ご近所でもハロウィン♪

イギリスでも年々盛んになっていくハロウィン。
よく間違われるけど、もともとはアメリカのお祭りで、イギリスにはなかったのです。

子供達の間では少し前からお菓子をもらいに行ける日(笑)として始まっていましたが、今ではあちこちですっかり定着してきた模様。
日本もそうみたいですよね!

今年は行きつけの近所のパブでも、かぼちゃのジャックオランタンのコンテストをやっていてびっくりでした。
e0114020_55235100.jpg
私は右から3番目のおとぼけ君に1票♪

せっかくなので、ハロウィン気分にひたって、パブでお菓子をもらって帰ってきました(笑)。
楽しいから、まあ、いいよね!


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
へー、イギリスにはハロウィン、なかったんだねー!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/21265862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よーこ at 2013-11-01 17:21 x
イギリス、日本よりも定着してる感がありましたが、歴史自体は浅いのですね!

かくいう日本も、地方なんかはその自治体次第だと思いますが(米沢はまったくハロウィンらしさは、なかった(笑))、東京は、いつの間にこんなに定着したんだ?と驚くほどハロウィン(とくに仮装)というイベントを楽しんでいる人も、街でのイベント自体も盛んになっていて驚いています~(笑)
でも、トリックオアトリートと言うだけでお菓子を貰えるなんて美味しいイベント、自分が子供の頃にも盛んだったら良かったのに、と、お菓子貰っている子供たちを横目にちょっと思ってしまいましたー( ̄∇ ̄)
それにしても、ジャックオランタンは、作り甲斐がありそうで、作るのも楽しそうですね!
Commented by londonsmile at 2013-11-01 21:04
*よーこさん*
ハロウィンはもともとアメリカの行事ですよね?イギリスではここ10年ちょっとぐらいでずいぶん広まったようです。昨日は市内でも昼間から怖いコスチュームで歩いている大人や子供をたくさん見ました(笑)。大人も真剣にやっちゃうのがおもしろいですよね。
日本もずいぶん盛んになってきてるみたいですね。子供の頃、スヌーピーのマンガ(ピーナツ)でハロウィンという言葉を初めて聞いて、なんてハイカラな!と思ったことのある私は、つい「年とったなあ」と思ってしまいます(笑)。お菓子をもらえるイベント、子供の頃にあってほしかったですよね!
パンプキンのランタン作り、どれくらい時間がかかるんでしょうねー!一度やってみたいですよね♪
Commented by よーこ at 2013-11-02 06:20 x
ハロウィンの事の発端は、アメリカと思います!あれも一種の収穫祭なのですよね?
と、言っても不確かなので、便利なウィキで見てみると、歴史的にはケルト人の伝統にルーツがあるようです。ということは、イギリスにもルーツがあるということでしょうか。
アメリカで民間行事として発達したのか。

なぜカボチャか分かりませんが、うちにあったサツマイモ1本で、今日はハロウィンだから♪と、お芋パウンドケーキを作ってしまって私には、やはりまだハロウィンは遠いイベントという事でしょうか(完全に日本の秋とハロウィンを取り違えている)(笑)
Commented by londonsmile at 2013-11-02 08:06
*よーこさん*
そうそう、調べるとケルト人の、って書いてありますよね。でもイギリスにはあんまりなかったみたいですよ。どうしてでしょうね。
かぼちゃは秋の象徴なのかな?こちらも栗は秋の味覚みたいなんですが、栗だと顔を彫ったりできないし、できたとしても小さくて見づらいし(笑)!ということで、見やすいかぼちゃになったとか(笑)?いろいろ考えるとおもしろいですね。
サツマイモのパウンドケーキ、いいじゃないですか!おいしそう♪秋というくくりで、よーこさんのお宅はサツマイモハロウィンということで♪もう好きなものが大切だから、もう毎年恒例にしてちゃってもいいんじゃないですか?ふふふ♪
by londonsmile | 2013-11-01 05:55 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile