ガレット・デ・ロア、遅まきデビュー

ガレット・デ・ロアについては、話には聞いていたのです。
フランスでお正月に食べるケーキらしい、とか、中にフェーブというかわいいものが入っていて、それがあたった人はラッキーで、冠をかぶるらしい、とか・・・。

でもこれまで一度も食べたことがなかったのです。
そして今年、その機会が人を通じて一気にやってきました♪
e0114020_1823668.jpg
インターネットから拝借した写真ですが、これがそのフランスでお正月に食べるというガレット・デ・ロアです。
写真にも写っている小さな陶器のお人形がフェーブで、切り分けられたケーキの中にそれが入っていると、その人は王冠をかぶり、1年中幸運が続くのだそう(Wikipediaより)。

もともとはクリスマスから12日目に食べるそうですが、フランスに住んでいる方にツイッターでうかがったところ、だいたい1月中は食べているというお話だったので、ギリギリ1月中の話題にしてみました。
その方によれば、一人用なんていうのもあるそうで(上の写真の小さいものがそうかしら?)、一人でも食べるほど生活に根付いた習慣なのかも、なんて想像しています。

さて話は私のガレット・デ・ロア・デビューに戻ります。
最初は1月最初の週末のこと。
午前中に買い物から家に帰ると、インディーが「キャサリン(上の階に住むフランス系スイス人の奥さん)がさっき来て、ナントカを作ったから午後に食べに来てって言ってたよ」と言うのです。

「ナントカ?」
「なんかフランス語っぽかったけど、よくわかんなかった」(インディーはガレット・デ・ロアをよく知らなかったらしい、プラス、キャサリンの発音が本格的すぎて、よく聞き取れなかったらしい・笑)

むむ!お正月だし、フランス系の奥さんだし、もしやガレット・デ・ロアでは?と一気に期待がふくらみ、お茶の時間にお部屋を訪ねてみると、ご近所さんが何人か集まっていました。

そして切り分けられたのは、やっぱりガレット・デ・ロア。
大きなものを2つ作ってくれていました。
ケーキなのでお茶と一緒に、と思いきや、大人にはキール(白ワインをカシスで割ったカクテル)、子供やお酒を飲まない人にはジュースという冷たい飲み物が出て来て、ちょっと意外でしたが、それもなにかお祝い風で楽しい。

私たちはちょっと遅れて行ったので、もうフェーブはもうあたっていたようで、別棟のペトラがアルミホイルで作った王冠を手に持っていました。
お味は、噂通りアーモンドクリームがたくさん入っていて、しっかりした食感。
結構お腹いっぱいになります(笑)。
でも、そんなに甘くないし、カクテルにも合うし、私は好きだなー。

この日はガレットをいただきながら1時間半ぐらいゆっくりとおしゃべりをして、フランスの家庭的な雰囲気をちょっと味わった気分の楽しい午後になりました。

そして二度目もお友達の手作り。今度は日本人のお友達です。
ご自宅用に作ったものを半分分けてくれたので、半月形になっていますが(笑)、とってもきれいにできていると思いませんか?
丁寧な彼女らしいなーと感動。
e0114020_1822033.jpg
彼女はアーモンドだけでなく、私の大好きなヘイゼルナッツも加えたのだそうで、甘さがさらに控えめでとってもおいしかったです。

ちなみにこちらでも、フェーブはすでにお友達のお家で出ちゃったそうで、わが家にはやってきませんでした。

むむむ。
来年はフェーブをあててみたい!と密かな目標が生まれた私のガレット・デ・ロア元年でした。

*********************************************
今年からランキングに参加しています。
ガレット・デ・ロア、来年は食べてみよう♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/19715191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liz at 2013-02-01 06:20 x
ガレット・デ・ロワ、デビューおめでとうございます!(笑)
今は日本でもしゃれたパン屋さんだったら取り扱ってたりするけど、イギリスではまだあまり知られてないんですかね?
私はそれほど好きではないですが、お祭りのようなものなので1月6日にいただきました。(フェ―ブは夫の元へ・・・)
このフェ―ブをコレクションしている人も結構いるようですよ。私もフェ―ブだけは集めようかな?と考え中です(笑)。
Commented by londonsmile at 2013-02-01 17:41
*lizさん*
ありがとうございます。日本では結構見かけるみたいですよね。こちらでは、(私がしゃれたパン屋さんに行かないっていうこともありますが・笑)フランス系のお店以外はあんまり見かけないんです。わが家のイギリス人は知りませんでしたが、一般的にはどうなんでしょうね。調べてみよっと(笑)。
lizさんはそんなにお好きじゃないんですね〜(笑)。私も実はアーモンドの重い感じってあんまり得意じゃないのでドキドキだったのですが、思った以上に軽くておいしかったです。
フェーブ、かわいいですよね。噂はいろいろ聞いているので、一度見たら、私も集めちゃいそうです(笑)!
Commented by 加代子 at 2013-02-01 18:55 x
   今日は~、はじめまして。

時々覗いていますが コメントするのは初めてです。
今日の話題、ガレットだったので・・・
フランスに住んでいたので 毎年色々なのが
出回っていました。
私は余り好きではないし市販のは大きすぎるので
買った事はないです。
主人は毎年、職場で頂いて そのつどフェーブが当たり。
くじ運ロト運は悪いくせに こんなのだけ当たります(笑)
Commented by londonsmile at 2013-02-02 04:02
*加代子さん*
こんにちは!はじめまして♪コメントありがとうございます。
時々のぞいてくださってたんですね。ありがとうございます!
フランスではいろいろなものが出回っているんですねー。イギリスにも少しありますが、やっぱりフランス系のお店にしかないような気がします。
お味、あんまりお好きじゃないんですね?私もあんまりアーモンドが得意じゃないのでドキドキでしたが、意外と好きでした♪
ご主人さま、毎年フェーブが当たるなんてすごい!ちりもつもれば・・・で、いつか何かすごいことがあるかもしれませんよ♪
またいらしてくださいね〜。私もそちらにうかがいます。
by londonsmile | 2013-01-31 21:24 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile