おしゃれなインド料理のお店は賑やかインドの雰囲気♪

インディーの友達がお誕生日だったので、お祝いするレストランを彼に選んでもらうことにしました。
なんでも持っていて、おいしいものもいつも食べているお友達が遊び心で選んだお店は、ちょっとトレンディーなインド料理のお店でした。
e0114020_611634.jpg

若者が集まるコベントガーデンやレスタースクエアから近いおしゃれエリアにあるインド料理のDishoom
「ボンベイカフェ」として1960年代にはインドに400軒もあったというお店がもとになっていて、ロンドンにはここと、やはり若者に大人気のハックニー地区にもう1軒あるそう。
イランからインドに移民した人が始めたレストランなので、ペルシャ料理の影響を少し受けているということで、バースデーボーイのイラン人のマイケルはちょっと興味をひかれたようです。

このお店は6人以上でないと予約を取らないそうで、7時頃なら大丈夫、と言われて行ってみると、すでにかなりの列が・・・(汗)。
e0114020_612410.jpg
マイケルの奥さんと一緒に4人の席を、と聞いてみると、ちょうどお客さんが入ったばかりなので、1時間ぐらいは待つかも、とのこと。
みんないい大人なので、並んでまでカレーを食べるってどうなの?とは思ったのですが、バースデーボーイがここまで来たから試してみたい、と言うので、少し並んで様子をみることにしました。
外に並んでいる間に小さなカップでチャイ(インド風のスパイスが入った紅茶)を出してくれて、好印象♪
スパイスが強過ぎず、アツアツでおいしかったです。

10分ぐらいしたところで、地下のバーになら通せるよと言ってもらえました。
お店を入ってすぐは、こんな雰囲気。
e0114020_6154846.jpg
どことなく昔懐かしい雰囲気が漂っていました。
60年代風にしているのか、インド風にしているのか、両方なのか・・・。
でも家庭的でカジュアルな落ち着く雰囲気でした。

席の用意ができたら呼んでくれるポケベルのようなものを渡されて、地下に降りていくと、うってかわってバーやナイトクラブのような雰囲気になっていて、薄暗い感じがオトナ♪
e0114020_6175761.jpg
わが家はわりと早寝早起きなので、こういう場所に来るのはとても久しぶり。
夜遊び気分が盛り上がって楽しかったです(笑)。

ここで軽くつまみながら、ちょっとお酒を飲んで待ちました。
e0114020_6204797.jpg
私がオーダーしたのはボンベイピムズ(だったかな)。
ピムズというのはイギリスの夏のお酒で、ソーダで割って、キュウリやフルーツを入れて飲むのですが、ここではトロピカルフルーツやちょっとスパイシーなハーブなどを入れて、インド風になっていました。
まさにインドとイギリスの合わせ技、ボンベイピムズ♪
さらにザクロが入っていたのは、ペルシャ風かもしれません。

待ち時間は1時間ぐらいと言われたものの、30分ぐらいでポケベルが点灯。
そのまま地下にある席につくことができました。
e0114020_193062.jpg
ちょっと暗くて見づらいですよね。ゴメンナサイ!
でも仕切りにきれいな細工を使っていて、個室風な席もあり、とてもおしゃれな雰囲気になっていました。

肝心のお料理はというと、メニューも豊富でどれもおいしく、インド料理をあれこれ食べているロンスマ家のカレー経験の中でも、かなりの上位に入りました。
e0114020_6265696.jpg
左はおつまみに出て来たもの。写真のサイズが違うので巨大に見えていますが(汗)、カールぐらいの大きさです。
インド料理によく出て来るポポダム(薄く揚げたおせんべいのようなもの)の形を変えた感じで、食べ出したらとまらない♪

カレーはどれもおいしかったのですが、チキンタンドリとモタパニール(パニールチーズとグリーンピースのカレー)が特に印象に残っています。
1つのお皿の量は多くないのですが、お値段もそれに応じて低め設定なので、あれこれ試せていい考えだと思いました。
家では、こんなにたくさんの種類のカレーをいっぺんに作れませんもんね。

お友達によればイラン風なお料理も少し混じっていたそうで、たとえばザクロなどを炊き込んだご飯はイラン風。
甘いご飯って私も最初は抵抗があったのですが、炊き込んでしまうとおいしくて、しかもカレーに合いますよ♪

レトロなインド風のインテリアもすごくかわいくて、もっと写真を撮りたかったのですが、なにせ店内が暗いのと、ずっと大混雑していたのとで、圧倒されているうちにお店を出てきてしまいました。
客層は若い人が多く、活気にあふれてワイワイしている感じがこれまた本場インド風♪
インド料理のお店って、小さなところでもこぎれいでかしこまっていることが多いので、若者に受けそうな賑やかな感じにしたのはグッドアイディアだと思いました。

この日はバースデーボーイも普段と違う雰囲気を楽しんでくれたようだし、カレーはおいしかったし、周りに合わせて久しぶりに大きな声で話をして、ワイワイと楽しかったディナーでした。
ちなみにお値段も場所や雰囲気のわりにリーズナブル。
行列に並ぶのはインディーも私もちょっと苦手なので、次は混まない時間に行ってみようと今から話しています。

ロンドンにはインド料理のお店が多くて、どれに入っていいか迷っちゃう、という方、おしゃれかつインドの雰囲気を味わいながら、おいしいカレーが食べられるこの店、試してみてはいかがでしょう?


*以前インド旅行をした時にインドのご飯について書いた記事にご興味があったら、こちらをどうぞ♪
インドの旅 その8:私の見たインドのご飯


*********************************************
今日も読んでくださってありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。
おしゃれでおいしいインド料理、すてき♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
ご意見やご感想もコメント欄に残していただけると嬉しいです♪
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/20641831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 加代子 at 2013-06-13 03:21 x
ロンドンは 色々な国の料理が手軽に楽しめて良いですね。
イラン風も入っているインド料理って 面白そう・美味しそう♪
今度行く時の参考にメモしておきますね。
オスロも移民が増えたので エスニック料理店も増えました。
お値段は・・・でも普通のレストランよりずっと安いです。
Commented by londonsmile at 2013-06-13 23:19
*加代子さん*
そうですね、ロンドンはいろんな国の人がいて、食べ物もいろいろ楽しめますが、特に植民地時代の影響でインド料理は多いですよね。
イラン料理も大好きなんですが、言われてみれば、ご飯にスープっぽいものをかけて食べるものが多くて、カレーに似てるかも!と今気づきました。おいしいですよ!
オスロもエスニックのお店、増えたんですね。昨年行った時はテイクアウェイのお寿司が多いなーと思いました。お魚が新鮮ですもんね!
物価は全体に高いですもんね。ロンドンより高くて驚いたことを覚えています。
Commented by artlondon at 2013-06-15 00:25
当たりのお店で良かったですね。待っている間も、外と地下の雰囲気も味わえてお得感たっぷり。お茶も出してくれるなんて、それも嬉しい。

良かったですね。私も変わった所に行ってみたいです。結構マンネリ化してるので。冒険冒険!
Commented by londonsmile at 2013-06-17 02:42
*artlondonさん*
なかなか当りのお店でした!インド料理っぽくないお店で、インテリアも楽しめて良かったですよ♪チャイもおいしかったし!
どうしても無難に知っているお店に行きがちですが、お友達の冒険心のおかげで楽しい夜でした♪
Commented by kazyo at 2014-11-07 12:57 x
「ポポダム」で検索してここにたどり着きました。
20年前にイギリスに留学しているときに食べてずっともう一度食べたいと思っています…が、日本で出会うことはほとんどなく、名前すら聞いたことがありません。インド料理だったということがわかったので、インド人のいるカレー屋で聞いてみようと思います。ところでポポダムのスペルはわかりますでしょうか?
Commented by londonsmile at 2014-11-07 18:27
*kazyoさん*
コメントありがとうございます。
ポポダム、美味しいですよね!ちょっとしたおつまみなのに、つい食べ過ぎてお腹いっぱいになっちゃったりします。
日本でもきっとインド料理のお店にはあると思いますよ。
スペルはpapadumです。試してみてくださいね!
by londonsmile | 2013-06-12 19:34 | ロンドンすてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(6)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile