イギリスで風邪を引いたら何を飲む?

春が近いといっても、まだまだ寒い毎日。
風邪を引いているという話もよく聞きます。

風邪の一番の薬はゆっくり休むこと、と言うし、実際出歩かずに家で寝ていると治りも早い気がします。
それに私はできれば化学的なものは体に入れたくないので、普段はあまり薬は飲まないタイプ。

とはいえ、大人になるといろいろ用事もあるし、そうそう仕事を休むわけにもいきませんよね。
体がとても辛い時は、やっぱりお薬を飲んで、熱を下げたり、症状を柔らげたりしたいもの。

そこで今日は、私が風邪を引いた時に使っている薬をご紹介します。
e0114020_19425368.jpg
Lemsip(レムシップ)というシリーズです。
(lemはレモンから、sipは「ちびちび飲む」という動詞(to sip)からとっていると思われます)

左側が一番スタンダードなもので、1回分ずつ袋に入ったパウダー状の薬をお湯(熱すぎない方がいいらしい)に溶かして飲みます。
ちょっと甘さのあるレモン味。
他にブラックカラント味などもあって、そちらは赤ワインのような色です。

初めてインディーがこれを飲んでいるのを見た時、なんかあったまりそう♪と思って、具合の悪い時に試してみたら、夜よく眠れたので、それ以来お気に入りに♪
お薬自体にすでに甘みが付いているのですが、甘党のインディーさんは、これにさらにマヌカハニーを溶かして嬉しそうに飲んでいます。
日本人的には、ショウガを入れたりしてもいいかもしれませんね。
風邪の時には水分を取るのも良いらしいので、それも兼ねることができて便利。

私は子供の頃からずっとお世話になっていた(もちろん日本の)錠剤の風邪薬があって、それもとても効くのですが、飲む度に必ず、えーっと、どうもお通じが滞るのが悩みでした。
でもこのLemsipは、私にはその副作用は起きないので、今では日本の風邪薬をやめて、すっかりこちらを頼りにしています。

このお薬、他にも名前にMAXと付いたものがあって、そちらは成分がちょっと強いようです。
私はこの国では体もかなり小さい方だし、そんなに強いものを飲まなくてもいいかな、と思って、普段はだいたいスタンダードなほかほかドリンクを飲んでいます。

が!このドリンクの弱点は、外出先で飲みにくいこと。
オフィスや、お湯がもらえそうなカフェでは良いと思いますが、外出しているとそうでないことも多いですよね。
その時のために、はい、カプセルもございますよ(決してLemsipの回し者ではありません・笑)。

写真の右側に写っているのは、この前チェルトナムに行った時に買ったカプセルで、この時は旅行中だったし、咳がひどかったので、咳用のMAXを買いました。
そしてこれ、よく効きました!
飲んでしばらくすると体が楽になり、薬が切れる頃になると体がぐっとだるくなるのです。
はっきりしていて怖いくらいでしたが、症状がけっこう重かったので薬の効き方がわかりやすかったんでしょうね。
でも、これから本当に辛い時はこれだな!と思いました。

ちなみに前に咳がひどかった時に、このトローチがすごく効いて助かりました。
e0114020_19431584.jpg
このStrepsils(ストレップシルズ)というシリーズ、この青いものは特に咳用で、一番ポピュラーなのは黄色いもの。
他にもストロベリー味とか、いろいろあります♪
薬用でないのど飴よりも甘くないし、ミントも強すぎないので、続けてなめても口の中がつらくなりません。
そして私の症状には、ほんとによく効きました。

日本だと風邪を引いたら気軽にお医者さんに行って処方薬をもらえますが、こちらのお医者さんではだいたい「風邪なら市販のXXXという薬を買って飲むように」とアドバイスを受けることが多いそう。
そう聞いているので、私は風邪でお医者さんに行ったことがないのですが!
以前お医者さんから送られてきた情報紙にも「こんな症状の時は医者に行くよりも、こうしましょう」というリストがあって、「風邪は薬局で薬剤師に相談しよう」と書いてありました(笑)。

そういう事情だからか、薬局にいる薬剤師さんは、よく相談に乗ってくれることが多いのです。
体質は人それぞれだと思うので、風邪かなと思ったら、まず薬局で薬剤師さんに相談するのが一番良いかもしれません。
でももし手持ちのお薬がなくなって、何を試していいのか迷ったら、このお薬のこと、思い出してみてくださいね。

そして風邪を引いた時には、なによりまず、あったかくして、体をゆっくり休めてあげてくださいね。
どうぞお大事に♪

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
お湯で溶かして飲む風邪薬ってあったまりそう♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/19759113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cinq-etoiles at 2013-02-08 23:05
ども~!
ウチは二人ともこの国ではガイジンなわけで、友達も日本人やフランス人、その他の国の人々・・・で、イギリス人の友達がほぼいないんで、こういうイギリスの情報が全く入ってこない環境。なので、ロンスマちゃんのブログはイギリスで生活するにあたって、実はすっごく情報源!風邪薬も日本のモノ、もしくはダンナからもらうフランスのモノ。でもスグに入手できるものを知ってるとやっぱり便利やね~。次回、風邪をひいた暁にはこの薬のこと思い出すね~・・ありがと♪
Commented by londonsmile at 2013-02-09 03:10
*cinqちゃん*
どもども♪
そっか、イギリス人と暮らしているからこういう情報も得られるんだなーとcinqちゃんのお話を聞いて改めて思ったよ。何気ないちょっとしたことだけど、知らないと全くわからないままっていうこともあるよね。
でもcinqちゃん、この前こののど飴のこと知ってたよね(笑)?cinqちゃんの鋭いカンとリサーチ力(りょく)ならほとんど何でもわかっちゃうと思うけど、これからも何か耳より情報をお届けできるようにがんばりまーす。温かいコメント、どうもありがと♪
Commented by tenko at 2013-02-09 09:04 x
私自身は滅多に風邪を引かないし、ちょっと風邪っぽいかなーと思ったら葛根湯と喉スプレーでしのげちゃう人なので、こちらの風邪薬事情には全く無知です。今朝から娘が発熱しているので、このお薬、早速明日買ってきます!タイムリーな情報、ありがとうございました♪

GPが風邪薬を処方しないのは、処方されると一律料金で、市販の風邪薬の定価を超えてしまうからだと思います。変なシステムですよね…
Commented by londonsmile at 2013-02-09 17:38
*tenkoさん*
えっ、tenkoさん、そんなに健康なんですねー!その秘訣は何かしら?今度教えてくださいね。
お嬢ちゃん、かわいそうに。その後いかがですか?お嬢ちゃんのお年だと、もう大人と同じお薬でいいのかな。念のため、だんな様にも聞いてみてくださいね。お薬、効くといいけど。どうぞお大事に♪

GPの処方薬って高いんですね?何しろGPでお薬をもらったことがなくて。日本はお薬にも保険がきくから高くならないっていうことなのかな。よく「パラセタモル(が入っている市販薬)を飲んで休みなさい」と言われるって聞いたのですが、試しに一度行ってみようかな(笑)。
Commented by 加代子 at 2013-02-09 17:59 x
風邪は滅多に引かないので お薬の世話にはなった事がないですが
喉がいがらっぽい時や咳の時は そのトローチを舐めます。
有難い事にスイスでも ノルウェーでも売っています。
レムシップは知らなかったのですが 効き目がいいなら
英国の娘に送ってもらいます。
ノルウェーも風邪くらいだと お薬くれません・・・
Commented by londonsmile at 2013-02-09 23:00
*加代子さん*
加代子さんも健康なんですねー。すばらしい!
このトローチ、ノルウェーでも売ってるんですね!今パッケージを見てみたら一応イギリスの会社のようですが、ついでに見たら25度以上では保管しないこと、とあるので、日本の夏には持っていかれませんね(笑)。
レムシップはわりとよく見る薬なので、お嬢さんもご存知なんじゃないかと思いますよ。お聞きになってみてくださいね。
ノルウェーも風邪ではお薬くれませんか!感覚の違いなんでしょうか。こちらは風邪をひいたら家で休んでいるものなのかなーとも思うのですが、日本人は風邪ぐらいで仕事休んだりしませんもんね。この理由は引き続き観察したいと思います!
by londonsmile | 2013-02-08 18:57 | ロンドン生活の知恵 | Trackback | Comments(6)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile