地面に落ちてから。
そして今は、実が落ちる季節真っ盛りで、少し風が吹くと、いえ吹かなくても、結構な頻度でパサパサと実が落ちてきます。

マロニエの実は、イガイガごと地面に落ちると衝撃でパカンと割れて、茶色い実が顔を出すようになっていてます。
こうやって繁殖しようとしているんですね。自然って賢い!
e0114020_7295638.jpg
(落ちていたイガイガと実を勝手に寄せ集めて復元してみたイメージです・笑)

そしてタイトルに戻りますが、こんな小さな実が落ちたくらいで、ポンとかゴーンっていうのはオオゲサだなあとお思いかもしれません。
でもわが家の近くでは、そうなるのです。

というのも、わが家はフラットで、敷地内に住人の車を駐車しています。こんな感じに。
e0114020_725385.jpg
車の大きさと比べて、マロニエの木が高いことがおわかりいただけるかな。
たぶん4階建のフラットより高いと思います。

そして、実が木のすぐ下の柔らかい芝の部分に落ちれば「パサッ」なんです。
表面が固い道路の上に落ちると、「ポン」。
さらに、駐車してある車の屋根に落ちると「ゴーーン」!
ほんとにものすごい音がします。

おもしろいのは、車によって造りが違うようで、ある種の車(たぶん軽めの車)の上に落ちると、衝撃で穴があいたんじゃないかと思うくらいのボカーーンという音が轟くんです。
あわてて外を見てみると、どの車にも穴はなく、傷さえもない。
さすがのイガイガも、鉄の塊には勝てないようです。

この数日は毎日この音がずっと外に響いていて、仕事をしていても外ばかり気になっちゃって・・・(言い訳・笑)。
しかも今年は、家にいる時間が長くて、本当に1日中この音を聞いているせいか、こんなにしょっちゅう落ちてくるなら頭の上に落ちてくる可能性もあるかも、という恐怖にかられ始め、この道を歩く時はドキドキしちゃう始末。
だって、あんな高い所から落ちてきて、あんなに大きな音がするくらいなので、もし頭に当たったりしたら、かなり痛いでしょう?
しかもイガイガが刺さったりしたら(笑)?

子供の頃に「さるかに合戦」で、怒ったクリが火鉢から跳ねてサルを攻撃するというくだりを読んで以来、栗は加熱すると跳ねるものだとずっと信じて、高校生の時まで天津甘栗の屋台を避けて通っていた私。
(ある日、妹が真相を教えてくれて、めでたく解決しました。今でも笑われています)
栗はいつも私を脅かすようです。
食べるのは好きなんですけどね!
e0114020_7263635.jpg
甘栗の木も近くにあるんですが、残念ながらわが家近辺では実が小さいうちにみんな落ちてしまいます。
野生の鹿がいるリッチモンドパークでは、アジア人が栗を拾い過ぎて「鹿の分もとっておきましょう」なんていう貼り紙がしてあるとか。
イギリスでは日本ほど栗を食べない気がします。

それでも栗拾いが好きなようで、パサッ、パーン、ゴーーン(しつこい!笑)が響く中、つやつやしたマロニエの実を拾っている人をよく見かけます。
子供は特に好きですね。
e0114020_7315792.jpg
マロニエは食べられないし、何するのかなあとインディーに聞いたら、つやつやしてきれいだから拾って楽しむんでしょ、とのこと。
そういえば、ドングリも意味なく拾いますもんね。

ちなみに左の女性、ご近所の奥さんなんですが、ある快晴の日、実がばんばん落ちている中を悠々と日光浴されていました。
彼女にとっては「イガイガが落ちてくる恐怖<日光」のようです。
イギリス人が太陽大好きとはいえ、あの音の中でゆったり読書して、たまに音がするとゆっくり振り返るだけの彼女、心の底から尊敬します!

最後は前の家を買ってくれた奥さんから今週送られてきた写真。
私たちがなっちゃんと名付けていたリスちゃんの近影です。
e0114020_7265264.jpg
元気で良かった!

リスはこの季節、木の実を集めるのに忙しいのです。
食べきれない分は穴を掘って埋めるのですが、春になって、どこに埋めたのかわからなくなり、あちこちほじくっては「?」という顔をしているリスを見る、と友達が教えてくれました。
来年の春は、その顔を楽しみに探してみたいと思います(笑)。


****************
ブログランキングに参加しています。
栗が落ちて来るのが怖いなんて、こわがりだねぇ!と思ってくださった方(はい、そうなんです!汗)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/22417093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uuu at 2014-09-25 19:04 x
いいな、いいな〜〜!
自然満載なこの記事。
本当にこのブログ、私 好きだわ〜〜!
パサッ ポン ゴーーン!
何事が起きたの?と 思いきや^_^

おもしろい おもしろい!
やっぱり今回もたっぷり福をいただきました。

ありがとうございます。

やっぱりマロニエはつやつやしてきれいだから拾って楽しむのね。
インディーのお言葉に妙に納得????????

Commented by キンロス一美 at 2014-09-25 19:24 x
日本の栃の実と違って、すっごくアクが強いみたいなので、コンカー遊び(?)以外に使い道は無いのかと思っていたら、昨日のMetroに蜘蛛避けになるので、部屋の四隅に置くと良いって載っていたんですよ!

早速やろうと思っています♪
Commented by londonsmile at 2014-09-26 16:38
*uuuさん*
あはは、ありがとうございます。喜んでもらえて嬉しいです。
うちの周りはほんとに緑ばっかりなので、家にいると、木ばっかり見てるんですよ。
今年は特にこの音が気になっちゃって。
マロニエの実、落ちたばかりの時は本当につやつやしていてきれいなんですよ。あと、手で持った感触もひんやりして気持ちいいのです。
拾ってしばらくすると乾いちゃうのですが!
Commented by londonsmile at 2014-09-26 16:40
*キンロス一美さん*
おお、蜘蛛避けですか!どうしてだろう?不思議ですね。でも手軽でよさそう。
今年は蜘蛛が多いらしいので、試してみる価値ありそうですね!
by londonsmile | 2014-09-25 17:10 | お花大好き | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile