洗濯物に囲まれた秋の庭

先週、ちょっとした事件が起きて、我が家には洗濯物が大量に発生しました。
大物ばかりなので、干す場所を確保するのもひと苦労。
というか、確保できないので、ほんとは一気に全部洗いたいところを少しずつ分けて洗っています。とほほ。
e0114020_8293855.jpg
(真ん中のカラフルで小さなものは、洗濯物ではなくて、チベット仏教のお祈りの旗です。
最近中国に行ってきたインディーさんが買ってきたんですが、いつの間にか庭に飾られていました・汗)



少し前から朝晩冷えてきたので暖房を入れていたんですが、その前の週末に夏時間が終わったついでに、インディーがタイマーの設定を変えたり、ラジエーターの水のチェックをしてくれました。
ラジエーターって日本ではあまり馴染みがない言葉ですが、こちらで一般的なセントラルヒーティングに登場します。
各部屋に取り付けたラジエーターと呼ばれるパネルの中に水が入っていて、その水をボイラーで温めることで部屋を暖めるんです。

で、水の栓を開けたり閉めたりしてチェックした時に、何かの加減で水が漏れ出したらしく、ボイラーの周りに水がたまっちゃったんです。
インディーの名誉のために言っておきますと(笑)、彼は普段こういうことがすごく得意なきっちりさんなんですが、夏にサンルームを作った時にボイラーも取り替えたばかりだったので、取り扱いに慣れていなかったようです。

ボイラーのある場所には、ボイラーだけが置いてあって扉が付いており、小さなボイラー室状態になっています。
英語ではairing cupboard(乾燥用の棚)とかlaundry cupboard(洗濯物の棚)とか呼ばれているとおり、ボイラーの周りはほんのりあたたかくなるので、ここで洗濯物を最後に乾かしたり、シーツやタオル類を置くようになっていて、我が家でもそうしています。

で、そのボイラーの周辺が水に濡れたということは、中においてあったシーツやタオル類も濡れちゃったということ!
幸いなことに、中にはすのこみたいなものをわたして何段かに分けてあったので(by 我が家のきっちりさん)、濡れたのは一番下の段にあったものだけだったんですが、下の段だっただけに、置いてあったのは大きなもの、つまりシーツ、布団カバー、バスタオルだったんです。

というわけで大量のお洗濯が必要になったんですが、こんなに大きなものばっかり、いっぺんに干す所場所がないんです。
なので地味に少しずつ洗濯しては乾燥機にかけて干して、最後にまた乾燥機にかけて、という作業を毎日繰り返していました。
先週は雨がほとんど降らなかったのがラッキーでした。よかった!

でも、こんな時に限って洗濯機が壊れた!
というか、水漏れしました(汗)。

前からたまーに調子が悪くなるな、と思っていて、なんとかだましだまし使っていたんですが、こんな時に限って何度か続けて水漏れ。
(だましだまし使うあたり、イギリス生活に慣れてきた証拠かな・笑)
洗濯機が回っている間ずっとそばにいるわけではないので、どの段階で止まったのかわからないんですが、なんとか洗い終わってはいるようだったので、機械をなだめすかして脱水だけかけて、なんとか危機を脱しました。ほっ。

でもその後も洗濯を続けざるをえないので、何度か洗濯機を回しては床を拭いて、という作業の繰り返し。
そのうち、いつ漏れるかわからないので、洗濯機につきっきりになったりして・・・と、こんな感じでほぼ1週間の間、多少の曇りでもお洗濯に明け暮れた毎日でした。
先週は用事があって家にいたんですが、洗濯に時間も気力もとられてしまい、肝心の用事ははかどらず・・・(汗)なんだかあわただしかったです。

でも、終わってよかった!

そしてこの騒動でのボーナスは、終わりかけの秋の庭で見つけたモノたちです。

これのテンテンはナンだろう?
e0114020_555394.jpg
もしかして・・・キノコ!?
e0114020_5552914.jpg
こんな風に庭にもにょきにょき出てくるものなのね!
ちょっとかわいい(笑)。
よく見たら、そばに木でできたキノコちゃんの置物がありました(これも by 我が家のきっちりさん)。
上の左の方です。わかるかな。
e0114020_555508.jpg


そしてこちらは少し高い所にある木。
e0114020_5585395.jpg
何か実のようなものが生っていました。
e0114020_62452.jpg
ピカピカ光って、とてもきれい。
色も秋らしいな。

調べてみたら、レイセステリア フェルモサというスイカズラ科の植物だそう。
和名がないかと調べてみたんですが、たどりつけません。
英語ではKorean Nutmeg(コリアンナツメグ)とかGolden Lantern(ゴールデン ランタン)とも言われているそうです。
こんな木が庭にあったの、気づかなかった!
どんなお花が咲いていたんだろう?来年、確かめてみなくっちゃ。

e0114020_5571648.jpg
こちらはりんごの木。
秋の初めにたくさんの実がなりましたが、今では葉っぱもずいぶん落ちました。

e0114020_558454.jpg
不思議なのはこちら。
このバラ、もう1ヶ月以上も前につぼみがついたのですが、その後、寒くなったり暖かくなったりが続いたので、咲くタイミングを失っちゃったのか、つぼみのまま1ヶ月以上も・・・。
そして先週、やっと開きました。
しかもとても良い香り♪

さて、お洗濯騒動も終わったことだし、今週は修理に来てもらう手配をしないと(汗)!
電化製品があまり壊れなくて、壊れてもすぐに修理の人が(時間通りに!)来て正しい指示をくれて、さらに大きな洗濯物も乾燥機なしでパリッと気持ちよく乾く(冬の東京地方を想定してマス・笑)日本がちょっと恋しくなった秋の終わりです。
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/11473491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Saori at 2009-11-02 19:22 x
これは大変だったね><
水周り、ボイラーなどこちらでは壊れると困るものが多いし、壊れても修理とか新品購入もすぐに配達に来てくれないから本当大変よね。
洗濯機、だましだまし使うっての良く分かるわ~
我が家も乾燥機だましだまし使ってるから、、、でもさすがにもう新しいのを買わないとダメだわ、、、蒸気が家の中に漏れてきてあちこち結露してるの(汗)
あ、ちなみに洗濯機の修理、どこが悪いとか修理代幾らかかるとかちゃんと聞いてから修理してもらった方がいいと思うよ。日本と違って、この国で電化製品を修理してもらっても高いお金ばっかり取られて直ってない事多いから(汗)
我が家も洗濯機を修理してもらって100ポンド近く払ったのにそのすぐ後また壊れて結局新しいのを買いました。新品は200ポンドちょっと、、、それだったら最初から新しいのを買えば良かったと後悔したよ。
Commented by pear_shine_style at 2009-11-03 20:51
あーー我が家も、今のフラットで二回も水回りの問題に悩まされたことが。。。
この先に何もないことを祈るのみだけどね!!!

でも、最初の写真。
なんか運動会みたいで楽しそう(^ム^)なんて思っちゃったよ(笑)
インディーさんが飾った旗だったんだね☆
Commented by londonsmile at 2009-11-05 06:54
*Saoriちゃん*
お返事遅くなって、ごめんね〜!
先週はほんとにお洗濯の毎日でアセったわー。
普段はあまり乾燥機を使わないようにしているんだけど、がんがん使っちゃったし。
いろいろアドバイス、ありがとうね。
インディーにそれを説明してたら、一言、「保険で直るから」って言われて唖然としました。
不思議なんだけど、保証じゃなくて保険なんだそうで、意外と早く来てくれて、今日、めでたく直りました。
しかも全部無料。なんか得した気分♪

Saoriちゃんも洗濯機では苦労したのねー。
電化製品、日本の感覚より壊れやすいよね(笑)。
乾燥機もうまく直るといいね♪
Commented by londonsmile at 2009-11-05 06:56
*りえぴーちゃん*
お返事、遅くなってごめんねー!
りえぴーちゃんのお家でもトラブルあった?
日本の感覚よりも、故障が起きやすいよね。
お互い、トラブルに巻き込まれないように祈ろう(笑)!

写真、確かに運動会っぽいかも!
さすがりえぴーちゃん、コメントがスポーティーだわ♪
寒くなってきて庭の葉っぱも枯れてきたから、庭が明るく見えてちょうどいい、と思うことにするわー。
by londonsmile | 2009-11-01 23:20 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile