ご近所カントリーパブでのんびりランチ

少し前、急に予定がキャンセルになって時間が空いたので、ご近所のお友達につきあってもらって地元のパブで軽くお昼を食べました。
最近なんだか慌ただしくて、楽しいお誘いも断るが多かったので、こんな時はお友達とおしゃべりする大チャンス!
e0114020_1251446.jpg
ご近所にあるパブはカントリーパブといって、その名のとおりカントリーサイド(田舎)にあるパブ。
わが家は一応ロンドン市内のはじっこですが、周りが緑地なので、そんな風に呼ばれているのかもしれません。

大通りから外れていて、周りに住宅と緑地しかないせいか、静かでリラックスした雰囲気のパブ。
週末は緑地をウォーキングする人達で賑わいますが、平日は近所の人達が集まっていることの多いのです。
この辺りにはわが家を含めて庭のないフラット(アパート)も多いので、家の延長線上にある「みんなのリビングルーム」のような感覚で、ちょっと気分を変えてパブで一杯、なんていう人が多いよう。
ご近所さんと知り合ったりもするちょっとした社交の場になっていて、私達もお店の人達とずいぶん親しく話すようになりました。
こんな風にコミュニティーができあがっているのを実際に経験してみて、昔はパブが町や村の中心だったという話を肌で感じられるようになった今日この頃です。

引越してきたばかりの時は、もっとシンプルな内装だったこのパブ、半年ぐらい前におしゃれ風に改装されました(笑)。
一緒に行ったお友達は、ここがもともと好きということでしたが、来るのは久しぶりだったそうで、ワイングラスを集めた新しいシャンデリアをすごく気に入ってくれ、なんだか自分が褒められたように嬉しくなりました♪

私もちょっと久しぶりだったので、この燭台、初めて見ました。
e0114020_1253247.jpg
ガラガラに空いていたのに(笑)キャンドルにちゃんと火が灯ってるんです。
この日みたいな薄曇りの日には、雰囲気がばっちり。
なかなかやるなあ、地元パブ!

肝心のご飯は、軽めにサンドイッチを。
e0114020_1255338.jpg
ここでサンドイッチを食べるのは初めてでしたが、オーダーしてからちゃんと作ってくれたようで、おいしかったです。

平日の昼間は混んでいないので、WiFiのととのった環境でコーヒーを飲みながらずっとコンピュータをいじっていても大丈夫だし、ご飯を食べても、女性1人でもオーケー。
現代になっても、女性が1人でパブに入るのってやっぱりあまりよろしくないようなので、こういう雰囲気はご近所パブならではかな、と嬉しくなります。

カフェ代わりにも使える居心地のいいパブが近所にあって、とてもラッキーです。
チェーン店のカフェより、ずっと好き!

この日はリラックスした雰囲気の中、2人で軽くビールなんか飲んじゃったりして、おしゃべりも弾み、楽しいランチタイムになりました。
急なお誘いに快くつきあってくださったTちゃん、どうもありがとう♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
パブがみんなのリビングルーム!と驚いてくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-06-23 18:38 | ご近所探訪 | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile