クリスマスプレゼント事情と今年ヒットのプレゼント♪

クリスマスにプレゼントはつきもの。
11月下旬になるとデパートやお店はクリスマスショッピングをするお客さんで賑わい始め、12月2週目ぐらいからの週末の街は大混乱になります。
12月後半になるとお店は商品を売り切るために最後のスパートでクリスマス前にセールを始め、カードやプレゼントを50%引で買えることもあるので、ギリギリまで待つ買い物客でさらに大賑わい。

今年のクリスマスもプレゼントをちょこちょこといただきましたが、今日はクリスマスショッピング観察とあわせて、今年のプレゼントのうちお気に入りの2つをご紹介しますね♪
e0114020_038088.jpg
いただいたプレゼントのお気に入り、まずはひとつめはこれです!
これは1ヶ月ぐらい前にドイツから遊びに来てくれた私のゴッドドーターのお母さんからのプレゼントで、キリスト降誕の飾り。
手のひらに十分乗っちゃうとても小さなものというのがまずかわいいし、木製というのもぬくもりがあって良く、お人形がまた平和で幸せそうな顔をしていて愛らしい♪

私はクリスチャンではありませんが、小さなもの全般が大好きな私の好みをよく知ってくれている古い友達からのクリスマスらしいプレゼント、とても嬉しかったです。

クリスマスのプレゼントは、イギリスでは基本的に当日までクリスマスツリーの下に置いておいて、クリスマスの朝に一斉に開けます。
でもこれは家での決まりごとで、大人同士やパーティーの場ではプレゼント交換をしたその場で開けることもあるよう。

クリスマスの少し前に食事をしていたレストランで、私達の隣りに座っていた男性4人組。
一人がプレゼントを渡す度に全員で開けて、プレゼントの内容についてあれやこれやと話し合っていて、とても楽しそうでした。
e0114020_4484159.jpg
ジョークが書いてあるティータオル(洗ったお皿を拭く布)を嬉しそうに見せている男性、なんかかわいい。
他にはカフリング、ユーモア本のセットなんかがあって、来年のプレゼントの参考になりました(笑)。
男性用のプレゼントって難しいんですよね!

カップルや親しい家族の間では特別なものを贈ることもありますが、友達同士ではチョコレートとかハンドクリームとか、ほんの小さなもので十分。
何でも持っている大人の人なんかには、おもしろグッズも人気で、私もよくこの手を使います(笑)。

大人のためのおもしろグッズは、美術館や博物館のお店に行くのが私のお気に入り。
その場にしかないユニークなものが、それほど高くないお値段で手に入ったりします(ものすごく高いものもあります、残念ながら!)。
私が特に好きなのは、大英博物館V&A博物館ナショナル・ポートレート・ギャラリー
こういう所に行くと、たとえば上品なユーモアが書かれたTシャツ、アートを上手に再現したTシャツや、ロゼッタストーンやロンドンバスを象ったUSBメモリ、シェークスピアの肖像画を表紙にしたノートなんかがあって、見ているだけでも楽しいですよ♪

そして今年の私のクリスマスプレゼントのお気に入り、もうひとつはこちら。
e0114020_031554.jpg
え?カメラのレンズ?
と思うでしょ。
でもこれ、親戚の30歳ぐらいの男の子からのプレゼントなので、そんなに高い物のはずはなく・・・(笑)。

上から見てみるとこんな風になっています。
e0114020_2324190.jpg
キャップにフタが?

さらにキャップ部分をとってみると・・・
e0114020_2325361.jpg
中は保温加工が!?

正解は、最近流行っている飲み物持ち歩き用の保温カップ(英語でflask)でした。
ほんとによくできていて、本物のレンズに見えますよね。

クリスマスの朝にプレゼントを開けた後、その男の子に「楽しくてすてきなプレゼント、ありがとう!」と携帯メールしたら、「この前会った時、大きなカメラで写真をいっぱい撮ってたから、写真好きなんだなーと思って」との返事。
おもしろグッズというだけで楽しいのですが、年に何回も会わないような男の子が私のことを見ててくれたんだなと思うと、とても嬉しかったです。
家で仕事している私には通勤がないのですが、ちょっと外に行く時、無理矢理にでもこれを持って出かけよう(笑)!

近頃ではクリスマスプレゼントもインターネットで買い物をする人が増えましたが、今年良く聞いたのが、ネットで買ったら配達が間に合わなくてプレゼントを渡すのが来年になっちゃう、という話。
クリスマスの後は元日までずっと休暇に入る人も多いので、クリスマス前にプレゼントを渡しそびれると、次に会うのは来年、ということもよくあるのです。
そして日本で年末に年賀状の仕分けで郵便局が忙くなるように、12月に入るとイギリスの郵便局や宅配の会社はクリスマスカードやプレゼントの発送と配達でてんてこまいになって、郵便全体がかなり遅れがち。

このプレゼント配達の遅れ、実はわが家でもありました。
何でも早めにするインディーさんですが、ネットでの買い物の配達が想像以上に大幅に遅れて、仕事関係の人に年内最後に会う時に間に合わなくなったのです。
仕方ないので正直に謝ったら、そのお客さんにも「ごめーん、うちも配達が間に合わなかったからまだプレゼント渡せないの。来年でいい?」と言われたとか。
あれ、これってもしかして、プレゼントが間に合わなかった人の新種の言い訳かも(笑)?

さらにびっくりしたのは、配達が遅れていることを会社に知らせたら、「もう1つ同じものを送るので、両方着いても送り返さなくてよい、1つ分は郵便局に保険請求するから問題ない」という返事があったこと!
「もったいない」とか「ムダ!」とか「悪いな」と思っちゃう私はナイーブな世間知らずなのか、昭和生まれの古い人間ということなのか・・・。

プレゼントって嬉しいですよね。
もらうのもあげるのも大好きです。
結局はその人を喜ばせよう考えているのが楽しく、考えてくれた気持ちを受け取るのが嬉しいんだと思います。

また来年もプレゼントを選ぶのが今から楽しみです♪


******************
ブログランキングに参加しています。
私の好きそうなものを選んでくれた人、みんなに感謝です♪
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/21501673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2013-12-28 19:03 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile