およばれしたのは元の家!

週末にお昼ご飯におよばれした先で、庭になっていたりんごをたくさんいただいてきました。

これはインディーと私にとって特別なりんご。
だってこの木があるのは、一昨年まで私達が住んでいたお家なんです。
e0114020_16224170.jpg
家を買ってくれたのは若い中国人のカップルでした。
家を最初に見に来てくれた時から2人ともずっとにこにこしていて、とても感じが良く、その時すでにこんな人達に住んでもらったら嬉しいなと思ったことを覚えています。

近くに学校があるかしら?と聞かれたのも好印象。
というのは、この人達が実際に住んで、お子さんが生まれたら学校に行くんだろうな、と思ったからです。
前に住んでいたエリアでは不動産投資が進んでいて、賃貸に出して収入を得るために家を買う個人や会社が多かったのですが、賃貸になる家は草刈りがいらなくなるように庭も舗装されることが多く、見ていてなんとなく寂しかったんです。
売ってしまうからには私達には関係ないものの、その家も賃貸用になって庭が舗装されたら大好きなりんごの木も切られそうだったし、できたら賃貸じゃなくて家主さん家族に住んで欲しいなあと思っていました。

結局、その初々しいカップルが買ってくれることになり、引越した後も前の住所に届いてしまう郵便物を親切に転送し続けてくれたり、クリスマスカードを送ってくれたりして、良い関係で約2年が過ぎていました。
そして先日はランチに招待してくれたのです。

私は引越して以来、一度も前の家に行っていませんでした。
約2年ぶりに懐かしい道を通って元の家に着いてみると、家の前にあった木もそのまま。
わあ、これもとっておいてくれたんだ!と感激して家の中に入ると、庭にはりんごの木がたくさんの実をつけてニコニコと立っていました!
e0114020_16235923.jpg
りんごちゃん、すごく大きくなって元気そう!
若いのに庭仕事が大好きというだんなさんが、りんごも丁寧に世話してくれたようです。

そしてよく見ると、りんごの木の根元にはりすの置物♪
e0114020_16505892.jpg
私達が住んでいた頃、庭にりすが来てナッツをせがまれていたのですが、引越し前にその話をしたら奥さんはそれをとても喜んでくれていました。
早速聞いてみると、今でもりすがコンサーバトリー(サンルーム)のドアの前に立ってナッツをせがむそう。
2年前と同じなっちゃんじゃないかもしれませんが、新しい家主さんとりすさんが同じようにしてくれているのがとても嬉しかった♪

私達が置いていったナッツを入れる入れ物もそのまま使ってくれていたし、鳥のエサ入れもそのままだったし、りすの置物は「昼間は仕事に行っていてナッツをあげられないから気の毒で置いた」んだそう。
いい人だ〜♪

それから中国茶と飲茶でランチをごちそうになり、その後は2人がそれぞれに焼いてくれた2種類のアップルパイを出してくれました。
奥さんはあんまりお料理をしないそうですが、生まれて初めてアップルパイを焼いてくれたんだそう。
見た目はちょっと「?」で、だんなさまにからかわれ、本人も照れていたけど、お味は驚くほどおいしく、何より愛を感じました。
私達のために生まれて初めてアップルパイを焼いてくれるなんて感激でしょ。

お話ししてみるととてもインテリジェントなお2人は、この家がとても気に入ってくれたそうで、特に庭とコンサーバトリーが大好きと言ってくれました。
私達もまったく同じように感じていたし、コンサーバトリーは私達が建てた部分なので、こんなに喜んでもらえて嬉しい♪
そして2人は感謝の気持ちとして、りんごの季節に私達を呼んでくれたんだそう。
うわーん、いい人達だ!

家の買主さんや売主さんとクリスマスカードを送ったりして直接おつきあいをするのは、こちらでは日本より多いようですが、家にまで招かれるというのはあまり聞きません。
2人は中国出身なので、イギリス的な風習に従ったわけではないのでしょうが、それにしても彼らにとっての外国で、こんな風に素直に温かく気持ちを示してくれて大感激。
私もマネしたいなあと思いました。

さらに2人は家の中を案内してくれて、改装した場所、しなかった場所を教えてくれたり、だんなさんが丹誠込めた庭仕事の様子を嬉しそうに見せてくれたりしました。
イギリスでは友達が来るとよく家の中を案内するので、なんだか長いこと友達だった気分。
というか親戚のおじちゃんおばちゃん気分(笑)。
だって2人はインディーの子供といってもおかしくない若さなんです。

家の中を見せてもらっていると、私達が置いていった家具や置物をそのまま大切に使ってくれているのに、棚に乗っているものは(当たり前だけど)知らないものや知らない写真だったり、カーペットをフローリングに変えてあったり、私達が不便なままにしてしまっていた天井裏への入り口を丁寧に作り直してあったりして、よく知っている家のような初めて来た家のような、不思議な感覚。
でもなにより、この家に家庭的に住んでくれていることが本当に嬉しかったです。

最後はみんなで庭に出てりんご狩り。
もうかなり熟れていて、これ以上大きくならないだろうからどんどんとっちゃおう!とハシゴも出て来て大騒ぎ(笑)。
e0114020_1626140.jpg
中国の地方出身だという2人は、お庭や木や花のことに詳しくて、とても頼もしかったです。

本当に嬉しい楽しい午後でした。
今度は私達が今の家に来てもらう番。
イギリス料理でもてなすか、和食にするか、今、インディーと争っているところです(笑)。
e0114020_16245577.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
家を売った人とおつきあいがあるなんて!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/21105656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tenko at 2013-09-24 07:18 x
素敵なエピソードですね!

留守中、リスが寂しくないように置物を置いたり、りんごの時期に合わせてのご招待にアップルパイのおもてなし…なんて素晴らしい二人なんでしょう。

家の売買というビジネスライクなきっかけで知り合ったロンスマさん達とこのお二人、それがこんな温かい交流になるなんて、人生って面白いですね♪
Commented by ミホ at 2013-09-24 11:18 x
わぁ〜美味しそうな真っ赤なリンゴ!
リンゴの木が庭にあるなんて良いです
ね〜。
私リンゴ大好きなので羨ましいです。

それにしてもお庭にリンゴの木があって
リスさんや鳥さん達が遊びに来てくれる
なんて何て素敵なんでしょう。
まるでおとぎ話みたいです。
イギリスのリスさんとってもラブリー
ですよね(^^) 公園で初めて見かけた時
大興奮したのを思い出します。

そして今の住人様との交流も素晴らしい
事ですね(^^) 人との出会いはいつまでも
大切にしていきたいですね。

人種、宗教、色んな文化が入り混じ
っている中でお互いに尊重したり
助けあえたりできるのは本当に素敵な
事ですね♡
ロンスマさんの優しい記事に癒され
ました。ありがとうございました。
Commented by londonsmile at 2013-09-25 00:01
*tenkoさん*
とってもステキな人達でしょう?感激でした。最初にリスの話をした時、奥さんはほんとに嬉しそうで、すでに良い予感はしていたんだけど、こんなにかわいがってくれているとは!

家の売買って弁護士が入ったりしてビジネスライクで、実はうちの売り主さんは投資家さんだったようで何のコンタクトもないのですが、こういうおつきあいができて本当に有り難く、嬉しいなあと思っています。
Commented by londonsmile at 2013-09-25 00:05
*ミホさん*
こちらでは庭によく果物の木があったりするんですよ。りんごは特に人気があるみたいです。私も前の家のこの木が大好きで、よく眺めてました(笑)。

鳥やリスが庭に来るのもとてもよくあることで、リスは実はむやみに増えるし雑菌が多いので嫌われることもあるくらいですが(日本人から見ると「かわいいのに」って思いますけどね!笑)、鳥のエサを庭に置いておく人は多いんですよ。

ロンドンはいろいろな国の人がいるので、日本にいたら知り合わなかったかもしれない人達との交流がおもしろいなと思います。ましてこんなすてきな人達、長くおつきあいできたら嬉しいですよね。がんばりまーす♪こちらこそ、読んでくださってありがとうございました♪
Commented by よーこ at 2013-09-25 20:54 x
ん~、なんて素敵!!
人と人の、出会いって、吸い寄せられるものがある気がしているので、そんな素敵な方々と出会って交流できるのも、ロンスマさんご夫妻が素敵で、お家も素敵だからなんでしょうね!
なんだか「素敵」ばかりで、語彙力ない自分が恥ずかしいですが(笑)
お家にリスやら鳥やらが遊びに来てくれるなんていいですね~(^-^)そんなお庭見ながら、時に動物とふれ合いながらティータイムしてみたいものです。残念ながら、東京では叶わない、かな。。。

そして、アップルパイ食べたくなってしまいました!
次のお招き時のお話も楽しみにしてます♪
Commented by londonsmile at 2013-09-26 02:41
*よーこさん*
ありがとうございます。いえいえ、私達じゃなくて、あちらがステキな方だったんですよー。イギリス人の夫も喜んでいました。
こちらでは庭にリスや鳥が来るのはよくあることなんですが、若いのにそれを楽しんでくれていて、とても嬉しかったです。リスは難しいかもしれませんが、鳥は、エサを置いておけば日本でも来るのでは?
アップルパイ、奥さんが作ったイギリス風の固い生地のパイも、だんなさんが作ったパリッとした生地のパイも、どちらもおいしかったです♪
私達がいつお招きするかわかりませんが、機会がありましたら書きますね。
by londonsmile | 2013-09-23 18:52 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(6)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile