女王さまの即位60周年イベントいろいろ

この週末はエリザベス女王の即位60周年をお祝いする四連休で、連日イベントが続き、火曜日に無事すべて終了しました。
このブログで何度も続けて関連のことを書いちゃったんですが、イベントの中継をテレビでずいぶん見て、この機会にロイヤルファミリーのDVDまで見ちゃった私はまだ興奮中(笑)。
イギリスにいらっしゃる方はもうニュースで聞いたようなことばかりだと思いますが、自分の記録のためとイギリス以外に住むお友達のために、この週末を振り返ってみました。
即位60周年のお話は今日で最後にするので、もうちょっとだけおつきあいくださいね(しかも興奮してて、ちょっと長くなりました・汗)。
e0114020_21272998.jpg
(今回はテレビから撮った写真を使います。
意外とちゃんと見えるものですね・笑。
これはお祝いの最後に、宮殿のバルコニーにお立ちになったロイヤルファミリー)



まず土曜日。
女王さまはエプソムという郊外の町の競馬にお出かけで、ロンドン市内では女王さま抜きでさまざまなイベントが開かれていました。
用事があって街に出かけたんですが、ユニオンジャックを思い思いの形で身にまとった人がたくさん!
すでにお祝いムードが盛り上がっていて驚きました。
出遅れた(笑)!

日曜日はずっと楽しみにしていたテムズ川の水上パレードでした。
女王さまとロイヤルファミリーがお船に乗ってテムズ川をゆっくり下るのですが、その周りには約1000隻の船!
1人乗りのカヌーあり、中国のドラゴンボートあり、ビクトリア女王の即位60周年に使われた船あり、戦争で活躍した船あり、と、船の種類はさまざまでしたが、たくさんの船が一斉に川を行くのは圧巻。
目がテレビに釘付けになっちゃいました。
川沿いや橋の上に集まったたーくさんの人たちは、ロイヤルファミリーや他の船に乗っている人に嬉しそうに手を振っていて、乗っている方も明るく手を振り返しているのがとっても印象に残っています。
準備が2年前から始まったという川下り、行われるのはかなり久しぶりのことで、もうおそらく同じ規模では再現できないだろう、ということです。
見られてラッキー♪テレビだけど(笑)。
e0114020_22172165.jpg


話題になったのは、女王さまとロイヤルファミリーの方々が川下りとその後、合計4時間以上もずっと立ちっぱなしでいらしたこと。
若い方はまだしも、女王さま86歳、だんなさまのフィリップ殿下90歳ですよー。
船に乗っている間、お2人には紋章の入ったすてきなお席が用意されていたのですが、お2人は立ったままでした。
読唇術の人に分析してもらったという新聞の記事(おもしろい・笑)によると、川を下っている間、女王さまは「見て!あんなに人がたくさんいるわ」と何度もおっしゃっていたそうで、人々の気持ちに応えて手を振ることにお忙しかったのかもしれません。
e0114020_22122246.jpg


それにしても女王さまの体力と精神力の強さには脱帽です。
あんなおばあちゃまになりたいな♪と思わせてくれるすてきな女性。
ファンでよかった(笑)♪

テレビ中継を見ていて、もうひとつ私がおもしろいと思ったのは、イギリス人の雨に対する反応です。
あいにく水上パレードの途中から雨が降ってきてしまい、船を漕いでいる人達も、報道の人達もずぶ濡れだったんですが(クイーンはもちろん屋根の下です)、雨が降ってきても見学している人達はほとんどその場を去りませんでした。
テレビ中継では、「雨が強くなってきましたが、こんなのなんでもありません。私達はイギリス人なんですから!」と、雨が多いと皮肉られる自分たちの国を、自分たちで皮肉って笑っていました。
この自分で自分を笑うというイギリス人の態度、なかなかマネできない私は、こういう場面に出くわす度に「う〜む」と感心してしまいます。
そして垣間みられた愛国心にもちょっとほろり。
e0114020_22173481.jpg


月曜日は夕方から、なんとバッキンガム宮殿の真ん前に作られた野外ステージで、超豪華スターによるポップコンサートが行われました。
エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、クリフ・リチャード(日本ではそれほど馴染みがないかもしれませんが、イギリスでは大人気)、シャーリー・バッシー、トム・ジョーンズという大御所から、大人気の若手スターJLS、ロビン・ウィリアムズ、シェリル・コールなどなど、さらにアメリカからはスティービー・ワンダーもやってきて、まさに夢のスター大共演。
しかも1人1曲なんていうのもザラで、とても贅沢なステージでした。
最後に宮殿が燃えちゃうのでは?と思うほどたくさんの花火が上がったりする派手な演出といい、出演者の豪華さといい、紅白歌合戦を思い出しちゃいました(笑)。
e0114020_21432933.jpg


コンサートでは、歌詞を少し変えてお祝いムードを盛り上げたり、クイーンの在位時期を振り返るような選曲をしたり、と、終始お祝いムードいっぱいだったのですが、個人的には、ジェームス・ボンドの映画にも登場したグレース・ジョーンズ(60歳過ぎている!)が、フラフープをずっと回しながら1曲歌い切ったのが気になって仕方ありませんでした!!
す、すごいけど、なぜにフラフープ!?

コンサート会場に入れたのは抽選で当たったラッキーな人だけでしたが(しかもその前に宮殿のお庭でピクニックができたんです♪)、宮殿からトラファルガー広場につながるマル(The Mall)という道沿いにずっと大型スクリーンが設置されて、マルや近くの公園でコンサートを楽しんだ人は25万人とか。
(いろいろな報道があってはっきりしないのですが、それにしてもこの数字!)
そしてその様子を空からとらえた映像は、ロンドン全体が沸き返っている様子がよくわかって、とても印象的でした。
e0114020_2340583.jpg


ロイヤルファミリーももちろん会場にいらして、国旗を振ったり、体でリズムをとったりしていたし、女王さまも途中から参加されました。
最後に女王さまとチャールズ皇太子がステージに降りられて、皇太子がスピーチ。
最初に「女王陛下(Your Majesty)」と呼びかけた後、「ママ(mummy)」と言ったのが、とてもチャーミングでした。
さらに皇太子は、前日の川下りでの寒さがたたったのか、体調を崩されてコンサートに参加できなかったお父様のフィリップ殿下のことに触れ、「もしかして、みんなで叫んだら聞こえるかもしれません」と観客を促しました。
それに応えて観客もまずは「ウォ〜!」という声を上げ、続いて「フィリップ、フィリップ」と大きな声でお名前を呼びました。
(こんな風にお名前を呼ぶことは初めて、と後で報道されていました)
ロイヤルファミリーにも家族愛があって、国民はロイヤルファミリーが好きなんだなーと、温かい気持ちになれたスピーチでした。
e0114020_21513346.jpg


そして最後の火曜日は、朝からセントポール大聖堂で礼拝。
さらにウェストミンスターで一般の人約700名とのランチの後、馬車でバッキンガム宮殿に移動して、バルコニーから人々の祝福に応えました。
馬車の移動ってやっぱりロマンチックでオトメゴコロをくすぐりますね。
e0114020_21485343.jpg
行列全体が華やかで勇ましくて、映画を見ているようでした。
e0114020_23334375.jpg
e0114020_23341736.jpg
e0114020_23343946.jpg

この時、バッキンガム宮殿の近くにいた人は100万人を超えた、という報道があるのですが、ホント!?
国中ばかりでなく、世界中からもたくさんの人がやってきたようですが、それにしてもものすごい数。
さらに私達のようにテレビで見ていた人も多かったでしょうから、世界中ではどれだけの人が映像を見たんでしょうね。
e0114020_23354685.jpg
(バッキンガム宮殿に行くまでの道は人で埋め尽くされていました!)

こうして、女王さまは最後までお元気に行事をすべて終えられました。
わが家のテレビ漬けの週末もおしまい。
普段ほとんどテレビを観ないので、この週末でほぼ1年分ぐらい観た気分です(笑)。

今回は即位60周年のお祝いでしたが、同時に女王さまのご長寿をお祝いする機会にもなったし、お祝いムードたっぷりの週末は、ちょうど結婚式に行って温かい気持ちになるのと似た気分で心地よかったです(笑)。

この機会にエリザベス女王やロイヤルファミリーのことをいろいろ知ることができて、この国で生活していく上でとても参考になったし、ますます女王さまのファンになりました。
もちろん私は日本の皇室にも親しみを感じていますが、今住んでいるこの国の女王さまを好きになれるって嬉しいことだなと思います。
それに、私が日本人として日本のことを強く想うように、この国の人達も自分たちの国のことを誇りに想っているというのが改めてわかったのも良いことでした。
個人的にはおばあちゃま好きなので(笑)、エリザベス女王にはずっとお元気でご活躍いただきたいと願ってやみません。

女王さま、即位60周年、おめでとうございます。
ファンの日本人として、これからもずっと応援しています♪
e0114020_21554741.jpg

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/18118341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by thallo at 2012-06-07 06:44
こんばんは!私も4日間、家族の中で誰よりも燃えていたよ!笑 私達なんてみているだけでも大変なのに、実際行事に全て出られたクイーンとそのご家族。。本当にお疲れだったでしょうね。フィリップさんなんて入院までしちゃうし。。あの日は寒かったものね。
昨日、私達もストリートパーティがあってクイズがあったの! 私もロンスマさんみたいに、かなりハマってニュースと新聞を読んでたから(DVDはみとらんよ、笑) 楽しかったよ~。
私もファン、これからも元気で頑張っていただきたい、と思うな。
Commented by londonsmile at 2012-06-07 19:59
*おごしゅさん*
こんにちは!おごしゅさんも好きだと思ったよー(笑)。街にお出かけもしていたよね?ほんと、テレビ観てるだけでも大忙しなのに、ロイヤルファミリーの方々は大変だっただろうね。でもお祝いだから嬉しいもんね。フィリップ殿下、早く良くなられるといいよね。
ストリートパーティー、いいなあ!準備は大変そうだけど、楽しそうだよね。クイズなんてますます楽しそう♪ハマりついでにDVD見る?いつでもお貸しするよ〜(笑)。
クイーンにはいつまでもお元気でいてほしいよね♪
Commented by チェリー at 2012-06-16 06:20 x
はじめまして、ロンスマさま。
サンクおねえちゃんから、おうかがいしましたチェリーと申します。
四連休、ロンドンを離れていたので、でもロイヤルファミリーは気になっていたので、とっても楽しく拝見させていただきました!
今後も愛読させていただきたいと思い、勝手にリンクを貼らせていただきました。どうぞよろしくお願い致します。
Commented by londonsmile at 2012-06-18 07:03
*チェリーさん*
はじめまして!コメントありがとうございます。
サンクちゃんのところから来てくださったんですね。
イギリスのロイヤルファミリーって、日本の皇室とはまた違って面白いですよね。
ブログを楽しんでいただけて嬉しいです。ありがとうございます♪
リンク、ありがとうございます。
私もいただきたいのですが、今、旅行先でちょっと操作しにくいので、家に戻ったら貼らせていただきますね。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪
by londonsmile | 2012-06-06 23:45 | イギリスのこと・人 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile