紅葉のリッチモンドパークをお散歩 Part 2

前回に続き、今日も日曜日のリッチモンドパーク散歩のお話です。
本当にこの日はお天気が良くて気持ちよく、まさにお散歩日和!
e0114020_7493681.jpg




リッチモンドパークの面積を調べてみたら、9.55平方キロメートル。
数字だけだとよくわかりませんが、ロンドン市内のハイドパークの約6.5倍、かなり広く感じられるニューヨークのセントラルパークの約3倍、東京ドームの217倍と聞いて、ほんとにかなり広いのね、と実感しました。
e0114020_750429.jpg
広ーい!!

あれ?写真に小さく写っているのは何かしら。
e0114020_7525794.jpg
鹿の群れです!
リッチモンドパークにいる鹿は野生だそうですが、公園が管理もしているそう。

いろいろな場所に移動しているのですが、この日はこんなに人の近くに。
e0114020_4465134.jpg
この写真だとどのくらい近いのかわかりにくいのですが、10メートルぐらいまで近づいても問題ありませんでした。
写真を撮る人もいましたが、もうすっかり慣れているのか、素通りする人も多かった!
つい写真を撮った私はリッチモンドパーク初心者です(笑)。

鹿さんたち、のんきに草を食んでいますが、近くにワンちゃんが通ると、ハッと顔を上げます。
e0114020_7544465.jpg
鹿の方がずっと体が大きいのに、どうしてかな(笑)。

なんだかいい感じにひなたぼっこをしていたこのお二人が気になりました。
e0114020_7534032.jpg
落ち着いたカップル、というイメージ♪

そうかと思うと、こんなにかわいい子鹿ちゃんも♪
e0114020_7542115.jpg
まるでスキップしているみたいにはねていました♪
鹿の出産時期を調べてみたら、5月から7月と書いてあったのですが、11月になってもこんなに幼い子鹿ちゃんがいるんですね。
特にこの子は色も白っぽくてかわいかったです。

鹿さんにさよならして、またちょっと公園内を歩いてみましょう。
e0114020_755229.jpg
e0114020_4555017.jpg

きれいな木がありましたよー。
e0114020_7554735.jpg
あれ?何か書いてあります。
e0114020_7563618.jpg
「栗をとらないでください。
冬を越すために鹿は栗を食べる必要があるのです。
どうか栗を鹿に食べさせてあげてください」

これは栗の木だったんですね。
e0114020_7561464.jpg
あら、ほんと。

栗をとるのはアジア人が多いと私は聞いたのですが、インディーによれば、イギリス人もとる!とのこと。
日本では栗と言えば主に甘いお菓子を想像しますが、イギリスでは焼き栗の他に、お肉を焼く時の詰め物やスープにすることも多いようです。
(ちなみにモンブランはほとんど見かけません!)

鹿さんも栗の実が好きなのね。おいしいもんね!
たっぷり食べられますように。

と、ほのぼの気分に浸っていると、松ぼっくりをとっているヤングファミリー発見。
e0114020_7584717.jpg
和みます♪
あれ?松ぼっくりは鹿は食べないですよね(笑)?

と考えていると、突然、ほんとに突然、ドドドッという音が聞こえてきました。
e0114020_804494.jpg
あっ、子鹿の群れ!
e0114020_81352.jpg
いっぱいいる〜!

と思ったら、人がたくさんい過ぎると思ったのか、急にUターンした!
e0114020_814780.jpg
ドドドッ!
e0114020_82770.jpg
あああ、行っちゃった。

この間、ほんの20秒ぐらい。
周りに人もたくさんいたのですが、人も鹿もぶつかることなくて、お互いのスペースを守っている感じで、これまた和みました♪

公園にいたのはほんの2時間ほどなのに、たくさんの木や葉っぱや人やワンコや鹿に出会って、太陽をたっぷり浴びて、充実した日曜の朝のお散歩でした。
e0114020_82517.jpg

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/19254528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oliva16 at 2012-11-25 20:20
こんにちは。動画ではないのに、素敵な説明を読みながら写真を見ていると一緒に散歩しているような気分になれます(*^^*)
公園の鹿、と言ったら奈良公園しか思い浮かばないようでは、英文学を味わうにも翻訳するにも困りますよね…ですから、こういう、現地に生活している方の目線でのさりげないレポートはとても貴重です。これからも楽しみにしています♪
Commented by tenko at 2012-11-26 08:19 x
こんばんわ。今日も良いお天気でしたね♪

やはり草食動物の鹿は、肉食動物の犬を警戒するのでしょうか?そういえば、ちょっと前に話題になったYoutubeのビデオがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=3GRSbr0EYYU

喜々と鹿の群れを追いかけるベントン君、彼を必死で追いかける飼い主さんがコミカルで、7.5百万のヒットを記録。

娘が小学校の頃、リッチモンドパークを通過してスクールランをしていたのですが、時々、鹿の群れが横断するので渋滞になっていました。
Commented by londonsmile at 2012-11-26 16:57
*oliva16さん*
こんにちは。一緒にお散歩してくださって、ありがとうございます♪
ロンドンは全体に緑が多いのですが、ちょっと郊外になるリッチモンドパークは本当に広くて、初めて鹿を見た時はびっくりでした。古典の英文学に出てくる景色そのままという感じですよね。奈良の鹿も歴史は古いのだと思うし、大好きですが、あちらは「街の鹿さん」で、こちらは「森の鹿さん」という感じです。
oliva16さんのコメントを拝見していて、これからも日本にないような風景をお知らせしていけたらいいなと思いました。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします♪
Commented by londonsmile at 2012-11-26 17:01
*tenkoさん*
おはようございます。最近なぜか日曜日になるとお天気がいいですね♪

Youtubeのビデオ、おもしろーい!さすがtenkoさん、よくご存知だわ〜。ワンちゃんと鹿さんたちを追いかけるおじさんがドタドタ走っているのが、まるでコメディーですね!教えてくださってありがとうございます。

そういえば鹿は草食ですもんね。特に猟犬だったりすると、つい獲物を狙う気持ちになっちゃうのかな。
リッチモンドパークでは犬はリードにつなぎましょう、と書いてあると聞いたのですが、見たことあります?私が出会ったワンちゃんたちは、一人残らずリードなしで歩いていましたが(笑)。

鹿の群れの横断で渋滞するって、なんかのどかですよね。田舎に行くと羊が横断していて車が滞ったりしていますが!
by londonsmile | 2012-11-23 08:02 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile