チャールズ・ディケンズも通った老舗パブ♪

先日の教会コンサートの後は、ずっと行ってみたかった老舗パブに行ってきました。
その名もYe Olde Cheshire Cheese(Ye Oldeは古い英語でThe Oldの意味)。
数あるロンドンのパブの中でも、創業1538年というかなり古いパブです。
e0114020_203264.jpg
(道のつきあたりにセントポール寺院が見えました♪)



このパブ、創業は1538年でしたが、1666年のロンドン大火で焼けてしまい、翌年に再建されたそう。
それでも十分古いですよね!
数ある古いロンドンのパブの中でも、とりわけ当時の面影がよく残っていると聞いていたので、一度行ってみたかったのです。

中に入ってみると、ほんとだ!ちょっと薄暗い感じで、内装もまるで映画のセットみたいでした。
e0114020_20275571.jpg
ね、なんだかロウソクの灯りが灯っていそうでしょ。
その後ちょこちょこと(例えば電気を入れたりする)改装はしているようですが、家具の一部はオリジナルの可能性もあるそう!
いい感じに古ぼけている床も壁も、とても印象的でした。

私達は、入り口を入ってすぐにある「Chop House(レストラン)」という席にしたのですが、パブ席でもメニューは若干違うものの、ご飯が食べられます。
食事の後に店内を歩き回ってみたら、地下にもパブのテーブルがあり、そのまた奥には、なにやらすてきな雰囲気のスペースも。
e0114020_6433491.jpg

ウィキペディアによると、ここは修道院の跡だとか。
レストランのテーブルも明らかに傾いていて、やはり歴史をひしひしと感じます。

『英語辞典』の編纂で有名なサミュエル・ジョンソンはすぐ近くに住んでいたというし、イギリスを代表するビクトリア時代の文豪、チャールズ・ディケンズも通ったそう。
以前は新聞社が立ち並んでいたフリートストリートという通りに立っていることもあり、このパブはどんな有名人や酔っぱらいを見て来たんだろう、なんて、つい物思いにふけってしまいます。

実はあんまり期待していなかったのですが、ご飯もパブにしてはおいしい(笑)!
これからやってくる秋の夜長に、古い時代のロンドンや昔の人々の生活に思いを馳せながらゆっくり飲むなんていうのも楽しそうですね。
e0114020_644173.jpg


Ye Olde Cheshire Cheese
145 Fleet Street
EC4A 2BU
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/15376754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Saori at 2011-09-08 18:16 x
こんにちは~^^
教会のコンサート素敵だね♪
私も一度こういう教会で行われてるコンサート見に行ってみたいなあ、って思ってます。
ここのパブ、留学時代に友人たちと行ったことあるんだけど、ほんとすごい雰囲気あるパブだよね。
イギリスって古いものがこうやって残ってるのがほんとにすごい、と友人たちと感心したのを懐かしく思い出しました^^
Commented by londonsmile at 2011-09-09 16:29
*Saoriちゃん*
こんにちは♪
教会って、観光地じゃないところだとなかなか気軽に入れないけど、こういうことがあると中もじっくり見学できるし、生の演奏まで聴けるので、嬉しいよね。
このパブに行ったって言ってたの、覚えてるよ!タイムスリップしたみたいな、映画のセットみたいな場所だよね。
17世紀のものかもしれない(不明っていうところがまたおかしい・笑)床を実際に歩いたり、階段を降りたりできるのって、やっぱり石の建物だからなのかなあ。
木造建築文化の私達からするとほんとにうらやましいよね!
Commented by トミミン at 2011-09-12 01:56 x
ロンスマさん、こんにちは~!
ご無沙汰しちゃってすみません<(_ _)>
コメントは出来なくてもいつも覗かせてもらっていました(^.^)
このパブ、1538年創業ですかー!凄すぎる!
あまりに大昔過ぎてピンとこないんですけど、ビクトリア時代って聞くと更にすご~。
16世紀にはもうここで商売していたわけですね!
石ころだらけのガタガタ道を馬車が通ったり、長いドレスを着た人がいたり、なんだかいろいろ想像してしまいました。
イギリスは古いものを大切にする文化が根付いていて羨ましいです。
日本は新し物好きで、なんでも壊してしまって、寂しい限りです。
わたしも新し物好きで、なんでも買い換えたいほうだったんですが、最近になって古いものの良さがわかるようになりました。
歳のせいかも知れません。
いつか、イギリスの古めかしいパブで一杯飲んでみたいものです。
パブの料理もずいぶん美味しくなったようだし、パブ巡りしたいなあ。
Commented by pear_shine_style at 2011-09-12 15:01
映画のセットかのようなパブに普通に入ってご飯を食べたり、
ビールを飲めるロンドン。やっぱり好きだな~~☆★
おる間に一度、行ってみたかったなーと指を加えながら、
ロンスマちゃんの日記、読ませてもらったよ^^

日本でもブリティッシュパブあるけど、旦那曰く大好きなギネスの味が
違うとのこと。1パイント900円ぐらいするしね(笑)
Commented by londonsmile at 2011-09-13 08:07
*トミミンさん*
こんにちは!こちらこそご無沙汰しちゃってました。お元気でしたか?
16世紀から続いているお店っていうのは日本にもあるでしょうけれど、雰囲気がほとんど残ってるっていうのはあんまりないでしょうね。日本は木の建物だから長持ちしないでしょうし。
古い建物を見ていると、私もドレスを着た人や馬車を想像したりしちゃうんです。同じですねー。
新しいものにもいいものはたくさんあるんだけど、古いものにもアジがありますよね♪
古いものがお好きになってきたところで、ぜひイギリスのパブ巡りを♪♪
Commented by londonsmile at 2011-09-13 08:11
*りえぴーちゃん*
ほんとにロンドンにいると、映画のセットみたいな場所で普通に食事したりできて不思議&楽しいよね。
ここ、ほんとにオススメ。薄暗い感じがなんとも言えないし、変な形で奥に続いていく空間も古い感じで楽しいよ。
だんなさま、ギネス好きなんだねー。一緒に飲んでみたい♪日本女子には珍しく、私もビール好きなのだ。
円高ポンド安のうちに、ぜひまたこちらに遊びにきてきて〜。案内するよ♪
by londonsmile | 2011-09-05 23:24 | ロンドンすてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(6)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile