キムねえさん直伝キムチ

先日、韓国人のお友達の家に、キムチの作り方を習いに行ってきました。

e0114020_6201712.jpg




お友達はキムさん。
本当の名前じゃないそうですが(笑)、本名はイギリスで誰も発音できなかったので、旧姓をそのまま呼び名として使っているそう。
キムって英語圏の名前にもあるから、ちょうどいいのよーと笑っていました。
少し年上で、外国人としてのイギリス生活も私よりずっと長いので、困った時にいろいろ相談に乗ってもらっている私の「ロンドンのねえさん」です。

そんなキムねえさんに紹介した日本人のお友達が、「キムチの作り方を習いたい」ということだったので、この日、うかがうことになりました。
お家に着くと、キムねえさんはすでに食材と格闘中(笑)。
インテリな彼女、普段は本やアートの話をしているイメージが強かったので、そのねえさんがキムチ用の大きなたらいの前で白菜を切っている姿を見るのは新鮮でした(笑)。
e0114020_6354028.jpg
早速お手伝いに加わっていると、ねえさんの鋭い一言。
「ロンスマ、あなた、だいたいどうしてキムチの作り方なんて習いたいの?あなたもインディーも辛いもの食べないじゃない!」

す、するどい・・・大当たり(汗)。
実はインディーも私も辛い食べ物が苦手で、私は日本人なのに人生で数える程しかキムチを食べたことがないし、インディーは韓国でたまたまおいしくないキムチを食べてからキムチ嫌いになり、それをキムねえさんにも話しちゃったほど(汗)。
以前に食事によんでいただいた時に話したので、全部バレていたのです。

えっと、お友達が習うっていうから、どんなものだか見てみたかったんだもーん!
と答えて笑われましたが、ほんとのことなので(笑)。

肝心のキムチの作り方ですが、とても興味深かったです。
まずは白菜に粗塩をふってしんなりさせ、軽く塩味がついたところで、よく水分を切り、刻んだネギ、ニラ、大根、梨と優しく混ぜます。
最初にお塩で漬けるあたり、日本のお漬け物みたいですねー。親しみがわいちゃいます♪

それから、唐辛子などを混ぜたキムチ液(というのかな?)を加えて、さらに優しく混ぜて出来上がり。
キムチ液の材料は、水、米粉、魚醤、粉状の唐辛子、アミのような小さなエビを漬けたもの(韓国産で、見た目はちょっと塩辛っぽい)、ニンニク、ショウガでした。
e0114020_725794.jpg
キムチには、かなりニンニクがたくさん入っているというイメージでしたが、意外と少なくて、大きめな白菜4個分を漬けるのに、せいぜい4、5粒だったんじゃないかと思います。
あの独特の香りは、きっと発酵した食材から生まれるんですね。

でもさすがキムチの国。
韓国から持ってきたという包丁の柄には、ニンニクを叩く部分が付いていました!
e0114020_77231.jpg

そして混ぜる時にも、揉み込むんだと思っていましたが、キム風キムチは優しく撫でたり混ぜたりするだけ、と、いたってシンプル。
しかも、びっくりするほど唐辛子を入れるのに、全然辛くないんです。

分量を詳しくご紹介できたらよかったんですが、キムねえさん、意外と目分量で作っていたんですよ。
大胆にざざっと混ぜるので、私が「どのくらいの量なの?」と聞く度に「だいたいよ!」との答え(汗)。

彼女の持論は、「所詮食べ物なんだから、細かいことにこだわらないのよ。もし最高の食材で最高の分量で作ったとしても、気温がキムチに合わなかったらいっぺんで台無しなんだから!」
分量って「細かいこと」じゃない気がするけど、それ以上は聞けませんでした(笑)。
ま、食べられるものを混ぜているんだから、食べられないことはないし!?
それにしてもキムチって、お天気の具合で味が変わっちゃうほど繊細なものなんですね。

キムねえさんおすすめの3大必須アイテムは、韓国産の唐辛子(パウダー状)、粗塩、それから唐辛子を入れた後のこの秘密兵器!
e0114020_7152411.jpg
使い捨てのビニールの手袋(笑)!
唐辛子は、手や洋服に付いてしまうと、かなりしつこくて、なかなか色が落ちないので、手袋をするのが絶対おすすめだそうです。
あとやはり日本で見るような大きさの白菜を使う方がいいそう。
イギリス在住の方、スーパーにあるのはずっと小さいので、アジア系のお店でゲット!ですね。

めでたくキムチもできたところで、お待ちかねのランチタイム。
e0114020_7191368.jpg
少しずつ、たくさんの種類が出て来て、びっくり!
辛い物が苦手という意識が強かったので、実はあまり韓国料理を試したことがなかったのですが、辛くないものや和食にも通じるものがあったし、キムチも作ってすぐだったからか、全然辛くなかったし、これからはもっと韓国料理を食べてみたいなと思いました。

「韓国ではキムチの漬け方は秘伝で、家族以外に教えない」という噂について聞いてみたら、「そういうお家もあるかもしれないけど、私はイギリスに来てから自分で実験しながら作っているし、おいしければいいじゃない」と、ソウル生まれソウル育ちのシティーガールな彼女らしいさっぱりした答えでした。

そして帰り際に、一緒に作ったキムチと一緒に、宿題もいただきました!?
わざわざ韓国人街まで買い物に行って調達してきてくれた立派な白菜丸1個と、韓国産の唐辛子と粗塩。
その日に使ったニラとネギの残りももらって、「今度は家で作ってみてね」と一言。

キムねえさんの目分量、どこまで覚えているかなーと不安に思いながら、せっかくの貴重な食材をムダにしたくないので、なんとなく作ってみたのが最初の写真です。
米粉の代わりに小麦粉でも大丈夫ということだったので、そうしてみたら、作った直後はちょっと粉っぽくなりました!
ああー、これは失敗だー!と思ったのですが、そのまま処分できなくて(もったいないし、申し訳ないし・笑)、とりあえず冷蔵庫に入れて2日後におそるおそる味を見てみたら、粉っぽさはすっかり消えていました!

それでも大量にできてしまったので、キムチが好きというお友達にずいぶんもらってもらい(というか押し付けた?笑)、大助かり。
もらってくれて、ありがとう♪

我が家では、わざわざ作るほどの量はこれからも食べ切れないと思うし、そんな私にはこの日のレッスンはネコに小判だったかもしれませんが、キムチを作るのはかなり楽しくて好きです。
この日はキムチだけでなく、韓国やお料理について、それからお料理する母としてのキムねえさんについてもよく知ることができた良い一日でした。
e0114020_7314888.jpg
(宿題と一緒にいただいた韓国のお月見用のお菓子。ねえさん曰く、「見た目が、かなり和菓子に影響を受けていると思う」とのこと・笑)。
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/11443598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiroex at 2009-10-26 21:54 x
キムチ作りがお家で出来るなんて良いですね~。とコメントしようと思ったら作る前から辛いものがあまりお好きでないとはいきなりのボケ具合に関西人の私は突っ込んでしまいたくなりましたよ。夫が辛いもの大好きなのでこれからの季節キムチ鍋は我が家の定番なのですが、教えてくれるお友達がいるなんて本当に羨ましいです。その前に韓国料理屋さんが近くに出来てくれると嬉しいなぁなんて、記事をみて韓国の味に思いを馳せてしまいました。
Commented by Saori at 2009-10-27 00:09 x
すごい、すごい!手作りキムチ!
以前身軽だった頃はよく韓国人街まで行ってキムチを色んな種類買ってきてたんだけど、今はなかなか行く事が出来ず、きっとキムチも3年くらいは食べてないはず、、、
自分で手作りできるなんてすごいよね、いいなあ。
ご近所だったらロンスマちゃん手作りキムチ味見させてもらいに行ったのになあ♪
お話聞くだけだととても簡単に出来そうなんだけど、なかなか材料からして集めるのが難しそうだよね、、、大きな白菜に、韓国産の唐辛子にと、、、
ロンスマちゃんはまた手作りキムチ再チャレンジしてみる?今度は大根でカクテキ作ったら美味しいかもよ~♪
Commented by luna-soave at 2009-10-27 09:11
こんばんはー☆
アミの塩辛!!うちにもたんまりあります。
親戚に海鮮屋さん(て言うのかな)がいるので、すんごい量あるんですよ。なぜだか、ロンドンの自宅に。(笑)
私もこちらを参考に私も作ってみようかな~♪
Commented by macoan at 2009-10-27 18:52
韓国人に教わるキムチ作り楽しいですよね〜。
私も今年の初めに韓国人の友達に指南を受けたんだけど、
残念ながらまだ復習できていません…(笑)
そういえばその時もディスポーザブルの手袋使ってました☆
そろそろキムチ作りにはいい季節〜♪ですね。
Commented by londonsmile at 2009-10-27 23:24
*hiroexさん*
最初からボケてて失礼しました!
残念ながらキムチ大好き!とは言いがたいのですが、この日作ったキムチはほんとに辛くなくて、おいしかったです。
あの大量の唐辛子はどこに行っちゃうんだろう??
寒い季節のキムチ鍋、おいしそうですねー。
想像することはできるんですよ(笑)。
まったくネコに小判な企画でしたが、お友達の新たな面を見られたり、食の世界が広がったり、と私なりに有意義な一日でした。
チェルトナムにも韓国料理のお店ができますように♪
Commented by londonsmile at 2009-10-27 23:30
*Saoriちゃん*
えっ、キムチが好きなのに3年も食べていないのね!
ご近所だったら、ほんとにもらってもらったのにー。
というか、知ってたら、電車に乗って持っていったよー(笑)。残念!
そうそう、作り方はそんなにややこしくないんだけど、食材を集めることと、作るという気力がネックなような気がします。
カクテキって、あんまり辛くないから、私も何度か食べたことあるんだー(笑)。
同じキムチ液でいいのか確かめてみて、作ってみようかなー。
おすすめ、ありがとう♪
Commented by londonsmile at 2009-10-27 23:32
*luna-soaveちゃん*
アミの塩辛、お持ちなのね!私、生まれて初めて見ましたよー。
そのまま食べたりすることもできるのかなぁ。
アジア的な食材ですよね。
「入れなくても大丈夫」と言われたので、自宅で作った時は使わなかったんですが、こういうちょっとしたものが本格的な味を出してくれるんだと思います。
ぜひぜひチャレンジを♪
Commented by londonsmile at 2009-10-27 23:34
*macoanさん*
macoanさんも前に習ってましたよね。
やっぱり手袋、使ってましたか!唐辛子ってかなりしつこいみたいですね。
私はキムチ大好き、というほどではないのですが、食文化を知るという意味ではとても興味深かったです。
そういえばキムチを漬けるのって、確か涼しくなってきてからですよね。
私の友達は浅漬けな感じが好きなので、ほぼ毎月作っているそうです(笑)。
Commented by pear_shine_style at 2009-10-30 23:27
わーこんな身近にキムチ料理人(笑)がいるなんて!!!
てかびっくりびっくり!!
作ったキムチですぐにランチタイムだったんだね。
キムチってもっと長い間漬けておくもんかと思っとったよ~(笑)

ロンスマちゃん。手作りキムチに豚肉を混ぜて炒めたら、
白いごはんに最高にマッチする、豚キムチが出来上がると思うんだけど。
お肉混ぜても、苦手かな~~??
Commented at 2009-11-01 05:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by londonsmile at 2009-11-02 05:25
*りえぴーちゃん*
いえいえ、全然名人なんかじゃないのよー。
でも、韓国料理のこと、いろいろ教えてもらえておもしろかったよ。
私もキムチって時間がたってから食べるものだと思っていたけど、作ったその日から食べられるそうで、ゴマ油をたらして食べるキムチサラダは作った日しか食べられないそうです。
おいしかったよ♪
手作りキムチは全然辛くなくておいしかったんだけど、そうか、豚キムチっていう手があるね!
ご飯が進みそう♪試してみるね、ありがとう!
Commented by londonsmile at 2009-11-02 05:31
*鍵コメ2009-11-01 05:01さん*
辛いものお好きですか!いいなぁ〜(笑)。
世界が広がるみたいで、ほんとにうらやましいです。
豚キムチっていい考えですよね。試してみようと思ってマス。

そうそう、その件、聞きましたよ〜。
うっふっふー。楽しみにしています♪

by londonsmile | 2009-10-26 02:01 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(12)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile